.

2009年01月23日

運命の再会!?

今日、私は運命を感じた出来事がありました!
私は行動範囲が狭いのと、シティ内に住んでいるということであまりバスに乗る機会がありません。
そんな私が久々にバスに乗ると、向いの席に中国人の、年齢は私と同じくらいの男の子が乗って来ました。
なぜ中国人だと分かったかと言うと、彼は私がNZに到着して初めて会話を交わした人物だったのですぴかぴか(新しい)

ドッキドキの初海外の空港で、到着していきなり進む方向が分からず、近くにいた人に『こっちの方向で良いのですか?』と聞いたのが彼でした。私は、空港までホームステイを手配してくれるエージェントの方が迎えに来てくれて、ホームステイ先まで送って行ってくれるということになっていたのですが、そこで、私だけでなくちょうど同時刻についた飛行機に乗っている他の学生の人も一緒に迎えに来た、とのこと。

私の到着が一番早かったので、そこでしばらく待っていると2人の留学生が合流。さぁ、やっと出発かと思いきや、あと一人たりないとの事。。

飛行機事態が遅めの便なのかと思いきや、その学生さんはとっくの昔に到着してるはずなのになぁ・・・と心配そうなエージェントのドライバーさん。

それからまたしばらくして、やっと現れたと思ったら、その人がさっき私が質問をした人だったのです。見つけられずに空港をさまよっていたとか・・・がく〜(落胆した顔)

まぁ、皆そろったなら気を取り直して出発だ!!ということで、迎えに来てもらっていた車に乗り込み、しばらく走ったところで、その彼がいきなり

『パスポートがない!!!パスポートない!!!』

と言い出すではないですか。。

それは一大事だと車を止めて皆で社内を探すものの、見つからない。もしや空港かもしれないと引き返し、エージェントの方がさぁ空港に尋ねに行こうとしたところで・・・『あ、ポケットにあった^^』

そんな感じで、一緒に乗り合わせていた他の学生さん達、ドライバーさん、私にものすごいインパクトを与えた彼を約11か月ぶりに見たのです。

私が一番驚いたのは、その時の彼の態度です。当時は、ものすっごく神経質で落ち着きがなくそわそわしていたのに、今日会ったときは、穏やかでにこにこしながら、一緒に乗り合わせていたNZ人と談笑をしていました。

伝わりにくいかもしれませんが、彼は完全にNZナイズされていたのです。もちろん良い意味で!

11か月前には無かった余裕というか、良い意味での気楽さを持っていて、『あぁ、彼も約1年で頑張って、成長を遂げたんだな。私も頑張らなくては!』と、なぜかものすごく励まされました。

それにしても住んでいるうちに表情が柔らかくなっていくNZって素敵だなぁ、と改めて思いましたわーい(嬉しい顔)

ひらめき
私も空港で迷いました、という方。
自信がつきました、という方。
パスポートなくなりました、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ぷん)
posted by キックオフNZ at 05:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 友達
この記事へのコメント
ぷん様

コメント遅くなってごめんなさいね。

本当に運命の再会ですね。彼も素敵に変身を遂げていたのですね。きっと、ぷんさんもご自身で認識なさらないだけで、彼と同じように劇的な変化を遂げている部分もあるのだと思いますよ。

日本に帰ったときに、それが分かるかもしれませんね。日本の一時帰国楽しんでくださいね☆
Posted by Umi at 2009年01月25日 06:28
Umiさま
ただ到着日が一緒というだけで、一緒に頑張ってきた同士のような親近感を持っていたので、久々に仲間(勝手に仲間扱いです^^;笑)に会えて嬉しかったです♪

私は、自分では特に変わった部分は気付かないのですが、Umiさんがおっしゃるように、帰国して指摘されて分かるのでしょうね。そう考えると、さらに帰国が楽しみになってきました^^*
Posted by ぷん at 2009年01月25日 10:56
留学して3ヶ月くらい経った頃から、雰囲気が落ち着いてくる人も多いですね。自信もついてくるでしょうし、生活にも慣れて、友達も出来て、余裕が出てくるのだと思います。留学しないと経験しない変化だと思います。
Posted by Kickoff-T at 2009年01月26日 05:24
Kickoff-Tさま
そうですね。私も留学のエージェントの方に到着してすぐに空港で『3ヶ月!3ヶ月頑張ってください!そうしたら楽しくなってきますから!』と言われました^^笑
よく、留学前と留学中で表情が変わる、と聞きますがまさに彼がその最たる例でした♪
Posted by ぷん at 2009年01月26日 16:13
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL