.

2007年06月14日

Kiwiの英語(後編)

こんにちは。晴れ

チャイルドケアセンターの仕事もだいぶなれ、職場の英語(専門用語に加え、マオリ語、今まで聞いたことのないようなニュースタイル?なのかの子供の名前、職場での特別な言い方、ものの名前など)、子供達の英語(小さい子、特に泣いてる子)にもだいぶなれてきて、だいぶ動けるようになってきたシュムです。わーい(嬉しい顔)

動けるようになってくると、少しは仕事できてる気がして、役にたってる気がして、嬉しいです。これからも頑張ろう!!!ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)

さて、NZの英語、Kiwi Englishは、イギリス英語がベースです。なので、単語、つづりも、イギリス英語です。 つづりはCenterはCentre ColorはColourなど。単語はPantsがTrousersなど。

なので、日本でアメリカ英語を勉強していた場合には、最初、とまどうかなと思います。がく〜(落胆した顔)

でも、そのうちなれてくると、両方勉強できるのが楽しいです。

例えば、友達の会話の中で知らない単語があって「△△ってなに?」って聞いて、あれ、それって○○じゃなかったっけ、、、とか思って家に帰って辞書を引くと、《△△ イギリス英語 アメリカ英語では○○》 などと書いてあったりして、二つとも勉強できたりということが、多々あります。2決定

同じ英語だけれど、イギリスとアメリカで単語も発音も違うと、結構通じなかったりすることがあります。

イギリスにいたときには、それを結構痛感したのですが、NZではそれほど困ってない気がします。

もちろん、イギリスに1年いてだいぶ単語とかを覚えたということもあると思うのですが、Kiwi(の人)はテレビや映画でアメリカのものもたくさんみてるし、イギリスの英語がベースにはあるけれど、アメリカ英語に対しても寛容というか、理解があるというか、

あ、アメリカ英語よねー。映画でみた。とか、

そんな感じで受け止めてくれ、その上で、NZでは、(イギリス英語では)△△っていうのよー などと教えてくれます。

なんかそういうの、いいなって。この国に来て思いました。

また、もちろんNZ特有の単語、発音だったり 独特の言い回し
(Cheers mate! Sweet アズ(綴りが、、、わからない、、、) など)だったりというのも 多々あって、そういうのもあわせて教えてくれ、どんどんどんどん幅が広がります。NEWサーチ(調べる)

アメリカ英語もイギリス英語も英語としてみれるNZって、いいなあって、思いました。

ひらめき
いろいろ違うんですね、という方。
私の勉強しているのは、どっちなんだろう、という方。
イギリス映画が好きです、という方。
ニュージーランドの英語もあるんですね、という方。
暑いです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(シュム)

posted by キックオフNZ at 05:14 | Comment(5) | TrackBack(0) | 英語 (English)