.

2008年04月25日

ANZAC Dayによせて(一夜にして)

早いものでこのブログを書き始めて3月近く経とうとしています。Anzac DayのオークランドからYuiです。晴れ

この期間は大学等がショートブレイクに入りちょっぴりのんびりです。

日本は春の時期こちらは、秋が深まりつつあります。

夜はだいぶ寒くなってきたのもあり、、お家でぬくぬくしています。夜ご飯の後は、テレビの前に陣とってます。(何を隠そう、テレビっ子です。)当初は、番組表を見ても、タイトルしかないため、さっぱり分からないままテレビを見ていましたが、最近は好きな番組も出てきました。TV

今日はたまたまつけたテレビのキャスターが、赤いポピーのモチーフを服につけていました。

ところで、、4月25日Anzac Dayを皆様ご存知でしょうか?私はこちらへきて知りました。Anzac=Australia and Newzealand Army Corps(オーストラリア・ニュージーランド連合部隊)の略です。第一次世界大戦のトルコでの激戦に対し兵士達への祈りをささげる日だそうです。

080425_1_yui.JPGスーパーではアンザックビスケットが並び、街の人は服に募金をして買う’ポピーモチーフ’をつけた人々が見られます。最近のニュースではこの募金の際に配るポピーが盗まれたというのをやっていたりしました。日本でいうならば、、、有名なところで言うと、赤い羽根募金の羽が盗まれたような感じでしょうか。驚きです。(赤い羽根は災害義援金でもあるのでちょっと違いますが)大学で私は別のスタッフの人からこのポピーを頂きました。わーい(嬉しい顔)

単純な形ながらかわいいモチーフです。そのモチーフをさっそく服につけて帰宅した日のことです。

その日は実は夜中まで日本語の教材を作っていました。自分では結構集中して作成していました。こういうのは気分の余裕のあるときにまとめてやっておくのが一番。そんなとき、ふと気づけば、なにやら遠くからこう、、身体をつきぬける音が、、、、。ズンズンしてきました。ズンズンズンズン。がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

時計を見ればも夜中の12時過ぎ。しかし我慢してました。音はどうやら問題のお隣から、そう、窓から様々なものをデッキへ投げ捨てお隣さんです。大音量の音楽でした。音がやむ気配はありません。教材が作りはまた後日でも可能だとしても、、これじゃあ眠れないなあ、、と。一晩のことなんで我慢すればいいのかもしれません。でも言わないとやっぱり伝わらないんじゃないかと思って、勇気を持って音量下げてもらおう、と思い、なるべくナイスにナイスに言おう!とお隣へ。ダッシュ(走り出すさま)

かなり勇気を持ってドアをノック。

(。。。。。)

誰も出てくる気配もありません。弱かったかな?と思い、更にノック、、、。ノックノック。コンコン、、と。でも一向に誰も。眠い(睡眠)

(あー、参ったなー、、、)そう思った矢先、誰かが降りてくる音がしました。しかも外から。女性がセキュリティドアを入ってきます。そして鍵を取り出すと不振そうな顔。(あ、この人だ)そう、隣の部屋の主でした。一応、

「ここの部屋の人ですか?」と聞くと

「そうだけど??」と不振顔。

「あー、あのーー、、音楽が大きくてちょっと眠れそうになくて、そのー、、音量を下げてもらえませんか?」と何故か私が’お願いしてる側’。

「え?音楽ついていた??」

(ええ、何故かついています)

廊下まで筒抜けに聞こえていたので 「ほら?ついてますよ」というと

「あ、やだ、ほんとだわ、、ごめんなさいね。すぐ消すわ」とすごくナイスな感じ。

(助かったー)と思い、帰ろうと扉の前へ行くとお隣さんは、

080425_2_yui.JPG「それ、その花買ったのね。すごくいいかも」とまだ服につけていたAnzacのポピーのモチーフを一言褒めてくれました。

(あれ?とても感じいい)とちょっと感じ、更にその後、

「本当にごめんなさいね ハニー」と言われました。なんで私も

「本当にありがとう助かるわダーリン」と言って部屋に。

レストランでアルバイトしていたとき、お互いダーリンダーリン呼んでいたのがここで活かされたようにも・・。決定

勇気を持って行ったのがあっけなく静かになりました。(あれ??普通にいい人だった??)

音がするからてっきり家の中に誰かいるものと思っていたのに外からたまたま現れたのには理解に苦しむところでもありますが、このアンザックにあわせて平和のきざし。黒ハート

そういや、最近、ものの投げ捨ても目撃しないなと。(デッキからはもうアプリコットもメロンも落ちてません)そういえばお隣さん、最近そんなお化粧の濃い顔もみてません。少しばかり安心のきざし。

ちょっとデッキに何も落ちてないというのが寂しかったりして。。

あれ、私矛盾してますね。。

ひらめき
よかったですね、という方。
隣の音がうるさいです、という方。
外から入ってます、という方。
アプリコット好きです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Yui)



posted by キックオフNZ at 05:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | わたしの出会った人たち
この記事へのコメント
「本当にごめんなさいね ハニー」と言われました。なんで私も

「本当にありがとう助かるわダーリン」と言って部屋に。


ハニーやダーリンってオバさんがよく若い子を呼ぶ時に使いますね。
Posted by オバさん at 2008年04月25日 09:43
>オバさん
コメントありがとうございます!

>ハニーやダーリンってオバさんがよく若い子を呼ぶ時に使いますね。

そうなんですね!?もう三十路なんで
使ってみても大丈夫かもと思いつつ、、。
お隣さんはちょっといくつか、、わからなかったですねえ。。。


でもおっしゃる通り、確かに泣いてる子供にハニーと言ってるお母さん見かけたことあったように思います。
後は、、
おじいちゃんおばあちゃん同士でハニー、ダーリンというのも聞いたことありました!
Posted by Yui at 2008年04月25日 11:50
>>おじいちゃんおばあちゃん同士でハニー、ダーリン

気持ち悪いですね、、、
Posted by 10代 at 2008年04月25日 12:41
三十路でしたら相手が25以下でしたらいいでしょう。
Posted by オバさん at 2008年04月25日 13:20
ダーリン、ハニーで決まり事ってあったんですね〜。
周りの人は年齢とかその差関係なく使っていたので、
ああそんなものかぁとか思ってました^^;

Yuiさんのお隣さん、もしかして恐い人?と以前のブログで思っていたのですが
私の思い過ごしだったみたい。穏便に対応してくれて良かった!

きっかけがポピー。何だかあたたかい気持ちになりました。
戦争で亡くなった方を悼む気持ちは万国共通ですものね。
Posted by Miya at 2008年04月25日 14:34
>10代 さん

色んな人がいますよね。感じ方も人それぞれだと思います。
私はたまたま通りすがりに聞いた台詞でした。が、変な?感じはなく、そんな呼び方も
あるんだーと思いました。^^;

>オバさん さん
なるほど、。そういう暗黙の了解のようなものがあるんですね。(無知で恐縮です。ありがとうございます。。)お隣さんは25才以下にはちょっと思えず、今後気をつけてみますね。

>Miyaさん

私、お隣さん苦手意識ありました。
でも改善してきているし、いきなり
いい隣人とはならなくてもいいんじゃないかって思いました。さて今後はどうなりますかねー。。でもこれで身構えずにいけそうな気がしてます。

ポピーといえば、大学でもスタッフの間でも
ポピーが取られてしまった事件については話題になってました。



Posted by Yui at 2008年04月26日 10:49
お隣さんと仲良くなれそうでよかったですね。近所の騒音などは続くとストレスになったりしますが、その人のことをちょっと知っていたりすると、気持ちもやわらぐこともあります。何故留守宅で音楽がなっていたのでしょう?
Posted by Kickoff-T at 2008年04月28日 04:59
>Kickoff-Tさん

そうなんです。
(留守なのに、何故家の中では大音響??)と一瞬理解に苦しみましたが、タイマーか何かでつくようになっていたのかも。。と。
(?でも夜中に??ですよね。)
隣人の嫌なところだけ見ていたら、もう印象凝り固まっちゃいますけど、たまに違う一面を見ると、そんなところもあるんだーと思えます。夜中だったのでまた別の機会にでも思い切って聞けるよう頑張ります♪

Posted by Yui at 2008年04月28日 09:25
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL