.

2021年12月15日

ホリデー旅行その@


キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!

2か月間のスクールホリデーを利用して、10日間のニュージーランド観光をすることにしました!🚗


3日間は友人宅がダニーデンの近くという事もあり、そこに宿泊し、ダニーデン観光もしました。


その後、予定を合わせられた友人と一緒にTe Anau という町に一週間滞在することに。


今日は私たちが滞在したTe Anau(テナウ) についてお話ししたいと思います。


テナウはクライストチャーチから南西へ車で約7時間半の所にある人口約2760人の小さな町です。🏠


世界遺産にも登録され、ニュージーランドの一番の観光名所と言っても過言ではない、ミルフォードサウンドから一番近くの町です。(といってもミルフォードサウンドまではさらに車で2時間半かかりますが。。。)


小さな町の主な産業はもちろん観光業。現在は観光業に大きなダメージがあり、町のカフェやお土産屋さんは廃業してしまった所もあります。


観光客の減少により、町にはさみしい雰囲気がありましたが、それでも私たちの様にニュージーランドに現在住んでいて、観光をしているお客さんもいたので、何とか経営しているお店もありました。☕



テナウは、ミルフォードサウンドの玄関口のような町なので、この町で有名な観光地というのはあまりありませんが、その中でも、ぜひ行ってほしいのが、タカヘというニュージーランドの固有種の鳥を保全する施設兼公園です。。


「Te Anau Bird Sanctuary」というこの施設は、タカヘ以外の絶滅危惧種に指定されたニュージーランド固有種の鳥も保護しています。(Blue birdというかも や Ruruという小ぶりなフクロウもいます。)


私は一年前にタカヘをウェリントンの「Zealandia」という保護公園で見たことがあるのですが、Zealandiaのタカヘは繁殖期を過ぎた鳥を保護しているので、20歳と高齢でした。


しかし、テアナウの保護施設では、タカヘの繁殖をサポートしている施設ですので、若いタカヘを見ることができます。

20211215_1_kapotto_Takahe.jpg


鮮やかなくちばしと綺麗な青緑の胴体、そして飛ぶことができない翼は、ニュージーランドの鳥の特徴を兼ね備えています。(笑)


毎日10時30分からは、10ドルでタカヘに餌をあげられるイベントもありますので、子供連れの方にはとても良いのではないかと思います。


テナウには宿泊施設も多く存在しますので、アウトドアを楽しみたい方やミルフォードサウンド観光を楽しみたい方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?


ではまた次回!



ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!

(kapotto)
posted by キックオフNZ at 02:24 | Comment(0) | 旅行・イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: