.

2010年10月18日

試験がはじまりました

先週から今週にかけて、私の通う学校は試験週間です。ふらふら
11月半ばには最終試験があるという変なスケジュールですが、これは地震のせい。
地震の時は「試験がなくなった!」と喜んでいたクラスメイトたちも、今は「試験が重なった・・・」とへこみぎみ。

・・・とはいえ、がんばるしかありません。

今日も、分子生物学の試験を受けてきました。
試験が延期された分先生たちも問題を考える時間がしっかりとあったようで、試験問題はみっちり、ぎっちり。
A4用紙5〜6枚が、2時間の試験ですっかり埋まってしまいました。
埋めた分、点数がとれていることを祈っています。

一風変わった試験もありました。

分類学の試験会場に入ると、Aから順番にステッカーを貼られた顕微鏡がずらり。
顕微鏡の横には、プレパラート、なんだか濁った水の入ったチューブ、カビらしきものが生えた寒天培地、そして・・・スーパーで売られているマッシュルーム?!
マッシュルームをはじめとする妙な物体(?)の前には「この生物を分類せよ」という指示書きが。
なるほど、教科書の丸暗記ではなく、実際分類ができるかどうかを見るのだなとわかりました。
一見簡単そうですが、鍵となるポイントを1つ見落としたり見間違ったりすると分類も間違ってしまうため、細部まで慎重にみていきます。
スーパーのマッシュルームを、ひっくり返したりしながら皆が神妙な顔で見ている様子はなんだかとてもこっけいでした。わーい(嬉しい顔)

留学先での勉強は、科目の理解+言葉の理解をしなければならないため結構ハード。

しかしながらテストのたびに、自分のキャパシティが大きくなっていくのがわかります。黒ハート

大変でないといえばうそになりますが、やり終えた時の達成感、そしてその後遊びに行く開放感が私は好きです。かわいい

・・・なんて書いていますが、実は明日もテストで心中はおだやかではありません。

今回の試験も分類学系統なので、百科事典とインターネットの写真、生物学辞典を机に置いて格闘中です。
英語なんだかラテン語なんだかよくわからない単語がたくさん並んでいますが、いざテストの時に「わかるのに綴れない!」なんてことにならないように、ひたすら書いて覚えています。

コース終了まであと少し。
よーし、がんばって勉強するぞ!るんるん

ひらめき
がんばってますね!、という方。
おもしろい試験ですね、という方。
もう少しで卒業ですね!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)


オセアニアブログランキング
(Noby)