.

2004年11月23日

フラット探し

ニュージーランドに来てまだ間もない頃、当初住んでいたアパートの家賃が激高だということに気付いて慌ててフラットを探し始めたんです。
確かこちらに来てから2週間目くらいだったと思います。
右も左も分からなかった私は、とりあえず友達に教えてもらった情報センターに行ってみることにしたのです。

≪情報センター≫
ふむふむ、この掲示板を見ればいいのか。
うわー、いっぱいあってよくわかんないや。
しかも土地感がないからどこらへんなのかもさっぱりわからない。

とりあえずこれに電話してみよう。

「ハロー、ディスイズトモコ。アイム ルッキング ホー ニュー フラット。
プリーズ ショー ミー。」

「オッケーイ マイホームアドレス イズ ○○、△△・・。」

「サンキュー シー ユー トゥモロー。」

チャイニーズがオーナーか。
こんな片言の英語でもなんとか分かってくれた(^^;)
けど、住所聞いてもどこだかさっぱりわからないや。
とりあえず地図で調べてみよう。確かバスで10分って言ってたよね。
…あ、どのバスか聞くの忘れちゃった。。。

オークランドはバスが主流で、CITYを中心に沢山のバスが走っているのですが、これが何とも不親切。
バス停に名前が付いてないだけでなく、アナウンスもないんです。
でもそれじゃあ、初めての所に行くにはどうしたらいいのーーー???って思いますよね。私はいつも運転手さんに「ここで降ろしてください。」って地図を見せているけど、いつも忘れられないかとドキドキしちゃいます。


≪翌日≫
はーっ、やっと着いた。1時間も遅れちゃった。知らない土地に来るって大変!

コンコン コンコン コンコン

「コンニチハ、遅くなってすみません。」
「ハ〜イ、お待ちしてましたー。今うちの家内が料理中なので、私がご案内しますね。」
「ハイ、よろしくお願いします(^^)」
(一応英語での会話です。もちろん片言《笑》)

「じゃ、車のキーとってくるからちょっと待っててね。」
えっ、?車???フラットってここじゃないの?
…ってことはあのおじさんの車に乗るんだよね。。。
大丈夫かなぁ…(ーー;)
そっか、一人で見に行くのは危ないってよく注意書きに書いてあるけど、こういうことか。
けど今さら引き返す訳にいかないし…。

「お待たせ、じゃあ行きましょうか。(^^)」
「あのぉ、ここから近いんですか?」
「5分くらいですよ(^^)v」

≪5分後 フラット到着≫
よかった、ちゃんと着いた。
うーん、バス停もお店も近くて場所的にはいいけど、
...それにしても汚いなー。(苦笑)

「ありがとうございました。ちょっと考えます。」
「わかりました、決めたら電話くださいね。 じゃあバス停まで送りますよ。」
「ありがとうございます。」

ブーーーーーーン
あ、あれ?バス停通り過ぎてない!??
ひぇ〜〜〜、もしかしてこのままどっか連れてかれちゃうとかぁ〜〜〜???
「次のバス停なら運賃が安いから、そこまで行ってあげるね(^^)」
あ、そうだったんだびっくりしたぁ。(T_T)疑ってごめんなさい。

と、こんなカンジで私のフラット探しはスタートしたのでした。
今思うと、英語も喋れない、土地感もないところによく一人で行ったなと思うのですが、その時はとにかく必死でした。
でも最近、そういった日本人の女の子を狙った犯罪も起きているそうなので、フラット探しはお友達と行くことをお勧めします。(^^)/

(ちゃやんこ)
posted by キックオフNZ at 04:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | わたしの街