.

2011年08月15日

日本からの便り

こんにちは!manukaです!

残暑晴れ/残冬雪お見舞い申し上げます!!

先日、寝ていたら、日本から1本の電話がありました。

この日は私が夜の8時から寝ていたため、すごく寝ぼけていて、日本とのたった3時間の時差がとても大げさなものになってしまい「ごめん!夜中やな!!」と・・・ふらふら

電話は中学校からの友達からで「お盆に急遽、同窓会をすることになったんだけど、来れんよな〜」という内容でした。もちろん参加できないので、すごく残念ですが、友人からの誘いは嬉しいものでした。わーい(嬉しい顔)

ふと振り返ってみると、子ども時代にできた友達の進路はバラエティに富んでいることに気付きます。

大学の友達は、同じ学科で学んでいた友達が多かったので、分野は違えど、似たり寄ったりのフィールドで働いているし、仕事を始めてからできた友達は、どちらかと言うと、同じ仕事をしている人が多かったです。もちろん、違う学部の友達の進路は様々ですが、別の進路に進んだ友達とは、年に数回連絡を取り合うくらいの関係になってしまっていました。

今回、電話をくれた友人は、サッカー選手で大学卒業後はドイツでプレーしていました。日本に帰国後は日本のチームでもプレーをしていましたが、今は支援学校で先生をしています。

「ニュージーランドのいいところは、職業差別がないところだ」と言っていた人がいます。揺れるハート

たしかに、前のオーペアの家族の友達の職業もバラエティに富んでいたし、家族と友達の話しをしていても、“どの仕事をしているから、すごい人”だなんて聞いたことがありません。もちろん、どの仕事をしているから、あんまり良くないとも聞きませんでした。

家族やその友達と話をしていたとき、仕事は人生の一部だけど、ただの一部分であって、人生そのものではないし、人間関係だって、仕事で関わる人以外の人とのつながりも多いような印象を受けました。黒ハート

日本で、友達と話をしていて、たとえば、彼氏ができたら「どんな人?」の前に「何してる人?」と職業を聞かれることが多かった気がします。

そして、私自身も「何してる人?」と聞かれることが多かったので、自己紹介の最初の言葉は職業名でした。

こちらに来て、私が仕事をしていないからかもしれませんが、例えばカフェで隣に座った人から話しかけられたり、図書館で話しかけられて、話すようになっても職業ではなく、「私」について聞かれることが多いです。こんなことに慣れてないので、私の自己紹介は、いつもあたふたとしています。ふらふら

中学校の時の友達と話すと、職業とか関係なく付き合えるので、自分の知らない世界をたくさん知れて楽しいし、とても刺激を受けるので、これからも、ずっとずっと付き合っていきたいなって思うし、こちらに来てからは、今まで以上に、もっと普段から付き合いたいなとも思うようになりました。

そして最近、この電話以外にも、暑中見舞いのハガキやメールがたくさん届いていました。

メールをくれた人のほとんどに、ニュージーランドに来ていることを伝えていなかったので、みんな、とても驚いてくれます。

そして、反応も様々です。

「仕事にもっと責任感がある人だと思ってた・・・」と、やや否定的な人もいれば「manukaさんらしい!」という人などなど。みんなの反応も楽しいし、みんなが私に持っている印象が知れておもしろいです。

そして、日本のこうした季節のお便り文化は普段、疎遠になっている人にも連絡を取りやすくて私は好きです。

でも、暑中見舞いを書いていて「そういえば、この人のお誕生日も知らないな〜」と思い始めました。日本はお中元・お歳暮を大事にする世間の文化で、欧米はバースデーを大事にする文化と言われますが、たった半年の滞在で私もキウィナイズされてきたのか、日本の友達のお誕生日を知りたくなってきました。わーい(嬉しい顔)

引越しなどでバタバタしていて、ハガキには返事をしていないので、冬真っ只中のニュージーから「残暑見舞い」を書こうと思いまするんるん

日本のみなさん、まだまだ暑い毎日だとは思いますが、お体ご自愛ください。黒ハート

ひらめき
はがきいいですね、という方。
NZと日本の考え方の違いおもしろい、という方。
ニュージーランド大好き!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(manuka)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(6) | 友達
この記事へのコメント
私は、大学時代の友達からお盆に飲み会に誘われました。みんな仲の良い子たちなので、NZにいることは知っているのに、ひょっとしたらを期待して誘いのメールをもらった時はうれしかったです。
海外にいても、日本にいる人に気にかけてもらえるのはうれしいことです☆
Posted by ゴメス at 2011年08月16日 14:10
日本では 職業を話の一部として最初に聞く事が多い様な気がします(*^o^*) 自分もそうですが(^_^;)無意識に聞いちゃいます
でも、海外ドラマだと確かに職業の話している場面ないですね!(*^o^*)
Posted by ねこのしっぽ at 2011年08月17日 20:36
すみません さっきのコメント ねこのしっぽって名前にしちゃいました(^_^;)
Posted by ねこのにくきゅう at 2011年08月17日 20:37
ゴメスさん

嬉しいですよね!本当にありがたいことだなって思います。

ねこのにくきゅうさん

うまく言えませんが、職業を話すのであっても、仕事だけっていう感じじゃなくて、ウエイトが軽い印象を受けます。仕事よりも名前や、キャラクターの方が重要そうと言うか・・・私が日本でよく聞いていた会話で「公務員の彼氏は元気?」とかありましたが、こちらでは、まだ、そういった質問には遭遇していません^^;
Posted by manuka at 2011年08月18日 19:33
確かに、ニュージーランドでは職業の前に、自分や家族のことを聞かれることが多いですね。そしてみんな自分の家族についてよく話をします。
Posted by Kickoff-T at 2011年08月19日 08:18
kickoff-Tさん

自分自身や家族、趣味などの話しがスムーズにできるようになりたいです^^
Posted by manuka at 2011年08月22日 18:56
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: