.

2009年01月16日

あぁ倫理・・・

約1ヵ月のXmas&New Year Hilidayが終わり、再びサマースクール後半戦が始まりました!
これが終わればいよいよ日本!!!と考えるとワクワクして夜も眠れません♪(実際に眠れないことがありました^^;笑)

さて、私はそのサマースクールの中で2つの科目をとっています。一つは私の専攻に関係しているEconomics関係のペーパーです。
これは私が勉強したいことなので、本当に興味深く、毎回楽しく授業を受けているのですが、問題はあと一つのペーパーです。。。ふらふら

その名は『Ethics』。これは大学でビジネスを勉強するものならば必ず卒業までに取らないといけないという必修科目。
先輩に、『これは面倒だから短期でとれるサマースクールでやっといた方がいいよ!』と言われ、今回取って見たのですが、、
まぁこれが大苦戦。もうやだ〜(悲しい顔)
そもそももEthicsとは何のことだ?とそれすら知らなかった私は辞書を引いてみると、『倫理』とあるじゃぁないですか!
倫理・・・高校の時にやったなぁ、、日本語ですらあまり意味が分からなかったなぁ、、と言うあまり良い記憶がなく、先月の授業初日にはびくびくしながらクラスへ向かいました。たらーっ(汗)

そして案の定、授業中はちんぷんかんぷん。クラスメートとのディスカッションも、いったい何を言って良いのか分からず全く入り込めませんでした><
これではいかん!と思ってその日から私の倫理攻略作戦with Internetが始まったのです。TV

まぁ、インターネットとはなんて便利なものなんでしょう!高校の頃の倫理の教科書をわざわざ送ってもらうまでもなく、検索するとすぐに知りたい情報が手に入れられる♪
最初は『Utilitarianism』『Kantian ethics』なんじゃそれ???と頭の中は『???』だったのですが、心強い味方インターネットさんのお陰で、次第にそれぞれの理論が理解できるよになってきました。

そうなって来ると、クラスでのディスカッションもさらに興味深いものに。。
日本人の感覚にはない『宗教の思想』も彼らの倫理感に関係しているらしく、『それは倫理的には考えられるけど、神の教えとしては・・・』
といった発言もあり、かなりディスカッションが白熱していました。

私が高校の時に受けた倫理の授業では、『意味がわからなーい』『こんなこと勉強してなにになるの?』といった姿勢で授業を受けていた子が大半でしたが(私を含め^^;)

今回真剣に倫理について学んでみて、自分の知らなかった思想を知る、クラスメートの倫理感を知るというのは興味深いなーと思いました。

ひらめき
倫理ってそういうものだったのですか、という方。
倫理大好きです、という方。
企業倫理は大切です、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ぷん)

posted by キックオフNZ at 03:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校
この記事へのコメント
倫理・・・懐かしい言葉ですね。哲学とも共通するのでしょうか?

どこまで言っても正しい答えがあるわけではなく、突き詰めれば突き詰めるほど、いろいろと考えさせられますね。

自分発見のきっかけになるかもしれませんね♪日本への帰国をはげみにあと少しがんばってね♪
Posted by Umi at 2009年01月18日 07:10
Umiさま
わたしはいまだによく分からないのですが、哲学と倫理の違いは何なんだろうと思うほど、個人の思考や信念について考えさせられます。

本当ですよね。考え方は正解不正解がないのでディスカッションが白熱してきても、先生が『・・・まぁ考え方にはそれぞれ違いがあるからね^^;』と曖昧な感じで終わることが多々あります。う〜ん、、興味深いですが、難しいです><;
Posted by ぷん at 2009年01月18日 11:08
企業倫理の問題は、近年さらにその重要性を増していますね。日本の商品偽装問題などを見ていると、日本の企業ももう一度企業倫理を根本的に考え直す時期に来ているように思います。
Posted by Kickoff-T at 2009年01月19日 08:07
Kickoff-Tさま
私も本当にそう思います。課題で『日本の食品偽造』について書こうと、調べてみると、本当に数えきれないほどの問題が記事になっていて驚きました。そして消費者が、食品偽造の問題をニュースで見て、『あぁ、またか』と憤りが少なくなってしまう状況が一番怖いですよね。。
Posted by ぷん at 2009年01月20日 18:24
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL