.

2010年02月01日

私の大好きなチョコレート

今日は、私の大好きなチョコレート黒ハートについて書きたいと思います。

ニュージーランドのチョコレート・・・ニュージーランドに来たら、ぜひともトライしていただきたいものの一つです。
この国の人たちは本当にチョコレートが大好きで、いろいろな味のチョコレートを、すべての年代の人が買い求めるのが見られます。

店頭にも、こんな感じでずらり。
100201_noby_1.jpg

これらは手のひらサイズのチョコレートバーですが・・・

1枚200グラムを超える、巨大板チョコもずらり。

100201_noby_2.jpg

今日は結構売れてしまって棚がスカスカですが、普段はもっとぎっちりです。

こちらの人は中に何か入ったチョコレートが大好きで、

100201_noby_3.jpg

左から、キャラメル入り、ミント入り、泡立てチョコ入り、マシュマロ入り、レーズン&ピーナッツ入り、オレオクッキーとゼリー入り、キャラメルヌガー入り、ホーキーポーキー入り、ウエハースとコーンフレーク入りです。


私が一番好きなのは、真ん中のBlackforestです。チョコの中にオレオとゼリーってどうなの?と思われるでしょうが・・・うまいんです、これが。

働いているコンビニでも、これらはコンスタントに売れています。
そして私も、コンスタントに買っています・・・。わーい(嬉しい顔)

チョコレートが好きすぎて、ついに先日、これらの製造元であるカドバリーチョコレート工場に行ってしまいました。わーい(嬉しい顔)
チョコレートの製造過程を見学できるほか、うずたかく積まれた3メートルはあるであろうチョコレートの山や、チョコの滝(!)など、ここでしか見られないものをたくさん見ることができました。
あまり知られていない観光スポットですが、おすすめです。

そして今私は、「食べ物の記事を書くとそれが食べたくなる」という症状に悩まされています。
チョコレートが食べたい・・・でも今、家にチョコレートがないんです。
外へ買いに出るか、はたまたホーキーポーキーアイスクリームを食べてごまかすか。

うーん・・・

とりあえず、アイスを食べてから考えます。わーい(嬉しい顔)
それでもチョコが食べたかったら、アイスもチョコも両方食べることにします!!

24歳、女。体型を気にすべきなのかもしれませんが・・・
私のダイエットは、もうしばらく始まりそうにありません。

ひらめき
私もチョコ大好き!、という方。
キャドバリーのチョコおいしいですよね、という方。
ニュージーランドのチョコばんざい!という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング







(Noby)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(6) | ニュージーランド
この記事へのコメント
チョコレート、おいしいですよね。種類も多いし、日本とはちょっと違ったテイストもあるし。チョコレート工場、行きたいです。クライストチャーチ市内ですか?
Posted by Kickoff-T at 2010年02月02日 05:18
Kickoff-T様

いえ、チョコレート工場はダニーデンにあります。
外側は地味なのですが、一歩中に入ると金色の包装紙につつまれたチョコレートの山が出迎えてくれます。
日曜は略式のツアーのみなので、できれば月曜から土曜の間に行くのをお勧めします。
あまーい香りで、とってもいい気分になれますよ♪

NZならではのチョコといえば、現在キャドバリーからイースターエッグが出てますね♪
マシュマロが入ったチョコエッグが好きです。

・・・食べ過ぎないように気をつけなければ。
Posted by Noby at 2010年02月02日 17:58
初めまして(*^ω^*)
いつも楽しく読ませてもらっています!

キャドバリーのチョコレートほんと美味しいですよね!
あたしは一昨年2週間だけNZにホームステイに行って、おやつに食べたり、お土産に買ったりしました\^^/
すごく美味しかったので日本にある輸入菓子のお店で探したのですが、ミルク、ナッツ入りの2種類しか売ってなくて…(;_;)

NZではたくさん食べれるのですごく羨ましいです!!あんな美味しいチョコレート達に囲まれていたらダイエットなんて出来ないですよね;

この記事を読んで、キャドバリーのチョコレートが食べたくなりました(*^_^*)♪
Posted by りこ at 2010年02月02日 23:00
キャドバリーのチョコは、日本の友達にもよく「送ってー」とリクエストされます。シンプルな、というか目立つあの包装もいいですよね。ぴかぴかの紫。遠くからみても、「あ、キャドバリー」ってわかる。もともとは、イングランドのチョコ会社ならしいですよ。
ネイピアにあるチョコ博物館に行ってきました。ダニーデンのチョコ工場も有名ですよね。ジョニーディップ主演のチョコレート工場を思い出します。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2010年02月03日 06:08
りこ様

はじめまして♪コメントありがとうございます。
キャドバリーのチョコはおみやげにもぴったりですよね。
個人用にはチョコレートバーを、家族や勤め先にはアソートや大き目を買っていったところ喜ばれました。
ちなみに、りこさんはどの種類がお好きなんでしょうか?

ダイエットは本気で不可能です。
チョコレートをがまんしたとしても、アイスクリームやフィッシュアンドチップス、ミートパイが次点に控えてますし。 笑
食を楽しむから動いてやせる、なんていいわけをしています ^^;
Posted by Noby at 2010年02月03日 19:36
はっぴぃきうぃ様

紫色に食欲をそそられるのは、人生ではじめての経験でした 笑

ダニーデンの工場で「キャドバリーの歴史」のビデオを見ました。
イングランドから移住してきたチョコ工場経営者が、こちらで商売をして大成功・・・というストーリーでした。
イギリスといえばカカオのみの純チョコのイメージが強い私にとって、ミルクたっぷりのNZチョコの原点がイギリスだというのは意外でした。

チョコレート工場、たしか「ウォンカ」のチョコレートを製造してましたよね?
NZに来てはじめてウォンカチョコレートを目にし、「本物だ!」と感動したのを覚えています。
ネイピアにも博物館があるんですね。
北島に旅行をする機会があれば、ぜひ足を運んでみたいです。
Posted by Noby at 2010年02月03日 19:42
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: