.

2007年10月09日

熱き友情

こんにちは!早くも、3回目のブログを書かせていただいてます!!晴れ

こうやって、皆さんに向けて、日々の生活や、自分の感じたこと、考えたことなどを書けることは、ホントにうれしいことだと感じているakiです☆

今回のブログでは、私のフラット生活における『別れ』をテーマに書かせていただこうと思います。

というのも・・・

NZに来て、本当にたくさんの出会いと別れがあります。それは、日本にいるときより、頻繁で、出会えることはすごく嬉しいけれど、別れはとても淋しいことです。

私も、今までのNZ生活で、たくさんの出会いと別れを繰り返してきました。家族との別れ、ホストファミリーとの別れ、先生との別れ、友達との別れ・・・

別れの際、何度泣いたことか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今回は、私の数多くの『別れ』ではなく、私の今住んでいる、フラットでの『熱き男の友情』について書かせていただきます。

8月25日、北島オークランドから、南島クライストチャーチに飛んできて、私は、一番最初に何をしたかというと、フラットを決めました。

そうです、見学もせず、もう携帯のやり取りだけで、フラットを決めてしまったんです。それが、運のつき??といいますか・・・

そこをはじめて訪れると、

!男!男!男!男!男!

でした。。。(2人女性が住んでいましたが、彼女達は忙しくてなかなか家にいなかったもので)(5アルゼンティーナ、2チリ、1チャイニーズ、1イングランド、1カナディアン、全て男)それから、私の居心地のとぉ〜っても悪い、フラット生活が始まりました。リビングにいても男男なので、何か心地が悪くて、すぐに部屋に戻る生活。。。(なので、かなり読書しましたよ・笑)

それでも、何かとパーティ好きの彼らは、週末になると、必ず家でお酒を飲み、音楽をかけ、踊る、そのパーティによって、私は少しずつ彼らと仲良くなっていきました。わーい(嬉しい顔)

そして、2人のアルゼンティーナの旅立ちの前の日、最後のお別れパーティが行われました。バーこれもまた、同じように、お酒を飲み、音楽をかけ、踊る、南米系のノリなので、最高におもしろいんです!!!キスマーク

そして、出発のとき・・・
(一人は夜の便、一人は早朝の便)

大きなバックパックを背負ったアルゼンティーナと、それを囲む男達。

熱い握手を交わし、なにを言ってるんだかわからないスパニッシュで、言葉を交わし・・・

いざ、お別れか!
と、思いきや、でっかなワゴンに続々と・・・計7人??乗り込んでいきました。

そうです、南米の男達全員で旅立つ男を空港まで見送りに行くんです!!(かなり遅い時間だったのですが)

熱い!熱い!熱き友情!

私はこの光景を見て、かなり感動してしまいました。やっぱり『男の友情』って素晴しい☆硬くて、強くて、丈夫なんだなって改めて感じました。

こうやって、NZの生活では、たくさんの別れがあるけれども、友情だけは固く結ばれているんですよね。

私も、オークランドで始めてフラッティングした韓国人の女の子とは、今でもメールでやり取りをしていて(彼女はもう帰国してしまったので)、別れの際は二人で泣いて、再開を誓い合いました。

そして、翌日、朝起きて、リビングに行ってみると、暖炉の上に、

「18th Sep 2007 ○○left」
「19th Sep 2007 ●●left」

と書かれ、きったなぁ〜い、穴のあいた靴下と共に、貼られていました。

ひらめき
いい話ですね、という方。
私のフラットは女だけです、という方。
靴下に穴あいてます、という方。
明日旅立ちです、という方。
ランキングどんどんさがっていますよ、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(aki)

posted by キックオフNZ at 04:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | わたしの出会った人たち
この記事へのコメント
例え言葉が分からなくても伝わってくる想いってありますよね。
出会いと別れはフラット生活の醍醐味、
私はいつも涙目になってしまいます・・・。

Posted by Miya at 2007年10月09日 12:55
そうですねぇ〜
別れは辛いけど、
NZにいる限りはたくさんの別れと出会いがあるけれど、
それもまた、NZの醍醐味ですもね!!
そろそろまた、私もフラット移る予定です!!
Posted by aki at 2007年10月10日 11:50
フラット生活って、すごく楽しそうですね。テンポラリーな関係だからこそ仲良くなることもありますよね。なぜそのフラットは南米の人がそんなに多いのですか?
Posted by Kickoff-T at 2007年10月11日 05:04
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL