.

2009年11月06日

3つの目

ニュージーランドに来て現在のフラットに移ってから、わたしは大学時代に学んでいたスペイン語の勉強を再開しました。
ニュージーランドに来て、どうして英語ではなくスペイン語の勉強をするの?と思われる方もいるかもしれませんが、それにはわたしなりの理由があります。ぴかぴか(新しい)

ひとつは、渡航直前にしていた塾講師の仕事の経験を生かして、ニュージーランドで教える仕事をしてみたいという気持ちが生まれたことでした。まず考えられるのはネイティブであることを生かした日本語、その次に考えたのが、スペイン語でした。日本語は一番教えやすいのですが、あえて第三言語であるスペイン語をもっとブラッシュアップすれば、ネイティブが気づかない細かいポイントや客観性を持って教えられないだろうか。そう考えるようになったのです。

自分自身日本の子どもたちに国語や英語を教えていて、受験に必要な勉強というよりも、生きた語学を教えたいなという思いがありました。いつか日本に帰ったとき、英語ももちろんスペイン語ができていれば、その可能性も広がると思いました。

ニュージーランドで仕事を探したいと最初に滞在していたバッグパッカーズのオーナーに言ったら、「あなたは教師の仕事をしていたんだから、自分で家庭教師の広告を作って掲示板に張ればいい」と言われ、それはいいアイディアだと思いました。
英語が使われるこの国で、自分の英語が思ってた以上に通じたのも、ひとつの自信になりました。わーい(嬉しい顔)

その後、フラットメイトがたまたま大学でスペイン語を学んでいて、教材や辞書を貸してくれたこともあり、わたしは家庭教師の広告を作る一方、スペイン語の勉強を始めました。そうすると、約8年間のブランクを痛感しました。単語の意味がわからない。フラットメイトとスペイン語で話しても言いたいことが変換できない。そこではじめて、自分がこれから相当努力して勉強していかないといけない、と気づいたのです。

現在わたしは、毎日午前中にスペイン語の勉強をしながら、週1回シティのコミュニティハウスでスペイン語教室に通っています。そして、KIWIの家族に日本語を教える仕事もしています。日本語と英語、そしてスペイン語という3つの視点を持つということは、互いを客観的に見る力を持っています。これは大学時代ある人に言われたことなんですが、日本語と英語以外にもうひとつ言語を学ぶことは、その文化に常に中立の立場を取れる、2つだとどちらかに肩入れしてしまうけど、3つならいい距離感が保てる、という言葉がありました。目

ニュージーランドという国で、その言葉の意味を実感しながら、これからも3つの文化を大事にしたいと思います。また、31歳にして何かに打ち込める時間を持てることに、常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

ひらめき
スペイン語勉強しています、という方。
スペイン語勉強したいです、という方。
スペインにいます、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(hisawo)
posted by キックオフNZ at 03:47 | Comment(7) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
とても精力的に活動されているんですね!すごいです。
私も今夏季休業中の仕事を探しているのですが、自分自身を貼り出すというのはいいアイデアですね。
早速やってみようと思います。
Posted by Noby at 2009年11月06日 16:47
Nobyさん

ワーホリで来て最長1年間しかいられないと思うと、考えるより先に行動してしまいます。おかげさまで充実した生活を過ごしています♪
広告張る場所は、探せばけっこうあるのでおすすめします。実はカンタベリー大学にも張りました。ぜひチャレンジしてみてください。
Posted by hisawo at 2009年11月06日 17:53
3カ国語を取得したらよいという意見には賛成です。でも、なかなか自分では難しいのが現状です。すごいですね、hisawoさん。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2009年11月07日 04:29
3つの言語を使うことは3つの視点からものを見ることだというのは、説得力がありますね。言語って単に言葉だけではないのですね。スペイン語を話すときと日本語を話すときって、声のトーンとか話し方とか変わるものなのでしょうか?
Posted by Kickoff-T at 2009年11月07日 04:57
はっぴいきういさん

スペイン語、というのは実は日本人が一番ネイティブ以外で発音がうまいと言われています。わたしは巻き舌とか苦手なんですが、スペイン語の響きやイントネーションは好きです。相当ブランクがあるのでまだまだこれからですが、がんばりたいと思います。


Kickoff-Tさん

日本語とスペイン語では声のトーンとかは変わると思います。でも最後はその人の個性と言うか、スペイン語教室でもKIWIやドイツ、ポーランドなどさまざまな出身の人が学んでいますが、それぞれのスペイン語は違います。ただネイティブのスペイン語は早口な上、スペインやキューバ、アルゼンチンなど国によってもかなり違って聞こえます。なかなかヒアリングは難しいです。
Posted by hisawo at 2009年11月07日 05:28
こんにちは。
2年前に投稿された記事ですが、
いま拝見しました:)
私も、いまオークランドに住んでいて、
最近、スペイン語学習を3年ぶりに再開したいなと考えています^^
おっしゃっているシティのコミュニティハウスというのはどのあたりにあるのでしょうか。
教えて頂けるとうれしいです:D
Posted by hitotomin at 2012年09月10日 10:15
hitotomin さん、コメントありがとうございます。管理人のKickoff-Tです。この記事を書いたhisawo さんは、今はもうこのブログを書いていただいておりません。残念ながら私もオークランドのコミュニティハウスについては、情報を持っておりません。申し訳ないのですが、お役に立てそうにありません。ごめんなさい。

ニュージーランドの日本語掲示板などでお聞きいただくと、わかるかもしれません。
Posted by Kickoff-T at 2012年09月11日 12:44
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL