.

2014年07月03日

★奇跡☆

今日は私が感じる最近の奇跡のお話をしたいと思います。

奇跡と言っても、私がただそう感じる…
というか、そう信じているお話です。

こちらでも度々書いていますが、私はこちらの園でも働かせてもらっています。
その園はもちろん日本人がいないので、日本語は使えません。
だからコミュニケーションが絶対的に英語。
でも、この園は私にとっての奇跡の園なのです。

自分の足で、CVを持っていくつかの園を回ったこと。
頑張ってきた英語で挑戦したこと。
受け入れてもらえた奇跡。
今の大好きな子どもたちに出会えた奇跡。

それだけでも、私にとってNZでの宝物のような経験です。
…が、それだけで奇跡は止まらないのです。

働き出した頃から、よく泣く子がいました。
ママともなかなか離れられない。
私はその子がとても気になって、できるだけの時間をその子に費やしました。

保育の仕事のやりがいのひとつは、そんな子が自立していくことを見届けることだと思っているので☆
以前よりは、はるかに笑顔が多くなった彼女。
ママと離れるのはまだ寂しいようですが、成長も見られてきました。
そしてそれからしばらくたった頃。

なんとその彼女のママとパパからベビーシッターを頼まれたのです。
「本当にいつもこの子をよく見てくれてありがとう!
是非時間があるときは、私たちを助けてくれないかしら?」
と…
今は、連絡を取り合いながら時間の合うときはお手伝いに行っています。

この園に来て、子どもと夢のような時間を過ごせている今。
それ以上の幸せな出来事がたくさん起こっているのです。

「うちの子、あなたがいる日をいつも楽しみにしているわよ。」
「いつまでここにいられるの?できる限りいて欲しいわ。」

などなど、お母さんから嬉しくてたまらない言葉も頂くようになりました。

現地の子どもたちと関わりたくて、挑戦したからこその今。
私は改めて挑戦することの大切さを実感しています。
可能性が0じゃないならば、何でも一度挑戦してみるべきだと。

日本にいたときは、考えられなかった出来事がたくさん起こっているのです。
そして私が今感じること。

『奇跡は起こる』ということ。

そして強く信じていることは『自分で奇跡は起こせるもの』ということ。

ふと、人生ってトランポリンみたいと思ったことがあります。
たとえ悲しいことや辛いことがあっても、その分あとから高く高く跳べるんじゃないかと。
深く沈んだ分、大きく跳べる。
ただ、深く沈みすぎて沈没しないようにだけ気を付ければいい。

人生ってときどきシンプルですよね

それでは今日も幼稚園行ってきます

140703_01_Rin_children.JPG

(Rin)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(2) | NZ Life