.

2018年12月17日

一人旅の鉄則!自分の身は自分で守る!

こんにちは!Yu-miです!\(^o^)/



先日、ニュージーランドで悲しいニュースがありました。


イギリスから来ていたバックパッカーの女性が行方不明になり、その後大変残念なことに、変わり果てた姿で発見されたんです。
その女性に何があったのか、詳しくは報道されていませんでしたが、一緒にいたと見られる26歳の男性が逮捕されていました。



事件にあった彼女は私と同い年の22歳。そして、同じニュージーランドを旅行する者として、とても他人事とは思えませんでした。



ホストがそのニュースを見て、お金もなくて働くためのビザも持たずに旅行する人が多いのでこういう事件が起こってしまうと言っていました。

この彼女がどうだったのか詳しくは分かりませんが、直接お金のやりとりはなくても、WWOOFなどのエクスチェンジジョブも仕事として見なされ、観光ビザではできません。



移動費や、ホステルに泊まるお金もなく、働くことのできるビザも持っていない人たちは

ヒッチハイクをしたり、ネットで探した家に泊めてもらったりと、リスクを背負うことになります。



もちろん、時には偶然が偶然を呼んだ素晴らしい出会いや経験ができるでしょう。

でもいつもそうとは限らないことを忘れないでおきたいです。



そういう意味ではWWOOFも例外ではありません。

サイトにあるプロフィールで事前にある程度の情報はわかりますが、本当のことは出会うまで分からないのです。



しかもそのプロフィールの情報も正しいとは限りません。

子どもと孫がいるって書いてあっても、実際は離れたところに住んでいて、夫婦2人暮らしってこともありました。



私はWWOOFを7軒経験し、どのホストもとっても良い人たちばかりでした。

今のところ特にトラブルもありません。



しかし1度だけ、ホストとではありませんが、危ないなと思った経験があります。



ゴールデンベイにいた時でした。

私はその時のホストに勧められて、ハイキングコースを歩いていました。



薄暗い森の中で、人もあまりいません。

きれいな景色をみて、帰ろうとした時、1人の男性に話しかけられました。



その人はこの近くに住んでいて、キャンプをして回っているそうです。

最初は「きれいな景色だろ〜ここ大好きなんだ」という普通の会話からだんだん距離が近くなってきて

「記念に〜」と言われてハグしてきました。



ハグくらい挨拶だもんな〜と思っていたらだんだんエスカレートしてきて

「ここは人が来るからもっとプライベートなところに行こう」と言われました。



なんか変だなぁと思った私はすかさず「夕飯の時間なので帰ります!」と小学生みたいな言い訳をして逃げました。

山を降りる時も手を繋いでこようとしたり、とにかく普通ではありませんでした。



幸い私は自転車で来ていたので車に乗せられることはなかったです。

彼はキャンプをしているとは思えないような普通の車で、帰って行きました。



もしかしたら、本当に私と仲良くなりたかっただけかもしれません。が、もし何かあっても誰も助けてくれません。

自分の身は自分で守るのは、一人旅の鉄則です。



ニュージーランドは治安も良く、優しい人たちばかりで、安全な国です。

しかし同じく治安が良いと言われている日本でも事件があるように、100%の安全は無いのです。





長いと思っていたニュージーランドでの生活も、残り1ヶ月を切りました。


素晴らしい思い出と共に帰国できるように、最後まで安全に、そして楽しく旅行を続けていきたいです。



(Yu-mi)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life