.

2008年06月06日

外国人男性の寛容さ

NZに来る前に気がついたことがある。ある日鏡を見ていて“えくぼ”ができた。昔からえくぼが羨ましくて「やったー念願のえくぼだ!」と思えば、それは“ほうれいせん”だった。母と姉に声を合わせて「Aiちゃんも年をとったのよ」と言われてえくぼじゃないことにがっかりした。もうやだ〜(悲しい顔)

NZに来てから気がついたことがある。ある日鏡をみていて“にこ”っとしたら目じりに“きゅっ”と皺がよった。「鈴木あみみたいになった!」と嬉しくなった時、テレビで目じりの皺防止のクリームを宣伝していた。

「そうか、私もいよいよか。“アンチエイジング”か!」と腹を括ろうとしていたその時、外国人男性の言葉を思い出した。目

私の外国人の友達は、どんな人をみてもよい部分をみつける。決定

テレビでコギャルがギャルメイクを落として、見ていた人達が「うわーっ目ちっちゃいっ!」と驚いても、彼は彼女の小粒の目を「その小さな瞳が美しい」と・・・。

他の友達は日本人女性が髪を染める事に対して、「あのナチュラルな黒髪が綺麗なのに」と・・・。

ここのサウナで出会ったNZ男性は韓国人の目の美容整形文化に対しても

「なぜそんなことをするのだ、あの一重まぶたが魅力的なのに」と・・・。

イギリスの時の友達は日本人留学生がお辞儀の癖を直そう(英語を話すとき)とするのに対して、日本人のお辞儀の癖が「超クール」と・・・。

イギリスにいた時、私達が現地の女の子の体系を「細いのにおっぱいがあるっ。羨ましい!」と言ったのに対し、「小さいのもいいよ、年とった時たれないから。」と・・・。

なんて寛容な方々なのだ!全てに対してプラス思考なのか!キスマーク

日本にいた時、電車に一緒に乗っていた男友達(日本人)が私にこっそり耳打ちした。

「あの子顔かわいいけど、腕の毛そってないから俺駄目だわ。」と・・・。

今考えると「だからなんじゃ!」という話なんだけど、日本にいると常にわけのわからない「常識」がある。その「常識」はいつも誰か他の人が作り出していて、よく考えるといつもそれを得ようと忙しい。日本だと「個性が大事」と言いながらもそれでも「こういうものがいいもの」と決められた先入観がある。年齢だってそう。私の友達は36歳の時26歳のイギリス人男性に出会って彼は彼女を「若くてかわいい」といつも言っていた。(そして今は結婚してラブラブ!)

なんだって美しいんだ。皺がなんだ!ほうれいせんがなんだ!彼らにとっちゃ素の私達自身が美しいものなのだ!何も気にすることなんてないんだっ!

物の考え方なのだろうが、バツいちだろうと子持ちだろうと愛した人は愛した人。体がまん丸でもそれが美しい。日本特有の「常識」なんて彼らには関係ないのだ。

・・・ということは、私のできたての“ほうれいせん”も目じりの皺も「美しい」ものなのか!?そのまま喜んでいいものなのか!?

・・・といいながら、買ったばかりの保湿用クリームを今日も目じりに塗ってみた。

やっぱり私は日本人だった・・・。

ひらめき
興味深いですね、という方。
ほうれいせんって、何ですか、という方。
ほうれん草なら知ってます、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Ai)
posted by キックオフNZ at 05:18 | Comment(10) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
世界の常識か日本の常識か
悩むときがありますよね。
それに人にもよりますでしょう。
日本人でも+思考の人もいますし。
周りに振り回されずに生きましょう。
Posted by 我が道を行く at 2008年06月06日 11:16
常識は場所によっても変わりますが、時代によっても変わります。時間が経てば日本の常識も変わっていくと思います。
Posted by Kickoff-T at 2008年06月06日 14:02
確かにストライクゾーンの広い方が多いですね。「あるがままの姿を愛すること」がうまいと思います。

でも、やっぱり自分自身は「アンチエイジング」で、いつまでも若さを保ちたいと思うのも正直な気持ちであり・・・。

複雑な乙女心?!も見え隠れしますね☆

Posted by Umi at 2008年06月06日 14:02
こんばんはAiさん。Miyaと申します。
すっごく興味深いお話、うんうんうなずきながら読んでました。

こっちではプラス思考の人が多いですよね。たとえ欠点があっても、
トータルで見て利点が多ければOK☆な感じで。

私たちが見習うべきところかも。
Posted by Miya at 2008年06月06日 17:54
我が道を行くさま。
こんにちは、始めまして!
そうですよね、周りに振り回されず、よし、その通り!自分のペースで生きるべきですね!
Posted by Ai at 2008年06月06日 18:18
kickoff-Tさま。
そうですよね、確かに時代の変化で人々の常識も変わりますよね。ここ10年での変化も私でさえ感じることができます!
Posted by Ai at 2008年06月06日 18:24
UMIさま。
UMIさん、そうなんですよ、複雑なんです。そういう話を聞くと「じゃあこのままでいいか」と一瞬何も気にしなくて、でもテレビのコマーシャルで綺麗なお姉さんが目じりにクリーム塗ってると「やはり私も!」と影響されたり、まあこれも女性特有の性質ですかね・・(笑)
Posted by Ai at 2008年06月06日 18:30
MIYAさま。
MIYAさんだっ!こんにちは!始めまして。
確かに私自身が一番見習わなければならないかもですっ(笑)
例えば「彼のここがちょっと・・」とか小さなことを気にしてしまったり、彼らのように全てにおいてトータルをみれるようになれば自分も幸せでいられるかもですよね!
Posted by Ai at 2008年06月06日 18:40
こんばんは♪
わかります〜その気持ち!
私もNZに来てから日本のことを客観的に見るようになって、
いろんな常識にとらわれすぎてたなぁって思います…。
そんなこと、こっちの人は全然気にしてないんですよね!

とか思いながらも、やっぱり気にしてしまうんですよね〜。笑
いつかは日本に帰るし…(^^;
Posted by ひちん at 2008年06月07日 18:01
ひちんさんだっ。こんばんはー!!
わかります!?(笑)なんだかこっちの人の「全然気にしない」性格に初めは「こだわりも何もないのかっ!?」って思ったんですけど、「何も気にしない」、全てを見て「まあまあここがいいからいいではないか」と常に大きいところ!?がたまに見習いたいです。
でも私もいずれ日本に帰るしって(笑)日本人らしい「こだわりの多さ」もそしたら彼らにとっては「いろいろな事を気にしてキメ細やかだねー」とまたプラスになるのかと思ったり!
Posted by Ai at 2008年06月07日 20:33
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL