.

2008年06月02日

英語が話せなくとも暮らせる理由

とうとう6月!今年も折り返し地点になりましたね。日本は衣替、梅雨、ジューンブライドの季節。私は今朝、寒さで目覚めました。寒いのが苦手な私は、冬眠したい気分です。雪

さて、昨年6月、私はひょうんなことから、友人宅の「ハウスシッティング」をしました。

「ハウスシッティング」とは、簡単に言えば留守番です。ただ、それが数時間ではなく、ある程度の期間に亘り、彼らに代わってその家に住み、家を守ります。この習慣もNZではよくあることで、期間や条件は様々で定義があるわけではありません。ハートたち(複数ハート)

私の場合は、期間は1ヶ月、条件はペットの世話と郵便物整理を毎日、花の水遣りを週に2,3回。少しの光熱費を事前払いでしたが、後は特に制限もありませんでした。決定

「海外で初めての一人暮らし」。しかもそれが、NZ最大の都市、オークランドで、私は久しぶりに「自由な空間、気ままな時間」を手に入れ、いろいろなことに挑戦しました。

その一つに

「日本語だけで生活ができるか?」

というテーマも設定しました。愚かなことかもしれません。それでも私は、様々な角度からNZを見てみたかったのです。当時の私は北島の地方都市で暮らしており、「オークランドは日本語で事足りる」という、噂の真相も確かめたかったのです。

これを実行しているときは、買物はJapan マーケットか大手スーパー。スーパーであれば、レジで話す必要もありませんし、金額も表示されるので聞き取る必要もありません。必要なものを探すのにも、英語は読まずとも品物で判断がつきます。外食も日本語が通じるお店で済ませ、ネットカフェも日本人経営を選択。日本語の情報誌を読み、遊びに行くのも日本人。学校で話をするのも日本人のみ(もちろん学校の授業中は除きます)。

しかし、それが3日も過ぎる頃、私は「むず痒さ」を感じました。がく〜(落胆した顔)NZで生活している今、意識をせずとも英語に囲まれているのです。外を歩けば目に飛び込む看板、ラジオやテレビの音、行きかう人々の会話etc

それにあらがうように生きることの息苦しさを覚え、私は初めて

「英語を話したい。例え片言で、自分の意思を100%伝えられなくても、私の言葉は英語だ」

と痛感したのです。それ以来、私は臆することなく英語の世界に飛び込むようになりました。

「生活する」という定義をどこに置くかにもよりますが、日本人弁護士、会計士、不動産、医療通訳etc いろいろな日本の方も活躍なさってるオークランド。ここでは「日本語で事足りる」というのは、ある意味正しいかもしれません。ぴかぴか(新しい)

ただ、どうか誤解をしないで頂きたいのは、日本語が通じる空間はあっても日本ではありません。自分が生まれ育った所と異なる地域で生活することは、そこの長所も短所も受容しなくてはならないと思います。

私の場合ですが、NZのすべての短所や言葉の不自由さを受け入れても、ここで生活をしたいと思います。この気持ちが「英語は話せなくても生活できる」と思わせ、また「もっと英語を自由に話せるようになりたい」との思いも生み出し、私をNZに留まらせるのです。

ひらめき
ほとんど日本語使っています、という方。
英語しか話しません、という方。
難しいですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Umi)
posted by キックオフNZ at 05:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | 英語 (English)
この記事へのコメント
UMIさんっ。まず、オークランド、暑くないですか!?最初に「寒さで目が覚めた」と読んでビックリしましたっ。私のアパートは暑いですっ(笑)・・・
そんなことより、面白いことを試しましたねっ(笑)私は初めての留学の時は本当にストイックに「英語ONLY」として、日本人の友達同士でも「英語にしよう」と決めて、でも語彙も表現力も少なかったがために大変でした・・。沢山沢山話したいことがあるのに何て言えばわからないっ、最後には「にゃーっ」とか「みゃーっ」とかジェスチャーとか・・顔で表現することも学びましたっ(笑)でも英語に慣れた今でも毎日毎分新しい表現に出会える、だから留学って楽しいんですよねっ。このブログの仕事を通しても皆からのコメントで学べる、NZにも皆にも感謝です!
Posted by Ai at 2008年06月02日 08:54
ほとんど日本語だけで生活することもしようと思えばできますよね。特に、オークランドでは、日本語を話すスタッフがいる店などが多いですし。いろんな状況の人がいますので、これは一概に悪いことではないと思います。ただ、英語力を伸ばしたいと思っている人は、自分から進んでできるだけ英語の環境を作るほうがいいと思います。
Posted by Kickoff-T at 2008年06月02日 11:47
Ai様

コメントありがとうございます。

そう、私は体感温度が異常なのです。今日は暖かかったのですが、今はフリースの上下に起毛スリッパ。腰にはブランケットを巻いています。今からこの調子では、真冬はどうなることやら・・・。

Aiさんのように英語を自由に話せても、日々学ばれることが多いのですね。安心しました。私はいつも新しい言葉を学んでは忘れ、間違えては覚えの繰り返しです。年のせい??

「年」に責任転嫁をしないで、楽しみながら英語を使っていきます。

Kickoff-T様

コメントありがとうございます。

本当に仰るとおりです。

私はオークランドに来てから、日本語に接する機会が激減しました(学校もフラットもENGLISH SPEAKERのみ)。

今でも話すことが苦手ですが、そんな私の言葉を「練習」の一言で、我慢強く聞いてくれる友人たちのおかげで、少しずつ上達しています。

環境は本当に大切ですね。実感します。


Posted by Umi at 2008年06月02日 19:06
こんばんは。
確かに英語があまり話せなくても、日本語で生活はできそうな気がしますよね…。
私は日本で英語を教えてたので、文法や語彙は大丈夫なんですけど、
スピーキングが苦手なんです。。。
こっちには英会話力をつけに来たので、学校でも日本人の友達ともほとんど英語で会話してます♪
フラットはKIWI&日本人夫婦なんですけど、いつも英語で話してます♪
お互い頑張りましょうね☆
Posted by ひちん at 2008年06月04日 17:49
ひちん様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

仰るとおり、日本語で生活が出来そうな錯覚に陥るときがありますね。

でも、やっぱり外国です、先日もカフェで「カプチーノ」を頼んだのに出てきたのは「紅茶」。久々に凹みました。

最近、友人やフラットメイトは、私の間違った英語(文法、発音等)でも察してくれることに甘えていました。

ひちんさんのコメントを拝見して、これではいけないと反省し、またやる気も復活です!!本当にお互いにがんばりましょうね♪
Posted by Umi at 2008年06月04日 18:25
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL