.

2009年06月02日

1年と1ヶ月ぶりですね!

先週の金曜日、すごく嬉しいことがありました♪先週のブログに、ホームステイ時代のことを書きましたが、その時久し振りに同じくその家にステイしていた中国人の女の子のことを思い出して、少し懐かしく感じていました。ハートたち(複数ハート)
すると、不思議なことに、先日その子に約1年ぶりに再会したのです。私が住んでいる場所は、カフェが近くにあるのですが大学帰りにそのカフェの前を通ったら、その子がそのお店の前にいたのです!!向こうから『あ!!ぷん!』と声をかけてくれてビックリ。がく〜(落胆した顔)
前に一度レストランで彼女らしき人を見かけたんですが、その時はお互い友達といて声をかけずじまいになっていたので、こうやって面と向かって言葉を交わすのは実に1年ぶりです。1ぴかぴか(新しい)

私がNZに来て初めて交流した若者が彼女だったわけです。今だになぜそんな事を言われたのか分からないのですが、まだ日本にいた時にエージェントの方に『ホームステイ先に中国人の女の子がいます。ちょっとtoo strictな子でとっつきにくいかもしれないけど、仲良くなれると良いね』と言われました。それまで中国の方に会ったことのなかった私は、イメージでいうとニュースで見ていた反日のイメージ。それに加え、気難しいらしいという聞かない方がよかった情報を知ってしまった私は、その子に会うのにとても緊張しており、そして少し恐れてもいました><;ふらふら

私が到着した当初は、その子は大学の夏休みで中国に帰っており、実際に会ったのは私が到着して10日後位でした。全く英語が話せなかった私は、ただでさえ話せない英語がその子を前にするとしどろもどろ。。いつもその子と話す時はホストマザーも加わり、3人で話すというのが定番で、あまり距離も縮まないまま1ヶ月くらい経ちました。

しかし、ある日ホストマザーが食事を早めに済ませて出かけた日があり、その時に初めてその子と2人でごはんを食べました。沈黙も気まずいので、少し話かけてみると、お互い何となくぎこちないものの、次第に慣れてきて私もやっと彼女と話すのに慣れてきました。じっくり話してみるとすごく優しい子で、私の英語を一生懸命聞いてくれて、たまたま勉強していることも同じだったので話しが盛り上がり、結果的にNZで初めての友達となりました♪エージェントの人のうそつき!むしろすごく気さくな子だったのですわーい(嬉しい顔)

連絡先を知らなかったので、全く会うことはなかったのですが、これを機に電話番号を聞いて後日じっくり会うことにるんるん

留学してまず滞在方法をホームステイ先にする方、その家に別の留学生の方がいる方、入国そうそう友達を作れるチャンスかもしれませんよ★ミ

ひらめき
私もホームステイで友達ができました、という方。
友達が欲しいです、という方。
来月からホームステイです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ぷん)
posted by キックオフNZ at 05:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 友達
この記事へのコメント
私は英語が第二外国語の人同士のほうが話しやすくて助かります。

お互いに共通点があると仲良くなりやすいですよね★

ぷんさんの素敵な再会に乾杯!!

Posted by ミキコ at 2009年06月02日 21:15
ミキコ様
乾杯どうもありがとうございます!^^♪笑

私は勝手に中国と韓国の方は、日本が嫌いなのだろうと信じきっていましたが、実はすごく優しい人ばかりと知って以来、Kiwiよりも留学生と仲良くなることの方が多くなりました。。オークランドはすごくアジア系が多いというのもあって^^
Posted by ぷん at 2009年06月03日 09:37
ぶんさんの日本にいたときのその偏った先入観に、少しショックを受けています。ただ、ニュージーランドに留学に来て、その先入観も訂正されたのですから、やはり海外にでて、実際にいろんな人と出会うということは、非常に大切なことだとも感じます。経験して、いろんな人と話をして初めてわかることも多いですね。
Posted by Kickoff-T at 2009年06月03日 12:20
Kickoff-T様
本当にこちらに来て実際に自分で本当のことを知ることが出来て良かったと思います。
私は留学前に、ずっと気になっていた中国と日本の歴史的背景について自分で調べていた時期があったのですが、その時に日本が中国にしたショッキングなことを知り、少し引け目を感じていたのです。『反日になられても仕方がないことをやっていた時期もあったのだ』と。(私の勉強程度ではまだまだ不十分だと思いますが)それが先入観に繋がってしまったのだと思います。

でもとにかく新しい見方が出来るようになって本当に良かったと思います。
Posted by ぷん at 2009年06月03日 18:13
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL