.

2008年03月06日

わたしインタビュアー

皆さんキオラ♪人事部長Miyaです。揺れるハート

現在学校で人事管理についての勉強をしています。いす

今週は私たちがオープンするカフェのスタッフ採用をメインに準備や面接、そして雇用決定までのプロセスを実践するという、大変面白い内容です。個人的に何が面白いかというと、いつもは面接される側なのに今回は面接する側。ふふふ・・・キスマーク候補者にいっぱい質問出来るからなのです!とはいえ、その質問も(こんな意地悪な子が暴走しないため)クラスで意見を出し合って1から決めていく必要があります。目安は大体9〜10種類。私たちが求める人材を見つけ出すためにはどういった質問がふさわしいか。そんな私たちの目線は今、候補者ではなく経営者です。

それに伴って私たちには役職も与えられます。

人事部長、課長、雇用担当、アシスタント・・・今学期はチームメイトが日替わりで役職を担当し、それぞれの仕事を担当しています。と偉そうなことを言いましたがMiyaが何をしたかというと、アシスタントの時は議事録のタイピング、これは良い。が人事部長の時は『休憩タイムですよ』とチームにお知らせ・・・それだけかい!パンチ

そんな窓際部長のMiyaが今週ウェイティングスタッフの面接を行います。

ウェイティングスタッフはウェイターやウェイトレスと言われる人たちの正式名称です。性別を指定しない呼び名で、現在ではウェイティングスタッフ以外の呼び名は差別用語にあたるそうです。たらーっ(汗)

今日はチームメイトとインタビューの練習をしました。

私のパートナーは入学時からずっとクラスメイトで仲良しさんのサモワ人のレディ、面接も候補者とインタビュアーを交互に担当して、練習の雰囲気バリバリでした。が、やっぱり面接は緊張するのです!!インタビュアーになってもexclamation×2

経験していない事をする時はどちら側の人間も緊張するのだと、当たり前のことに気づきました。NEW

それでも質問者を体験することによって、その心境を知ることが出来ました。それは今後自分が候補者にまわっても質問者は自分のことを純粋に知りたいと思って質問をしているのだと再認識でき、テストだ!と考えるプレッシャーから解き放ってくれる、とても役立つ経験です。ぴかぴか(新しい)

程よい緊張は、意外と英会話を助けてくれるっていう事にも気づかせてくれました揺れるハート

ひらめき
面白そうなこと勉強していますね、という方。
面接、緊張します、という方。
今日、面接です、という方。
ウエイティングスタッフやってます、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Miya)
posted by キックオフNZ at 07:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校
この記事へのコメント
34年前、ある銀行での面接。緊張しまくり。服装など気にせず、自分で縫製したブラウス、スカートで。面接会場でびっくり。皆スーツやブレザー。恥ずかしい思いをしました。しかし、合格。服装も大事です。
Posted by Kitty at 2008年03月06日 10:34
>自分で縫製したブラウス、スカート
すごいですね!それは勿論合格でしょう。並の候補者より本気で挑まれたんですもの!

今日面接のテストが行われ、私たちインタビュアーは講師から厳しいチェックを受けました。
姿勢や質問の仕方などの他に、Kittyさんのおっしゃる服装もチェックされ、スーツにスニーカー姿だった私のパートナーはマイナスポイント対象に・・・!

本当に服装は大事ですね。
Posted by Miya at 2008年03月06日 16:46
以前転職の際の面接で、面接官の声がやや震え気味で、手がワナワナしているのを見たことがあります。私もとても緊張していたのですが、それを見て、
(あ、面接官も緊張するんだ。。)って思って気持ちが落ち着いた覚えがあります。

(インタビュー)されるほうも大変ですが
実はする方も大変なんですよね。。

ふさわしい質問を考えたり、会話の中で
聞いていくのも結構労力がいるんだろうなと思います。私の新卒時は面接官は
明らかに疲れた顔の方もいましたから。
Posted by Yui at 2008年03月06日 17:59
面接受けるのって、緊張しますよね。面接会場に行く途中なんか極度の緊張です。周りの人が見ても緊張しているのがわかるくらいです。

ニュージーランドで、面接官が気をつけることや、聞くべき質問、してはいけない質問などはあるのでしょうか?
Posted by Kickoff-T at 2008年03月07日 04:24
>Yuiさん
そうですね。候補者役の生徒さんのみならず、私とパートナーまでガチガチでした。
やはり限られた時間を最大限に利用して情報を交換するためには
面接官、候補者それぞれ準備が大切なようです。


>kickoff-Tさん
面接での禁句は、プライベートに関する質問のようです。
例えば『どうして○○歳で結婚していないんですか?』のような・・・。
これは訴えられちゃうらしいです!
Posted by Miya at 2008年03月07日 16:26
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL