.

2010年04月01日

ダイエット。

ニュージーランドの国民の関心事・・・ラグビーとクリケットの次に来るのは、ダイエットなのではないかと私は思います。exclamation
私が見る限り、新聞への登場回数も 首相<ダイエット のようです・・・。どんっ(衝撃)

この関心度の高さの背景には、世界でも5本の指に入るニュージーランドの肥満率の高さがあります。ふらふら
うろ覚えですが、確か昨年の統計では国民の4分の1近くが「肥満」に分類されていたように思います。

ちなみに、女性誌や新聞に掲載されているダイエット方法の多くが「食事の見直し」をテーマにしています。
夕食の羊肉のステーキを白身魚のグリルにしよう、フィッシュアンドチップスの回数を減らして、同じ油ものでも野菜入りの炒め物にしよう、といった具合です。

この流れの中で脚光を浴びているのが日本の食品です。
一番有名なのは‘Sushi’で、油分の少なさと魚のヘルシーなイメージ、そして昼食として食べられる手軽さが受けています。

‘Teriyaki Chicken’も負けていません。ヘルシーなイメージの鶏肉と、キウイ好みの濃い目の味付けで、Sushiの具や‘Bento’の具として(丼のようになっています)、そしてもちろん一品料理としても人気です。
また、‘Sake’を飲むくらい日本食になじみのある人たちが高確率で推すのが‘Tempura’です。
結局揚げ物に戻ってるじゃないか!と思いきや、揚げ油が植物性であること、具が野菜や魚介類であるところがヘルシーポイントなのだそうです。exclamation&question

日本で2週間のホームステイ経験があるクラスメイトのトムもよく「サケサケ、テンプーラ」と、私に向かって言ってます。
まだトムに「テンプーラ」を振舞ったことはありませんが、いつかホームパーティーでも開いてご馳走してあげられたらなあ、と思っています。

タイトルのダイエットに話を戻しますが、私はこれらの「食品置き換え法」が抜群に効くとは思っていません。
なぜなら、コンビニでジョギング帰りの人たちの接客をするたびに、思うことがあるからです。

「いつもジョギング帰りに買っていくアイスクリームやチョコレートバーが、真の問題なのではないか?」と。がく〜(落胆した顔)

そう、キウイの皆さん、おやつの量が半端ないのです。
日本人なら一度では食べきれないチョコレートの固まりも、ぺろり。
ダイエット成功への道のりは長そうです。

しかしながら、どのような理由であれ日本に親しみを持ってもらえるのは、Sushiの国出身者として嬉しいことです。


書いていて思い出したのですが、ここ最近白飯を食べていません。
今日の夕食は、久々にテリヤキチキン丼にしようと思います。
ちなみに私は、ニュージーランド風に上から細くマヨネーズをかけるのが好きです。黒ハート

・・・私のダイエット成功も、どうやらまだまだ先のようです。もうやだ〜(悲しい顔)

ひらめき
私もダイエット中です、という方。
テリヤキチキン丼食べたい!、という方。
甘いもの大好き、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング








(Noby)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(4) | NZ Life