.

2009年12月11日

現実感と異邦人

こんにちは。先日クライストチャーチは最高気温28度をマークし、真夏となりました。紫外線指数も最高レベルで晴れた日に外出するときはUV対策が必須です。晴れ

わたしがニュージーランドに来て感じた感覚の変化は、以前時間の感覚について書きましたが、今回はもう一つの変化、ずばり日本に対する心理的距離感について書きたいと思います。難しいようですが、何のことはない、日本が遠く感じるなあ、という話です。

NZに来て2ヶ月くらいたったころ、わたしは日本を舞台にした小説を書き始めました。そのとき気がついたのですが、自分が経験した思い出の東京や日本と、小説を書くとき想像する東京が、まったく同列に感じたのです。つまり、リアルに体験した日本のことと、空想の中の日本が、同じ感覚で捉えられることにわたしは驚きました。これは今までなかった感覚です。

あたりまえですが、日本にいるとき日常のすべてはリアルです。それが、ニュージーランドに来たことで自分の現実の舞台が変わり、日本は遠ざかったのです。もちろん日本のことを忘れたわけではなくて、今もネットで日本のニュースやサイトも見ています。にもかかわらず、つい3ヶ月までいた日本のことが、まるで去年より昔のことのように思えるのです。この距離感の変化を自覚したとき、わたしは「異邦人」になったと思いました。異邦人というのは昔歌の題名にもなりましたが、本来は「外国にいる人」という意味です。つまり、自分の立ち位置が日本ではなくニュージーランドになったと思ったのです。

この感覚をこうして説明しても、日本に住んでいる人には想像しにくいと思います。異国情緒とはまた違うんですよね。外国でのものめずらしさは、日本を基準にして感じるものです。でも今のわたしは、すでに日常となったニュージーランドの中から遠くの日本を見つめている。わたしは日本人です。でも異邦人なんです。

小説を書き進める中で、日本を想像することはそんなに難しくないです。でも、かつていた日本の実家や地元のことは、何か思い出しにくい。これは不思議なことだなと思います。ただ、そんな中でも友人や家族と連絡したりメールしたりする中で、自分をつなぎとめてくれている存在のありがたさを感じます。

たぶん、日本にいる知り合いから見て、ニュージーランドにいる自分は遠い存在かもしれない。でも、同じ空の下で、お互い元気でいることを伝えることで、思いの距離は遠くならないと思います。今感じているこの距離感は、ちょっと心に留めておこうと思います。そしていつか帰国したとき、自分のリアルが何なのか、確かめたいと思います。

ひらめき
同じ感覚を感じます、という方。
リアル感がありません、という方。
小説書いています、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(hisawo)
posted by キックオフNZ at 04:56 | Comment(4) | NZ Life
この記事へのコメント
最近暑いですね〜。
hisawoさんのそれとはちょっと違うかもしれませんが、私も日本のよさをこちらにきてから再認識したように思います。
自分の国も家族も、一歩はなれてみると違って見えますよね。
意外とそっちの姿が、本当の姿なのかもしれないと思ったりします。
Posted by Noby at 2009年12月11日 18:41
Nobyさん

一歩はなれて客観的な視点を持つというのは大事なことだと思います。
自分自身NZに来て日本のありがたさもわかったし、だからこそ、今ここにいる時間を大切にしようと思うようになりました。

今日もクライストチャーチはいい天気ですね。暑い!
Posted by hisawo at 2009年12月12日 09:51
確かに、日本を離れることで日本に対する感覚や気持ちが大きく変わることがありますね。その感覚は日本に帰ってもどこかに残ると思います。今hisawoさんがニュージーランドで居心地よく暮らしているから余計に、日本との距離を感じるのではないでしょうか。
Posted by Kickoff-T at 2009年12月15日 04:53
Kickoff-Tさん

日本との距離、というのは確かに遠いんですけど、自分の感覚の変化と同時に日本への思いも深くなった気がします。だからこそこういうブログなどでニュージーランドのことを伝えたいと思うのかもしれません。

今日本にワーホリで滞在している外国人のブログ探しをしています。ドイツ人やカナダ人のブログを見つけて自分との共通点や面白さを感じています。
Posted by hisawo at 2009年12月15日 08:57
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: