.

2007年08月07日

まだまだnew workerですが…

こんにちは、Chico*です。晴れ

お仕事を始めて、心とお財布に、生活を潤す余裕がちょこっと生じてきましたよ〜。わーい(嬉しい顔)といっても、スーパーで20セント割高だけれど柄がかわいいティッシュボックスを買ってみる、とか一番安いインスタンコーヒーを買うのをやめて、ちょっとおいしそうなのを買ってみる、とか……

この程度で小さな幸せ噛みしめています。貧乏性ですね…

今日は、ジュースバーでの私のお仕事についてです(^^)

その名の通り、バーカウンターでお客さんからジュースやスムージーの注文を受け、その場で果物や野菜をミキサーにかけて作ってお渡しする!というお店。

メニューは全部で30種類程あるのですが、メニューに無くても自由にカスタマイズできるようになっているので、お客さんは

「イチゴ多めにして」
「オレンジのかわりにリンゴ使って」


などなど好きな様に注文してくれます。

リスニングが苦手で、しかも記憶力の悪い私としては、これに毎回ドキドキ。。。レシピもなかなか覚えられず、「1piece of pineapple,2 oranges, extra ginger…えーっと」と度々呟きながら作っています。。。がく〜(落胆した顔)

それでも、お客さんがその場で飲んで「おいしい」とにっこりしてくれる時には、すごーくやりがいを感じます!わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

日本でのアルバイトと違うなぁ〜と感じるのは、とにかく仕事スタイルがカジュアルなこと。たとえば一緒にカウンターで働いている人が、

「ちょっとタバコ吸ってくるわ」とか
「クレープ買ってくるからその間お店よろしく!」と言って、平気で外出するのにまず驚きました。

カウンターには2人しかいないので、働き始めて一日目でこれをやられたときは

「ひー待って!あたしを一人にしないでーー!」

と心の中で悲鳴。。がく〜(落胆した顔)

また日本のお店でよくある仕事マニュアルも無し、また接客用語も自由!

例えば「いらっしゃいませ」の場合、

私は「Hi,Dear!」「Hi,How can I get you?」などと言っていますが、

今日一緒に働いていたイギリス人の男の子は「Hey,man! How is going?」といった感じ。

ふむ、かっこいい!

(ちなみに私の世代が大抵中学校で習っている「May I help you?」という表現、こちらでは一度も使われているのを聞いた事がありません……。)

お客さんもフレンドリーで、友達のように話しかけてきてくれたりします。日本では考えられないこの職場の気楽さ——慣れるとかなり心地良いですね!

ということで、明日もお仕事がんばります!(*^o^)/

ひらめき
ジュースバー、いいですね、という方。
私もジュースバーで働いています、という方。
イチゴ少なめにしてください、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング





(Chico*)



posted by キックオフNZ at 05:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 仕事