.

2014年09月25日

ベビーシッター

NZでの生活が長くなってくればなるほど、別れの数は増えていきます。
もちろん出会いもありますが、帰国をする人の方が圧倒的に多いのです。

そんな中で私が、NZで居続けていることを考えると、本当にここが好きなんだなぁ〜と思わずにはいられません。
自分のことながら…(笑)

そしてここでの私の経験が、誰かの何かのきっかけになることを願わずにはいられません。

こちらに来た頃から、保育に対する想いを強く持ち続けていたので、子どもに関する仕事やボランティアなどなど、あらゆるものに携わってきたつもりです。

今回はそんな中から、Babysitterについて書きたいと思います。

この仕事をするまでの経緯も含め、私がどんなことをしているかなどをご紹介したいと思っています。

日本では、まだあまり主流ではないBabysitterですが、今のところどの国籍のご両親からもとても感謝されています。

もちろん、子どもの命を預かるお仕事なのでとても責任のあるものです。
…が、それと共にこの仕事のやりがいと言っても過言ではない、子どもと共に幸せな時間を過ごすことができるのです。

基本的には家庭によって要求されることが違います。
なので、シャワー、ご飯、寝かしつけなど全て私がしている家庭もあれば、お母さんの体調の悪いときや、何か予定のあるときだけ手伝いに行く家庭もあります。
けれど『何より子どもと楽しい時間を過ごして欲しい。たくさん遊んであげて欲しい。』
と言われることがほとんどです。

保育士やこのような仕事は、ときに『遊ぶのが仕事なんて簡単だね』なんて言われることがありますが、私は決してそうは思いません。

子どもたちの人生の中に自分という存在が形あるものとして残る、それがたとえほんの短い時間だったとしても。
子どもと関わっているといつも感じることがあります。
ただただ関わっているだけでなく、共に成長していると。
私にとって“教育”というより“共育”なのです。

そして、子どもは何でも見ていますし、素直です。
だからこそ、大人の気持ちはすぐに見透かされます。
これが誰にでもできるもの、簡単なものでしょうか?

ともあれ、私はこの仕事はほとんど自分から探したというよりは、実際に私が子どもを好きなことを知っている人や見た人から声をかけられ頼まれています。

そういう経緯でのお仕事なので、なおさら責任とやりがいを持ちながらできるのです。

140925_01_Rin_babysitter.JPG

140925_02_Rin_babysitter.JPG

140925_03_Rin_babysitter.JPG

でも、何が一番ってやっぱり子どもの笑顔なのです

(Rin)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(7) | 仕事
この記事へのコメント
初めまして。
私は現在ニュージーランドにワーホリできています。
日本では保育士としてずっと働いていたのでこちらの保育や教育の現場にもとても興味があります。
ブログを読ませていただいて、詳しくお話を聞いてみたいと思いコメントさせて頂きました。

よろしければいろいろ相談にのって頂けませんか。
Posted by さち at 2015年06月23日 11:00
はじめまして。

私でお力になることが出来るなら、いくらでも情報は共有させていただきます。

ただ保育士さんの話などは、あまり情報がないので、お力になれるかどうか。

なにかあればぜひ、ご質問してください。
Posted by サリー at 2015年06月24日 19:20
先程、コメントし忘れてしまいましたが、この記事を書いたブロガーさんとは違う者です。

私は、オークランド大学に通っている大学生になるのですが、数名ですが、教育学部に通っている学生にも友人がいるので、多少の情報を得ることは出来ると思います。

サリー
Posted by サリー at 2015年06月24日 19:24
サリーさん

ありがとうございます。
NZの保育園で働く場合、正社員として働くにはこちらでの資格が必要ですが、例えば保育士の補助や雑務などをする場合(パートやバイトの様な位置で)、その場合も資格が必要なんでしょうか?

またそれが不可能な場合、ボランティアという形であれば働くことは可能ですか?
少しでもこちらの保育や教育の現場に携われたらと思っています。
ご存じであれば教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。
Posted by さち at 2015年06月25日 21:15
詳しいことは調べてみないとわからないのですが、友人が保育系のインターンシップを受けようとして、英語の勉強を必死にしていたのを覚えています。

保育士事態の資格に関しては全くわからないので、助言しかねますが、バイトを含め保育系のお仕事をする場合には、かなり高めの英語能力の証明が必要だと思います。
だいたいですが、IELTSの場合7.0〜7.5程度だと思います。

Posted by サリー at 2015年06月25日 22:30
サリーさん

ありがとうございます。そうなんですね。やはり英語力は必要ですよね。
サリーさんの回りに保育系のボランティアなどをされてるかたはいらっしゃいますか?
Posted by さち at 2015年06月26日 06:22
返信が遅くなってしまってすみません。
少し周りにきいてみたのですが、ボランティアという形ではないようです。

アルバイトなどでオーペアとして働いている友人はいるのですが、保育士の仕事とは少し違っていますもんね。

オーペアは少し違うんでしょうか?

サリー
Posted by サリー at 2015年07月02日 17:37
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: