.

2010年01月08日

アーサーズパス旅行記

あけましておめでとうございます。無事2010年をニュージーランドで迎えられてほっとしているhisawoです。クライストチャーチは年明け早々非常に暑く、32度以上の日もありました。真夏です。晴れ

さて、新年最初のわたしの記事は、年末に行ってきたアーサーズパス旅行の話をしたいと思います。一泊二日の短い旅行でしたが、わたし自身とても楽しむことができました。電車

今回の旅行の第一の目的は、トランツアルパイン鉄道に乗るというものでした。この鉄道はクライストチャーチから西海岸グレイマウスまでをつなぐ鉄道で、日本の世界の車窓からにも登場したことのある世界屈指の鉄道です。今回は途中のアーサーズパスまでの片道切符を取りました。

朝8時前、クライストチャーチの駅には多くの人が。チェックインして荷物を預けて乗車します。

100108_1_Hisawo.jpg

今回わたしの席はラッキーなことに先頭車両、前から2ボックス目、進行方向窓側というとてもいい席でした。向かいにはヨーロッパから来たというご夫妻、隣のボックスには日本人の一家らしい団体さんが座っていました。

8時15分定刻どおり出発。約2時間半の旅です。

途中スプリングフィールド駅を通過すると、いよいよハイライト、山の谷川と絶壁を抜けていきます。天気も回復しすばらしい眺めです。写真を撮りに展望デッキに行ったらすごい人で!人の頭ばかり写ってしまいました。とはいえこの目で美しい風景を見てきました。わーい(嬉しい顔)

そしてアーサーズパスに到着。このとき天気は霧雨で、傘を差して今日の宿に向かいました。今回泊まるのはMountain Houseというユースホステルで、何とニュージーランドで最初にできた歴史あるユースホステルでした。

100108_2_Hisawo.jpg

これは宿の別館のラウンジにあった記念の看板です。1934年にできたと書いてあります。

昼食後、いよいよアーサーズパスのトランピング(トレッキングとハイキングをあわせたアクティビティです)開始。天気雨の中完全武装で、まずはデビルス・パンチボウル・ウォーターフォールという滝へ。約30分後無事到着!かなり高いところから落ちてくる水しぶきと雨と汗ですでにずぶぬれです。

100108_3_Hisawo.jpg

で、さらにスタート地点に戻ってから今度はブライダル・ヴェイルというコースにも挑戦。これはけっこうタフなコースでした。雨で足場が悪くなってて、途中ひやりとすることも。休み休みながらも予定より30分ほど早く完全踏破しました!

宿に戻って速攻シャワーを浴び、夕方までひたすら山を見てぼんやりしていました。リゾート

二日目は午前中Beeping for Kiwiというガイドウォークに参加しました。くつ

これは野生のキウイバードにつけられた発信機からの信号をキャッチして追跡するというもので、キウイについての説明のあと、実際に無線とアンテナを使って信号を受信しました。実際にキウイを見ることはなかったんですが、ドロシーと名づけられたキウイが今卵を抱えていることがわかりました。参加した子どもたちも大喜びで楽しいイベントでした。代わりにケアというオウムの写真を載せときます。とても人懐っこい鳥でした。

100108_4_Hisawo.jpg

夕方にはバスでクライストチャーチに戻りましたが、ここには書ききれないいい出会いもあったりして充実した旅行となりました。これからのことに前向きになれる気持ちをもらった気がします。2010年もよろしくお願いいたします。わーい(嬉しい顔)

ひらめき
電車の旅、いいですね、という方。
私も行きたいです、という方。
滝がきれいです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(hisawo)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(8) | 旅行・イベント