.

2009年12月22日

ニュージーランドの未来

こんにちは。わたしがニュージーランドに来てもうすぐ4ヶ月になります。4わーい(嬉しい顔)

今回は、ニュージーランドという国がこの先どうなっていくんだろう、ということについて、自分なりに考えたいと思います。今回ここで数字とか出てきますがあくまで聞き書き程度なのであまり突っ込まないでいただけるとありがたいです。

ニュージーランドの未来について考える際のキーワードは、わたしは2つあると思います。

環境と移民です。

ニュージーランドの国土の面積は日本列島から北海道を除いたくらいですが、人口は400万人くらいです。横浜市の人口より少し多いくらいの人口です。

あとこれはフラットメイトから聞いたんですが、ニュージーランドの食料自給率は400%だそうです。日本の食料自給率が約40%なのでその10倍です。

そして、今年1年間日本からワーホリできた人の数は、2千人を切りそうです。うち70%が女性だそうです。揺れるハート

これらの話からわかることは、NZはとにかく人口が少ない。つまり市場が小さいということです。その代わり兵糧攻めにあっても当分耐えられるほどの食料がある。さらに日本からの人の移動は減ったとはいえ年間すごい数の移民が外国から来ます。

わたしが何を伝えたいかといいますと、ニュージーランドが今後先進国として発展していくとき、そのモデルはロンドンでも東京でもニューヨークでもないんだろうな、と思うのです。

クライストチャーチはウェリントンを抜いてニュージーランド第二の都市になったにもかかわらず、原則4階以上の建物の建築は認めていません(それ以上建てる場合は別途お金を払う必要がある)。街の景観には非常に気を使い、街にごみは落ちていないし、ホームレスもいません。つまり少なくともクライストチャーチは高層ビルの立ち並ぶ大都会という方向には行かず、ガーデンシティとして環境に配慮した街づくりを進めていくと思います。むしろ、これまで世界にどこにもなかった独自のモデルを生み出すような予感がします。

その未来を作る力として、移民の存在は欠かせません。以前ほどビザの発給が簡単ではなくなったとはいえ、永住権をはじめとした移民のビザは(特に日本人に対しては)ゆるいといわれています。政府としても税収を増やすために国民の人口を増やす必要があり、その重要な部分として移民に注目していると思います。

日本より小さい国土で、日本より圧倒的に少ない人口で、ある調査では世界一住みやすい国と評価されたニュージーランドが、これから世界に向けて発信していくのは、羊でもラグビーでもなく、街づくりそのものかもしれません。そんな国に縁あってやってきたわたしも、住人の一人として、その未来を見守っていきたいと思います。わーい(嬉しい顔)

ひらめき
なるほど、という方。
いいこと言いますね、という方。
移住したいです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(hisawo)
posted by キックオフNZ at 02:00 | Comment(3) | NZ Life