.

2009年09月22日

初心忘るべからず

時々、ふと自分のお臍あたりから湧き上がってくることば「初心忘るべからず…」。

このことばには、最初の頃の志しや意気込みを持って物事に取り組むこと、未熟さや未経験の時を忘れないことの意味があります。私の場合、少しニュアンスが違うかもしれませんが、なぜか急にこの言葉が頭をよぎることがあります。そしてNZに慣れてきた今、その頻度が増したように思います。

以前からこの言葉を自分に言い聞かせる習慣はありました。日本で働いていた時に、慣れるということの怖さを意識しました。もちろん慣れることは良いことでもありますが、慣れからくる無意識の行い、もしくは行いの欠如が時として大惨事を招くこともあるのです。たらーっ(汗)

私の今の仕事、旅行客の方々を相手に街を案内すること。私も来た時は右も左も分からない街だったのに、今ではだいぶ慣れてきて地図を見ないでも少しは説明できるくらいになりました。ぴかぴか(新しい)

それは良いことであると同時に、はっと気付くことがあります。がく〜(落胆した顔)

旅行に来ている方々は、この街のことを何も知らない。それなのに、なぜか分かっているようにお話ししてしまう。自分が分かっているだけなのに…。

下調べをしてくる方もいれば、全く知らないで来ている方もいます。時々、自分が予想もしていないほど全く何も知らない方もいます。

自分が最初にここに来た時、何を知りたかったか?何が分からなかったか?それを常に考えるように心がけたいところです。

そして私の初心はこの仕事に関することだけではなく、日常生活でも同じ。ここNZにいて、たくさんの文化や習慣の違いにはじめは驚いてばかりでした。それが今ではあたり前になっていきています。そして、初めて見る人が驚いているのを見て、これは新鮮なことなのかと再認識したりします。旅行中でも、行く前まではどんなところかワクワクしていて、最初の感動は言葉では言い表せないものです。しかし、2度目3度目・・感動はうすれていきます。それが自然の心理なのです。ふらふら

090922_2_Lisa.jpg

そうだと分かっていても、なぜか寂しい気持ちになるのも事実です。例えば、私が一度行ったことのあるところへ知り合いを案内する。私も最初はとても感動して、またこの感動を一緒に味わいたいと思う。ところが、私は2回目で感動の大きさは全く違うものなのです。

そこで私は意識的に初心に戻ろうとします。なんでも初心に戻る必要はないのかもしれませんが、そこに戻ろうとするとき、何かが見えてくる・感じられるような気がするのです。NEW

日々学んでいくことはもちろんあるけれども、学ぶと同時に初心に戻るという作業はとても大事だと思います。はじめはこのふたつは矛盾していると思いました。日々学ぶことが進歩だと表現すると、初心に戻るということが全てを知らない状況になる退化だと解釈し、このふたつは正反対の作業だと思えたからです。でも実際には、初心に戻るというのは学ぶきっかけであるのかもしれません。いす

事実、色々なことに慣れてきた時に初心に戻るというのは大変難しいです。精神的にも、単純な志や意気込み以外の、気持ちの変化や感情は出てくるものです。その中で、多くの雑念を捨てて原点を見つめなおす。

しかし、何かに迷った時、そこに答えがあるような気がするのです。

今、私はワーホリを決めた初心に戻ろうと試みています。

そして、今まで色々なものと一緒になって見えなかったものが、少し見えてきた。

ほこりだらけの部屋に外から一筋の光が入ってきて、

太陽が沈む前に、それが何かを必死に見分けようとする。

何かを迷っている時、一度初心に戻る作業。

お時間があったらぜひ一度お試しください。

090922_3_Lisa.jpg

ひらめき
Lisa さん、いいこと言いますね、という方。
初心に戻ります、という方。
迷っています、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Lisa)
posted by キックオフNZ at 04:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
「初心忘るべからず」大切な事だよね。でもなかなか忘れがちになってしまうの、同感です(^^;)
職場でも教える立場になってしまうとついつい出来て当たり前って感覚になってイライラしちゃうの。初めは誰だって何も知らないのにねぇ。。そして後から反省の日々。連休明けは私も初心に戻ってみようと思いました☆
Posted by みこちゃん at 2009年09月22日 13:54
初心に戻って、そこから今までのたどってきた道を振り返ってみて、その道はどうだったかなって、今、考えてみました。。。総じて反省点は多いようです。。。(笑)けど、あんまり後悔はないな。とりあえず、また、少しずつ前に進んで行きます。

また、イライラした時は深呼吸するといいようです。写真のような大自然でで深呼吸したいな〜!!
Posted by Ei-taro at 2009年09月23日 10:49
よく使われることわざや格言なども、もう一度よく考えてみると、すごくいいものが多いですね。普段はなかなかそんな言葉も思い出さないですが、私もLisa さんを見習って、いろんなことわざや格言をもう一度おさらいしてみようと思います。
Posted by Kickoff-T at 2009年09月23日 11:36
みこちゃん

コメントありがとうございます。
「教えること」って難しいですよね!!同感です。
私は今、教えられる立場でもあり、教える立場でもあるので両方を味わっていますが、どちらにおいても学ぶ毎日です。意外と「教えること」の方が、相手の理解度や立場などを考慮しないと上手くいかないので、実際難しいのかもしれませんね。
 日本は今日まで連休ですね!?連休明けの新鮮な気持ちでお仕事頑張ってください!!


Ei-Taro様

コメントありがとうございます。
今までの道を振り返る…初心に戻る以上の作業だと
思います。私も反省ばかりだけど、反省があるから成長できて、だからEi-Taroさんも今後悔してないんですね。失敗は成功のもと!!
深呼吸しながら毎日少しずつ前へ…。


Kickoff-T様

コメントありがとうございます。
ことわざや格言は日常から生まれているもので、それは世界共通なのだと知りました。日本のことわざと同様の意味のものが英語にもあって、少しだけニュアンスが違うけれども嬉しくなります。皆思うことは同じだ…と。英語独特の表現だったり、日本語独自のものだったりするのがおもしろいですよね。

  
Posted by Lisa at 2009年09月23日 19:40
初心は忘れてしまうものなんですよね。
感動は薄れていくものだし。
だからこそ初心を忘れるなと格言があるぐらいで。
初心にかえって、何かきっかけがないと忘れがちです。そのきっかけは失敗であることが多いけど。
初心にかえって。
その大事なことを教えてもらうきっかけとなりました、Lisaさんの記事が。ありがとう。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2009年09月24日 10:07
はっぴぃきうぃ様

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。そうですね、いつもは忘れがちな大事なこと
が周りにはたくさんあるのに、気付くのは何かが
起きた後だったりします…。もっと早くから意識し
ていたら…って後悔するけど、それは難しいこと
が多いです。
昔、我が家に一日一格言と日めくりカレンダーが一緒になっているものがありました。今思うとあれは良いかもしれません!!



Posted by Lisa at 2009年09月26日 17:20
Kickoff-Tさんのブログの好きなののひとつに「忘れるということ」があります。いくら何でも忘れ過ぎでしょーと楽しい気分にさせてくれます。とりあえずKickoff-Tさんは初心の前に冷蔵庫に何を取りにいったかを思い出しましょう(笑)あ、でもそれはイコール初心ってことかも。リサさんも読んでみてください。
Posted by ayako at 2009年09月27日 23:14
ayako様

コメントありがとうございます。
Kickoff-Tさんのブログ読みました。
確かに忘れすぎですね...でも私も冷蔵庫に関してはよくあります。そのたびにがっかりします。
ちなみに、私の趣味は要もないのに冷蔵庫を開けることでもあります。

本当は忘れてもいいことなどないのかもしれませんが、時として忘れた方が良いこともある。忘れるということは、頭じゃなくて心の方が優位に働いている気がします。
Posted by Lisa at 2009年10月03日 10:51
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL