.

2009年01月12日

母の帰国

今日は朝から本格的な雨が降っているオークランドです。
 さて、昨日約3週間NZに滞在した母が日本へ帰国しました。母のNZ最後の夜は、私の友人総勢10名が集まり、盛大なBBQディナーになりました。
 久しぶりに母と台所に立ち、一緒に料理をしながらも、野菜の切り方やラザニアを重ねる順番でお互いの主張を譲らず衝突。
そうかと思えば、お互いに料理の主導権を譲り合ってしまい、方向性が定まらず、これがまた喧嘩の火種になりました。

 ようやく無事に料理も完成し、友人達からも「おいしい」と大好評。7時から始まったBBQも気がつけば11時を廻っていました。

 翌朝起きたとき、私はまだお酒が残っており、夢の中で母と会話をしているような感じでしたが、母をオークランド空港に送り、搭乗手続の長い列に並びながら「今度はいつ会えるのだろう?」と考えていました。
 搭乗手続を終えて母を見ると、彼女は既に涙ぐんでいます。それを見ると私も涙がこぼれそうになりましたが、ぐっと堪えながら「気をつけてね」とだけ言い、別れました。

 一緒に母を送ってくれたフラットオーナーが「Umi,大丈夫?もっとゆっくり別れを惜しんでも良かったのに」と言いましたが、お互いにとって別れの時間が長くなると余計に辛かったでしょう。

 その後家に戻り、ソファに体を沈めて母との3週間を思い起すと、自分の至らなさに涙が頬を伝い、いいようのない喪失感に襲われました。
 今回の母の滞在は、様々な観光スポットに行き、夏のクリスマスや年末年始は満喫できたと思います。

 ただ、私が効率的に英語を通訳する能力がなかったこと。車がなくどこへ行くにも母を歩かせなければならなかったこと。友人宅の滞在を楽しみながらも各家庭でのルールがあること等々。


 私は常に目に見えないジレンマに陥っており、母に優しくすることができませんでした。
それでも母は怒ることもなく、笑いながら過ごしていました。ただ、私がもっと母に対して思いやりを持ち、甘えることが出来ていたら、彼女の気持ちは充足感が増していたでしょう。


「お母さんごめんね」


 でも、今回のことは私がこちらに母や家族を迎えるときに必要なこと等を知ることができ、いい勉強になりました。

 今日から私の日常生活が舞い戻ってきます。また、今日1月11日は私がNZに旅立った3回目の記念日です。心新たに前を向いて進んでいこうと思います。
ひらめき
お母様、きっと喜んだでしょう、という方。
涙してしまいました、という方。
またきっとすぐに会えますよ、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Umi)
posted by キックオフNZ at 09:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家族
この記事へのコメント
お母さんは、きっと本当に喜ばれたと思います。ごめんねというumiさんだけど、お母さんはありがとうの気持ちでいっぱいですよ、きっと。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2009年01月13日 09:15
私もそう思います!!!Umiさんが外国で頑張る姿を見て、絶対に感動されたと思います^^*
それにしても、空港に見送りに行くというのはものすごく切ないですよね><お母様が出発ゲートに消えていく時は、胸がキュンとされたんじゃないでしょうか?
NZ4年目もUmiさんにとって実りの多い素敵な年になりますように・・・♪
Posted by ぷん at 2009年01月13日 09:33
はっぴぃきうぃ様

ご無沙汰しております。今年もよろしくお願い申し上げます。

はっぴぃきうぃさんの仰るとおりの気持ちで母も入れてくれたらいいなと思っています。

ありがとうございます♪はっぴぃきうぃさんのお正月はいかがでしたか?

今年も素敵な1年になりますように☆

ぷん様

どうもありがとうございます。
母が私の成長を分かってくれて、喜んでいてくれたらいいな。

本当に空港での別れは切ないですね。これは離れて住んでいる限り、ずっと付き合っていかなくてなならない感情なのでしょうね。

ぷんさんにとっても今年が更に飛躍の年になりますように♪
Posted by Umi at 2009年01月13日 12:58
別れって、見送るほうがものすごく悲しいですよね。お母様も楽しく幸せな時間を過ごされたと思います。Umi さん、優しいですね。
Posted by Kickoff-T at 2009年01月17日 11:33
Kickoff-T様

そうですね。別れは見送る立場のほうが悲しく切ないですね。

母が幸せな時間だったことを祈っています。ありがとうございます。
Posted by Umi at 2009年01月18日 07:06
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL