.

2011年10月25日

ワーホリ

こんにちは。ネルソンのゴメスです。

やっと、NZ運転免許証が手元に届きました。黒ハート

写真がどんなものか気になりながら、恐る恐る開けてみると、とても普通すぎる写真が載っていました。

面白くも、つまらなくもない、写真うつりが良くも悪くもなく、証明写真の見本のような写真で、ちょっとがっかりしました。

しかし、この免許証は10年有効なので、10年後のことを考えると、無難な写真でよかったと思います。



以前もワーホリについて、一般的に言われていることと、私の意見を書いたことがあるのですが、私のワーホリ終了に伴い、この1年で考えたワーホリとは何か、を書きたいと思います。

結論からいうと、ワーホリは労働力なんだろう、ということです。

どんなに頑張っても給料はなかなか上がらないし、頑張りも評価されにくい。それは、短期間の労働者であって、数か月したらやめてしまうために、重要な仕事は任されることなく、それなりの賃金で済ませることができるということを私は感じました。

雇用者がそういう態度を示していたら、ワーホリで働いている人も適当に仕事をするようになってしまう。反対に雇用者は、ワーホリの質が悪いからだと嘆く、という悪循環になってしまっているのではないでしょうか。

私は、NZに来てから、ずっと仕事をしていたのでそう感じる部分が多かったのかも知れません。


NZに来た時は、滞在中に旅行に行こうとは考えておらず、最低限のお金しかもってこなかったので、すぐ仕事を探さなければなりませんでした。

逆に、日本からお金をたくさん持ってきているワーホリの人は、優雅なワーホリをしていたように思います。パシフィック・アイランドへ旅行に行ったりと、少しうらやましかったです。

どのようにワーホリの1年を過ごすかを、自分自身で決められることがワーホリのよいところだと思います。仕事もしたかったらできるし、休暇がほしいと思ったら、資金がある限りのんびりと過ごしてもいい。そんな1年を海外で得るチャンスは、なかなかないと思います。


私は、知り合いがいたのでNZに来るのに躊躇しませんでしたが、仕事を辞めてワーホリで一人で1年海外に行くという決心をした人はとても勇気のある人だなと思います。

知らない土地へ行き、多くの人に助けられながら、自分の居場所を作っていくには多くの努力と忍耐力が必要でしょう。私はそんなワーホリ人達をみて、私は頼る人が最初からいて努力もしていないなと感じます。


私も、何か自分を強くすることをしたい。

アドベンチャーな生活を送りたい、と強く思います。

NZへのワーホリ人口が減っているそうですが、NZはいいところですよ。

オージーのように蛇も大きな昆虫もいませんから!!!(笑) わーい(嬉しい顔)

(ゴメス)
posted by キックオフNZ at 03:03 | Comment(4) | NZ Life
この記事へのコメント
確かにワーキングホリデーを充実させるには自分次第ですよね。ゴメスさんは将来の夢が明確なので、それに向けて英語の勉強をしていてすごいなあと思いました。
Posted by manuka at 2011年10月27日 07:50
manukaさん
勉強をしっかりしているように感じるのは気のせいですよ・・・(笑)
最近だらだらしてて、英語の勉強をさぼっていたので、また始めました!!!
Posted by ゴメス at 2011年10月27日 17:00
ゴメスさんが言うように、どのようにワーホリの1年を過ごすかを、自分自身で決められることがワーホリのよいところだと、私も思います。それだけに、難しいです。「効率よく」1年間滞在するというのではなく、予想外のことが起こることも予想しながら滞在するのがいいと思います。

ワーホリは労働力、ということですが、雇用する側からすると、ワーホリや就労ビザなどビザの種類には全く関係なく、スーパーバイザーなしで即戦力になる人材を求めていると思います。それまでの経験と資格、そして英語力があれば、ビザの種類に影響されずに、単純な労働力としてではなく、チームの一員として責任のある仕事を任される場合もあります。ただ、長くても12ヶ月間しか働けない、というのは、雇う側からすると、難しいポイントだと思います。
Posted by Kickoff-T at 2011年10月28日 07:17
Kickoff-Tさん

シーズナルワークでは、単純労働者だと強く感じました。言葉が通じなくても、きちんと仕事さえしてくれればよいという、雇用者側の思惑がよく見えて、あまりここちのよいものではありませんでした。
また、短期間しか雇わないというところは、誰でも変わりがいる仕事ということで、給料の見直しありとうたってあっても、見直し期間まで行かずに雇用期間が終わってしまう気もします。



ワーホリは1年なので、楽しく生活することが何よりも重要だと思います。
Posted by ゴメス at 2011年10月31日 14:05
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: