.

2020年07月02日

語学学校アシスタントの仕事を通して

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!



先日は、語学学校CCELの事についてお話ししましたが、今回はCCELのアシスタントの仕事についてお話したいと思います。


私がCCELのアシスタントのお仕事を手に入れたのは、かなりラッキーでした。


私がCCELを卒業しようとしていた時期に、ちょうど日本からの高校生グループが、短期留学で来ることになり、その生徒さんたちのサポートアシスタントをやらないかとオファーを受けました。


このアシスタントとして働くためには、

日本語が話せる人で、
ワーキングホリデービザを保持している人

という条件があり、


当時、ワーキングホリデーのビザを持っていたのは、私ともう一人の日本人のかただけでした。


アシスタントのお仕事は、お給料もらえるわけではないのですが、働いた分の時間、無料で英語のレッスンを受けることができるというものです。


CCELは授業の質がとても良い分、授業料は少しお高めです(笑)


なので、このオファーはとてもいいチャンスでした。
しかーし、私はカフェのお仕事と時間帯がかぶっていたため、残念ながらアシスタントができませんでした。


ですがあきらめきれず、語学学校の校長先生に、「他に手伝えることはないですか?」と聞いたところ、他の雑務サポートのお仕事があるとのオファーを受けました。


昨年から現在に至るまで、カフェのお休みの日は、CCELの事務(雑務?)アシスタントのお仕事をさせてもらっています。


アシスタントの業務内容は、部外秘なので、詳しくはお話しすることはできませんが、時々、日本人の生徒さんたちのおサポートをさせてもらえるのは、とても楽しいですし、やりがいを感じています。


現在は、新型コロナウイルスの影響で、ニュージーランド国民と永住権保持者以外は、入国できません。
残念ながら、CCELに留学予定だった生徒さんたちのキャンセルンも相次ぎ、語学学校も経営が大変な様子です。


それでも、いつでも明るく仕事をしているスタッフの方々や、先生の姿を見ていると、落ち込んでばかりいられないなと思います。


アシスタントのお仕事で気づいたのは、生徒の方々が、それぞれさまざまな思いがあって、授業に取り組んでいることです。


もちろん、英語力の強化を目指して来られるかたもいますが、多くの生徒さんは、初めての海外でとても戸惑っていることも多く、たくさんの悩みがあって、スタッフに相談に来られる方が多いです。


それでも困難に立ち向かうことで人は成長できる!



卒業していく生徒さんたちは、初日の不安な姿は一切なく、自信に満ちて笑顔で卒業していく方ばかりです。


私も日本からこられた70代の女性で、初めての海外で、2ヵ月語学学校に通いたいという方に出会いました。


最初は、違う環境下で戸惑って不安な様子でしたが、だんだんと英語が話せるようになり、自信が出てきた姿を見ることができました。


私は、その年齢で、新しい場所で、それも海外で!挑戦している彼女の姿に、とても感動しました。


言語や文化が、全く日本とは違う環境下で過ごすのは、本当に体力的にも精神的にも大変だと思いますが、それでも新たなチャレンジをしてみたいという一生懸命な彼女の姿勢に、私自身も挑戦をし続けることの大切さを感じ、自分のニュージーランドでの過ごし方や人生の過ごし方を考え直すきっかけになりました。




現在、ワーキングホリデーからスチューデントビザに切り替えてのニュージーランドの滞在を考えていますが、正直に言うと、いくつかの語学学校は生徒が入学してこないことから閉校しているところもあり、ビザの切り替えや延長も、スムーズにいくかどうかかわからない状況です。


また他の仕事にも挑戦してみようかと職探しも始めていますが、コロナウイルスの影響で仕事を見つけるのは難しいのが、ニュージーランドの現状です。


ですが、日本からの70代の生徒さんを見習って、
いくつになっても挑戦する事が出来るように、どんなに難しい状況であっても、「完全に100%無理!」になるまでは、あきらめずに私も挑戦していきたいと思います。


よし。頑張るぞ!


(kappoto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年06月29日

美しさの基準

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!



先日、日本で二人目の子供を出産して絶賛子育て中の姉とテレビ電話をした時のお話です。


姉は二人目を出産し、自分の体重が増えたことをとても気にしていました。


私もニュージーランドに来て、、、


約4キロ体重が増えました!!!!(コロナ太りが2キロです。やばい)


子供を出産後に体重増えるのは当たり前の事かもしれませんが、私は子供もいないのに体重増えすぎです。


ニュージーランドは物価が高めなので、ほとんど外食することはありません。


ですが、今フラットメイトとご飯を共にすることも多く、食べ物をシェアしているので、日本食以外のもの(パスタやタコス等)も多く食べるようになりました。


そもそも、日本食よりもカロリー、脂肪分の多い食事を沢山摂取している時点で、日本にいる時よりも太るのは当然かもしれません…


特に新型コロナウイルスでロックダウン中には、特にお腹がすいていなくても、時間になったから食べるみたいな生活+カフェで働いている時の半分くらいの運動量で、


それは太ってもおかしくないと思いました…


これからはダイエットを頑張ろうと、体重計を買うことにします。



ふと思ったのですが、今のフラットも、今まで住んでいたフラットも、どうして体重計がなかったんだろうと不思議に思いました。


フラットメイトも、「自分の体重より、見た目でしょ。」と、体重を特に気にしていないようです。


前に男友達と「どんな人を美人と思うのか」ということについて話をしたことがあります。


西欧人は、ある程度日焼けをしていて健康的な肌、健康的な体型


南米人は大きなお尻、大きな胸。パッション!で惹かれる相手


もちろん男性の好みによって様々ですが、日本ではスラっとしていて肌がきれいな人というのが美人。という概念があるような気がします。


もちろん国によって美のイメージが異なるのはわかりますが、


私もニュージーランドに来てからは


日本人的な7「痩せなきゃ!痩せてないときれいじゃない!」というような感覚から解放されたような気がします。
(だから太ったのかもしれませんが…)


私が日本にいた時、


痩せていい体型にならないといけない、


日本人は基本的に痩せているから、少しでも太っていたらデブと思われる


という恐怖があり、


常に自分自身の体型を気にしすぎて、過食症に陥った時期もありました。



今の太った体型が気に入っている訳ではありませんが、ニュージーランドにきて、


体重にこだわりすぎないで、見た目のボディラインを大切にすればいい


という考え方になったおかげで、


自分自身の中でありのままを受け入れられる、他人とそこまで比べるのではなく、


自分自身が一番健康だと思える体型を目指そう。


という考えを持つことができるようになり、少し精神的にも健康になれた気がします。



そして今までコンプレックスだった大きなお尻も、こちらではきれいと思われる事が多く、今は少し自分の体型が好きになれました。



ニュージーランドはおいしい食べ物が多いので、太るのは正直覚悟した方がいいと思いますが、


海外の人から見ると、日本人は痩せすぎだとよく言われます。


なので、安心してください(?)10キロくらいなら太っても大丈夫だと思います(笑)


私は、この痩せなくてはいけないという概念から解放されただけでも、ニュージーランドに来て良かったなと思いました。




それから余談ですが、日本人の白い肌が美しいという美の基準も、こちらでは通用しません。


むしろ日傘指しているとなんだアイツというような目で注目されますので、お気をつけて!


それではまた次回!


Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!


(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年06月18日

ベジタリアンの定義って?

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!



私のは現在4人のフラットメイトとシェアハウスをしており、
そのうちの二人がベジタリアンです。


私はニュージーランドに来る前はベジタリアンの友達がいなかったので、ベジタリアンとは何かよく知りませんでした。


私の勝手な今までのベジタリアンのイメージ=動物つまり生きているもの(肉・魚)は食べられない!と思っていました。


もちろん、肉も魚も食べないベジタリアンもいますが、ベジタリアンの定義はその人が自由に決めているようです。


私のフラットメイトは、お肉のみNGなベジタリアンです。(魚、卵、乳製品はOKです)


どうしてベジタリアンになったのか尋ねましたが、一人はもともと肉を食べる習慣がなく、肉を食べるとおなかの調子が悪くなるから食べない。という理由と、


もう一人は、一頭分肉を生産するのに沢山の飼料用穀物を栽培しなくてはならず、そのコストや環境負荷を考えた際にそれに見合うだけの肉の価値はないという理由からでした。


それぞれに理由があってベジタリアンになるんだなと学びました。



しかし、日本でお魚NGのベジタリアンの人は相当苦労するだろうなと思います。
(日本料理に出汁を使わないで作るのはなかなか難しいですし。。。)


その理由から、日本ではあまり私の身近ではベジタリアンの人がいないのかなと思います。



先日、「オクジャ」という映画を観たのですが、その映画の訴えはまさにベジタリアンや動物愛護に関してでした。


その映画でのワンシーンで遺伝子組み換えで開発された牛豚のような動物を試験的に育成し、電気ショックで殺すシーンが出てくるのですが、、酷いシーンでした。


毎日、多くの家畜たちは、私たちの食糧の為に殺されているということをこの映画から改めて思い知らされました。


もちろん今まで知らなかった訳ではないのですが、改めて思い知らされたことと、


ベジタリアンの人と住んでいることと、

彼女たちと食事を共にすることで必然的に私自身もお肉を食べることが少なくなり、環境負荷軽減と動物殺生の軽減に少しでもつながっているのであればいいなと思っています。


私のカフェにも多くのヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品、すべてNG)やベジタリアン、グルテンフリーなど、多くのそのような人たちの為のメニューがあります。

20200618_1_kapotto_menu1.jpg

20200618_2_kapotto_menu2.jpg



VG:ヴィーガン
V:ベジタリアン
GF:グルテンフリー

と様々な種類があります!


コーヒーにいれるミルクも、アーモンドミルクや豆乳、ココナッツミルクも備わっており、デイリーフリー(乳製品不使用)の人のためにも、きちんとメニューがあります。



様々な場面で、ニュージーランドは環境への意識や、それぞれの人の思想への尊重が日本よりも強く感じられます。
(もちろんこれは私の出会った人たちの影響なので、一概には言えませんが)



現在コロナの影響で二酸化窒素の排出量が一時的に改善されているというニュースを耳にしましたが、一時的ではなく、継続的に環境改善できるように、私たち自身も少し意識する必要があると感じました。


ニュージーランドに来て学んだこのことを、日本に帰っても意識していきたいなと思います。


それではまた次回!





Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年06月15日

適齢期ってなんだ⁈

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!



私は自己紹介でも書いてありますが、アラサーです!


最近私の友達と話をしていて、


「やばい!もうすぐ30じゃん!」


というフレーズをよく聞くようになりました。


歳を重ねるごとに身体的な衰えというのは進んでくるのですが、


「30までに子供産まなきゃ!」


とか


「30までには結婚したい!」


っていう友達がいますが、この「〇〇歳までに」というのは一体どこから出てくる言葉なんでしょうか?


「〇〇歳までにこうしたい」という言葉の中の「年齢」は、そのときの自分の年齢や、立場や、どこに住んでいるかなどによって、かわってくるので、私はニュージーランドに来て

「年齢ってそこまで気にするものではないのではないか」

と思うようになりました。




カフェのスタッフの一人に32歳の女の人がいますが、彼女は今が人生で一番ベストな時期で、これからライフパートナーを見つけるんだ!と意気込んでいます。



確かにニュージーランドに住んでいる友達が年齢の話をするところを見たことがないですし、


また、今のフラットメイトと年齢について話すまで、フラットメイト達の年齢は知りませんでした。




半年一緒に住んでいたフラットメイト同士でさえ、私とこの話をするまで、年齢を知らなかったようです。



日本では、年功序列という考え方があり、年齢が上の人に対して失礼のないようにと、仲良くなった相手には年齢を聞いて、敬語を使うかどうかを自然に判断している気がします。


英語を話す社会には、友達や知り合いの人に対して敬語を使う必要がないので、年齢を聞くこともないのでしょうか。


また、ニュージーランドでは仕事に応募するための面接などでも、経験や資格については聞かれますが、年齢を聞かれることはありませんし、聞かれても言いたくなければ答える必要はないそうです。



ニュージーランドは多国籍国家なので、

「この人種の〇〇歳はこのくらいの顔〜」


というような平均がわからないのも、年齢にこだわらない(むしろわからない)一つの理由なのかもしれない、と私は思います。


正直、私は、インド人や南米の人なんて、正確に年齢言い当てるの絶対にできない!(ニュージーランドに来る前にあまりあったことがないため)


西欧人は基本少し大人びて見えるから、実年齢より年下だったという事もいっぱいあります。



ちなみにアジア人である私はいつも実年齢より若く見られるので、少し嬉しいです笑

(未だに、お酒を買うときに年齢確認されるときもあります)



30歳を過ぎても、40歳を過ぎても、50歳を過ぎても、60歳を過ぎても、
綺麗で若く見える人はたくさんいる訳で、


「私はまだまだ若いわよ!」っていう80歳のお婆ちゃんなんか、とってもその年齢には思えないくらい元気で明るかったりしますよね。


「〇〇歳になる前に、結婚しなきゃいけない」とか


「子供は〇〇歳までに」


って誰が決めたり、作ったりしたんでしょう?



オランダに留学していた時は若かったので、さほど年齢を気にすることもなかったのですが、友達が結婚、出産を迎える年齢になったと気付いたこの年に、ニュージーランドで過ごすことで、


ニュージーランド人のおおらかさや、価値観の違いに気付かされ、歳を重ねる事や、年齢に縛られることなく、ありのままの自分を好きになれるきっかけを与えられた気がします(*^^*)



いくら歳をとっても、心と体が元気で、健康であれば、年齢なんて気にしないで幸せに過ごせるのではないかと思います



自分らしく生きることの大切さを教えてくれたニュージーランドに感謝!


ではまた次回



(kappoto)

posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年06月01日

国のイメージは人が作る

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!


前回は私の友達が日本語を勉強している事についてお話ししたのですが、


今回は彼らが日本語を勉強する理由についてお話ししたいと思います。



私はふと、疑問に思いました


「なぜ、彼らは日本という国でしか話せない、”日本語”を勉強するのか?」と。



私が思うに、スペイン語や中国語などを勉強したほうが、遥かに使っている人口も多いですし 、活用できる言語だと思ったのですが、、、


彼らが勉強する理由で共通しているのは、





と言うことです。



2人は日本に住んでいた経験があり、


「日本の人々と触れ合う中で、日本の文化に興味を持ち、好きになった」と話してくれました。


1人は「ニュージーランドで知り合った日本の人たちがいい人達だったから、勉強していつか日本に行きたい」という理由からだそうです。


これを聞いて、日本人で良かったな。と嬉しくなりました(*^^*)


私の友達のように日本の人々の良さというところから、日本を好きになってもらえると本当に嬉しいですし、日本人であることに少し誇りが持てる気がします。



反対に、私もニュージーランドが好きになったのは、


「ニュージーランドの人々のフレンドリーなところ」です。


ニュージーランドに到着した初日、オークランドの電車でどこで降りるか困っていた時、


駅の車掌さんが丁寧にやさしく乗り換え方法を教えてくれたことから始まり、


街中で見ず知らずの人にも気軽に「Hi,」と、声を掛け合うニュージーランドの人々


「Hello.How are you?」



ー「I am good.」


ー「Uhh.. I am good.. but I am tired because…」


からはじまる何気ないお客さんとのやりとり


(接客用語ですが、そこから会話が広がるのっていいなと思います。日本人の「いらっしゃいませ」はそこから会話が続かないため、何もお客さんから引き出せないなと今は感じます。)


街中でも気軽に声をかけてくる人たち(散歩しているおじいちゃん等)。


日本だとなかなか気軽に他人に声をかけることが難しいです。
変な人と思われてしまうのではないかと恐れてしまう気持ちがあるためです。

しかし、ニュージーランドに来て、気軽に、見ず知らずの人でも声をかけるようになってしまいました!

(これで日本に帰国して同じようにやったら、きっと「変な人」という目で見られるだろうなと思います(^^;))




オランダに住んでいた時には、もちろんオランダ人の友達はとても良くしてくれましたし、


ヨーロッパの文化が好きなので、それはそれでいいところがあったのですが


やはりアジア人であることで差別されたり、


街中で気軽に声を掛け合うということもなく、


ニュージーランドのように、「人が好きだから国が好きになった」ということはなかったように思います。




ロックダウンの時に改めて感じさせられましたが、


人は人とつながっていないと生きていけない


という事を思い知らされた今、ニュージーランドの人たちは、本当に暖かいな、と感じます。

「人と気軽に接すること、人が温かく、親切であること」

が、その国を好きになる理由でも不思議はないなと感じます。



ニュージーランドに来られたら、ぜひ、「日本の良さ」も然り、「ニュージーランド人の良さ」も感じてみてください。



それではまた次回!





Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年05月18日

ニュージーランドのカフェで働いてみませんか?

こんにちは

ニュージーランドもようやくレベル2に引き下がり、私は今日から働ける事になりました〜!!

うれしいです

今日は、私のカフェのお話をしたいと思います。

私の働くカフェは、クライストチャーチにある一番大きなモール、Riccarton Mall(リッカートンモール)の中にある「THE COFFEE CLUB」というオーストラリア、ニュージーランドを拠点にしているコーヒーチェーン店カフェです。

クライストチャーチで一番、大きなショッピングモールということもあり、平日休日問わず、たくさんの地元の方々が買い物をしにきています。


しかし、新型コロナウイルス以前の状況にすっかり戻ったとは言えず、

仕事を再開できたとは言え、

客足は遠のいているなと感じています。


それは、レベル2には、いろいろな制限があるからだと思います。

例えば、イートインスペースは、座っている人たちの間隔を1〜2メートル以上、開けなくてはいけないこと、

オーダーを取る際は、今までカウンターに来てもらっていたのが、お客様の座っているところまで行って注文を取ること、

ひとつのテーブルにひとりのサービス担当者がつかなければならないことなど

厳しい決まりがあります。


モール自体は、今まで買うことができなかった商品を買うために買い物にくるお客様の数は多いのですが、カフェや飲食店にはお客様の数はそれほど多くないです。

新型コロナウイルスの影響が出ていると思います。


私自身は、

常連のお客様に再び会えることや、ショッピングモールで働いている顔見知りの方々など、会いたいと思っていた人たちに会えるのは、
本当に嬉しく、


この仕事ができていることに「充実感」と「喜び」を感じています。


また今、私はマネージャーのオファーを受け、Front of house(オーダーを取ったり、サーブをしたりするいわゆるウェイトレス)の仕事以外で、

Barista(ホットコーヒーやカフェラテ等をつくるポジション)


のトレーニングもさせてもらっています!


20200518_1_kapotto_mika..jpg

もともとBaristaのポジションには興味があったのですが、Baristaを最初から学ぶ為には専門学校での講習等が求められることが多く、時間とお金の都合上、「厳しい!」と思っていました。

ですが、私が働いているカフェの会社はスタッフに興味があれば、Baristaのトレーニングコースを受けるチャンスがあるんです!

私自身もオンラインの講習を受けて勉強し、現在はラテアートのトレーニングをさせてもらっています。


ワーキングホリデーでくる多くの方は、働いて、現地の人たちと交流、語学力や経験を培うのを目的にしているのではないでしょうか。

私自身も、「現地の人と一緒に働きたい!」と思っていたので、今までのサービス経験も活かし、現地のレストランやカフェをメインに、職探しをしていました。

カフェで働く際に求められる語学力は「おおよそ、TOEIC700点以上」と聞いたことがあるのですが、私自身、ニュージーランドに来る前はTOEIC700もありませんでした。


最初は、全くKiwiアクセント(ニュージーランド人が持つ独特の英語の発音の事です)にも慣れず、オーダーミス等、毎日悪戦苦闘していました。

今でもたまにミスをしてしまうこともありますが、今はお客様が何を言っているのか、大方理解できるようになりました。


カフェで働くということは、語学力の向上、現地の人との交流等、いい経験になると思います。

Baristaに興味のある方は、私のように、まずはFront of houseのポジションから働き始め、マネージャーさん等に相談してBaristaのトレーニングをさせてもらえる場合もあると思います。ぜひチャレンジしてほしいと思います


また機会があれば、職の探し方やCVの書き方についてもお伝えしたいと思います(*^^*)


スチューデントビザで来られている方も、週20時間以内など、就労可能な場合もありますよね?


カフェはパートタイムでの人材募集をしているところも多いので、ぜひ英語力向上のために、カフェで働いてみてはいかがでしょうか?



以上、今回はカフェのお話についてでした!



Au revoir!

See you soon!

Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2020年05月14日

ケンカッ!

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!

kapottoです!


いよいよ本日から、level 2です

国内のカフェ、レストランは本日(2020年5月14日木曜日)からオープンできることになりました!


やっと働けます!嬉しいです
(*^^*)


今回は、引っ越して感じた異文化の違いについて、話したいと思います!


現在私はクライストチャーチに住んでいるのですが、今まで2回引っ越しをし、3つの宿泊先に住んでいました。

一つ目はAirBnBで2か月の期間のみの滞在、

その後、友人の紹介で入ったフラット、

そして、友人に招待されロックダウン後に引っ越しをした、3か所です。

気心の知れた人達とのシェアハウスは本当に充実しており、楽しい日々を過ごしていますが、先日その友人とささいなきっかけで言い合いになりました。


私はその友人の態度に少し不満がありましたが、意見の衝突を避けようと思い、話題を変えようとしました。


彼はそれに気付いて、なぜ不満を言わないのかと、理由を聞かれました。

もし、ここが日本で、日本の友人と、この状況だったら、「私が話を逸らす=深入りしてほしくないのだ」と察して、話題をかえたことに気づかないふりをしてくれると思います。

日本では、人は言わなくても察する、ハイコンテクスト文化なのだそうです。

ハイコンテクスト文化というのは、言葉や志向性や知識、価値観などの「コンテクスト」の共有性が高い文化のことで、伝える努力やスキルがなくても、お互いに相手の意図を察しあうことで、なんとなく通じてしまう環境のこと、だそうです。

私は、彼の態度の事に不満がありましたが、

彼との関係を崩したくないし、

そこまで重要な事ではなかったので、

言わなくてもいいか

と思っていたのです。


しかし!!

彼は言わないと伝わらない文化(ローコンテクスト文化)の人だったのです。


「不満があるなら言ってくれないとわからない」と、


私が言うまで話をぶり返してきました。


最初は面倒だと思っていましたが、結果的に、この言い合いで私自身も彼に対しての不満を解消することができたし、彼も態度を改めるきっかけになったと思ってくれたようです。



この言い合いがなければ相手に伝わらず、また不満がたまっていく事になっていたと思います。


社会人で働いていた時、どうしても私自身は納得がいかない事があっても、

自分の意見を押し殺すことで職場の人間関係をうまく保つということが多々ありました。


また、それが普通の事だとも思っていました。


今回彼と話し合ったことで、

「自分の意見をいうことの大切さ」

「お互いの解決策を見つけることの大切さ」

を思い出させてもらうきっかけになりました。



海外に来ると、日本のような「言わなくても察する文化」が通用しないことでで戸惑うこともありますが、

「自分の気持ちを相手に伝えることがいかに大切か」

を教えられることもあります。


ニュージーランド暮らしている日本人は、自分の意見や気持ちを正直に言え、自分のアイデンティティを保つのが上手な人が多いと思います。


これも、きっと、「言わないと伝わらない文化」での経験を通して学ぶことがあるからだと思います。



これは、海外で暮らして得られる「価値のある経験」のひとつだと思います。


ぜひ多くの方に、

「自分の気持ちを言ってよかった!」

「自分の要求をうまく伝えられてよかった!」

という経験をしてほしいです。



以上、今回学ばせてもらった事でした!(*^^*)


Au revoir!

See you soon!

Ka kite ano!


(kapotto)

posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年12月02日

もうすぐクリスマス☆

こんにちは^^



すっかり夏らしい天気が続いていますが、ニュージーランドは日本と逆の季節!


ということで、日本に居る家族や友達と話していると「あれ?今、日本は冬なんだなー」と(;’∀’)


わたしの中での12月は「冬!雪!」というイメージなので、12月の夏はとっても新鮮というのと何だか年末感がない!!(笑)


先日、ロトルアの街にもクリスマスツリーが飾られました


20191202_ヒロミ_1_クリスマスツリー.jpg


ちょうど昨日、友達と夜出かけた時に写真を撮りました



友達が「これから点灯するんだよ〜と」と言っていたので、また点灯後に写真を撮りたいと思います^^☆




わたしは去年、まだ語学学校に通っていたのでサマーホリデーという休暇を利用して日本に帰国していました(*‘∀‘)

なので、ニュージーランドでの年越しをまだ体験していません!(;^ω^)




今年はニュージーランドでのクリスマス、年越しを迎えることになります





オークランドやクライストチャーチでは年越しのカウントダウンのイベントで花火が上がったりするそうです☆楽しそう!!



去年、わたしが日本に帰国している間、友達がカウントダウンの様子を写真や動画で送ってくれました^^





クリスマスまであと1カ月切っていますが、サンタクロースパレードなど今週末行われるみたいです☆彡


ただ日中のようだったので仕事が休みであれば行けるかなー^^






街にクリスマスツリーが飾られすっかりクリスマスムードですが、スーパーやいろんなお店でもクリスマス特集などたくさん(*^^*)


クリスマスといえば、クリスマスプレゼント!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


The warehouseも普段と違いクリスマス用のデコレーションやプレゼント類がいっぱい!

お手頃価格なものも多いので、ちょっとしたプレゼントにも良さそう(^^♪


クリスマスカードも可愛いものがたくさんありました♪



ニュージーランドだけではないと思いますが、クリスマスは家族と過ごすのが一般的です。
日本はカップルで過ごす人達は多いですよね^^




その為、多くのレストランやカフェなどは休みだったり、営業時間を短縮したりします。




日本ではどちらかと言うとクリスマスより年越しの方が大きな行事な印象です。








そしてクリスマスの翌日に忘れてはいけないのが、ボクシングデー!!


ボクシングデーには、年に一度の大セールがあります!



KathmanduやMacpacなどのお店でもセールが行われるようなので要チェックです(^O^)/




もうすぐ12月ということで、気が早いのですが自分が持っている不要な物を処分し始めました。


引っ越すたびに増えていた荷物や洋服類を年末までに、整理していきたいと思っています!












(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月28日

ニュージーランド内のイベント♪

こんにちは^^



最近は、夜8時でも明るいロトルアです(゚д゚)

少し時間の感覚がずれてしまいそう・・・・・ですが!

長い時間、外が明るいので仕事の後でも何処かへ出かけたくなるほどエネルギーも漲ってきます!

朝起きるのも冬に比べると起きやすいし、朝早くから出かけたくなります(*^^*)


先週末も良い天気で外に居て少し歩くと汗をかいてしまうほどの気温でした。
そして紫外線も日本の7倍ほどにもなるので、帽子・サングラスは必須です!






先週末に、Diwali festivalというイベントがロトルアで開催されました



Diwaliはインドのヒンドゥー教のお祝いのことです。
ヒンドゥー歴の第7番目の月の初めの日 新月に開催されるようです。


ニュージーランドで開催されるイベントについては、実際の日より早かったり、遅かったりするようです。




ロトルアの街の中心地に特設ステージが設けられ、夕方からのスタートとなりました。
ダンスや歌などのパフォーマンスが夜9時頃まで行われ、盛り上がっていました

多くの見物客でにぎわっていました





オークランドでも毎年Diwali Festivalが行われています^^



わたしは、去年オークランドに住んでいたのでオークランドのメインストリートQueen streetで行われているイベントに行きました♪大規模なイベントです。

インドの伝統や文化を肌で感じることができるお祭りです☆

数多くの屋台もあり、インド料理も堪能できます(・∀・)



このフェスティバルの他にも、ニュージーランドで開催されるイベントは数多くあります



―イベント情報はどうやって得ているの??

わたしがいつもイベント情報などのチェックをしている時に見るのが、「Eventfinda」というサイトです!



地域ごとに検索できるのでとっても便利

入場料やイベント開催時間など細かい情報が載っているのでお勧めです(*‘∀‘)

毎週何かしら何処かで行われているので、留学中やワーホリ中、旅行中の時にも覗いてみたいものです


フェスティバルの他に、コンサートや展示会などいろいろなジャンルがあるので、「今週末は何、何処に行こうかなー?」という時にも使えます


また、オークランドなどでしか行われないイベントがあったりすることもあります。

ファーマーズマーケットなどは毎週末、いろんな地域が開催されていますが(^^♪




もちろん、インドだけでなく日本のお祭りにも参加できるイベントが毎年開催されています(^O^)/


わたしはオークランドとクライストチャーチのイベントのどちらも行ったことがないので、どちらかは行ってみたいと思っています(^^)!



夏は楽しいイベントが盛りだくさんでどこに行こうか悩みますね(^O^)/



(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月25日

自然探検!

こんにちは、ヒロミです^^


今日は、わたしがこの間行ったロトルア市内のウォーキングできる場所をご紹介したいと思います!


わたしは車を持っていないので、バスでその場所まで向かいました。
バスで30分くらいだったと思います。
ロトルアの街にあるI-siteの近くから循環しているバスに乗り、その場所へ向かいました。
バスに乗っている人がとても少なかったです・・・おそらく平日だったからだと思います。

駐車スペースが設けられていたので車で行っても心配ないです。その日は2台しか停まってなかったです。


わたしがこの日に行った場所は、Mt Ngongotaha Nature Loop Trackです。


ここは長くもなく、短くもなくという感じで丁度良い距離の散策を楽しめました

途中でJubillee trackというコースにも行けるように繋がっているので、コースを変えてもっと長くウォーキングするのもいいな〜と思いました。
ただ、そのコースの終わりには景色は望めない。と説明書きがあったので、わたしは行きませんでした。Nature Loopより距離も長くなります。



何故ここに行こうかと思ったかというと、7月からロトルアに住んでいるものの街近くで歩ける所を行きつくした気がしたので、少し違った雰囲気の所で歩いてみたいと思ったからです。

この看板を発見し、スタート

20191125_ヒロミ_1_写真1.jpg


すれ違った人は1人しかいなく、のんびり自然を感じ良い気分転換に(^^♪


アップダウンがあまりなかったのでそこまで疲れなかったのでオススメです。



20191125_ヒロミ_2_写真2.jpg




最近、天気が安定してきたのでまた自転車に乗るようになりました。

でも、雨の日はやはり乗りたくないです・・・雨の日用の雨具やプロテクターなど販売していると思いますが、結局濡れてしまいそうなので・・・(-_-;)


ですが、夏は特に自転車で出かけるのが気持ち良いです!風を感じ心地よい。

普段は徒歩なので、歩いている時に知らなかったことなどを発見できることもあります



ニュージーランドに来てからしばらく経ちましたが、日本では考えられないような生活を過ごしているなーと思うことが多々あります。


休日にはできるだけ外出して何かしたいと思うし、時間が限られているのでできるだけ時間を大切に使いたいと思うようになりました。特にワーホリは1年間と限られているのでより充実した生活を送ろうと決めていました。


もちろん疲れてどこにも出かけたくない時もありますが(・・;)


日本で大好きだったテレビも見ることがなくなったし、そもそもフラットにテレビがなかったりして興味がなくなりました・・・。



洋服だって、不要になったら捨てるのではなくて寄付したり・・・



また、ものを大切に使うようにもなりました。




ニュージーランドに来てから良い方に変わったことがたくさん。





滞在もあと残り数カ月となりました。









(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月18日

ニュージーランドでの生活

こんにちは、ヒロミです



ニュージーランドには多国籍の方々が住んでいるので、多国籍レストランが豊富にあります。

インディアンレストラン、ジャパニーズレストラン、チャイニーズレストラン・・・などアジア系のレストランが多いというイメージです。

特にオークランドには多く、外食する時に行くことが多かったです。


ニュージーランドで出会った友達も、日本食では寿司しか試したことがないという人が多く、他の料理も食べてみたい!ということで、いろんなレストランに食べに行ったりしていました。

わたしの地元の山形では、多国籍なレストランはほぼなくいろんな国の料理を食べてみるということができませんでした。

例えばですが、ジャパニーズレストランに行くとしたら、日本で食べる味と一緒というわけではないのですが・・。


また、日本ではラーメンなどの汁物系の食べ物はテイクアウトできないのですが、ニュージーランドだとできちゃいます(笑)

最初は衝撃を受けましたが・・・(;’∀’)味が変わりそうだし、麺はのびそうだしで・・。


ですが、実際にテイクアウトする人はやはり多いと感じます。
特にランチタイムなどに合わせて店に買いに行き、オフィスや近くの公園などでランチを食べるというスタイル。

学校に通っていた頃は、時々外に出てランチを食べたりしていました



あと、気づいたことは、コーヒーを片手に街行き人がとても多いことです。

日本では、どちらかというとカフェ店内で時間を過ごす人のほうが多いのではないのでしょうか?

ニュージーランドでは出勤前などの朝はコーヒー!という人達が多いのかもしれません。




またニュージーンランドに住んでいる人達は朝起きるのが早いイメージです。
朝早く起きる分、夜は早く就寝。まさに早寝早起き!規則正しい生活で健康に良さそう


マッサージなどのサービスのプロモーションでも、Early bird割引というサインをよく見かけます。
朝の予約の際には割引といった感じのサービスもあったりします(゚д゚)!




そういった国民性なのか、レストランやカフェは日本と比べて早く閉店します。

日本から来たわたしにとっては時々、不便さを感じることもありますが・・・。

個人的には、カフェの閉店時間がもう少し遅くなってほしいなーという願望はあります。




日本ならコンビニが24時間オープンしているのは当たり前だし、夜中でも買いに行けます。

海外に初めて出た時はそれにすごく驚いたことを覚えています。


ですが、ニュージーランドがわたしを変えたといってもいいほど、今は規則正しい生活を毎日送っています。







(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月14日

風邪

こんにちは。


先日、27度ぐらいまで気温が上がったロトルアですが、そのせいか身体がついていけず風邪をひいてしまいました・・・(´;ω;`)



ニュージーランドに来てから何度か風邪をひいたことがあるのですが、日本の風邪とはちょっと違う?と聞いたことがあります。


それは咳が止まらない・・・ということです。

もちろん人によって違うと思いますが、わたしがニュージーランドに来て1、2カ月経った頃に風邪をひきました。


なかなか治らなく、喉の痛みなどは治まっているものの咳が止まりませんでした。


わたしは日本の海外旅行保険に入っていたので、通訳さんが病院に一緒に来てくれいろいろ教えてくれたのです。

通訳さんの知り合いの方は何と3カ月も咳が止まらなかったとか?!


日本に居る時よりは体調が戻るのに時間がかかりましたが、数週間で体調は元通りに。


ニュージーランドでLemsipという名前の風邪薬をよく買うのですが、これが一番わたしの症状に効きました。
レモン味の他にも種類があるようですが、わたしはいつもレモンのものを買って「風邪っぽいな。」という時に服用すると即効きます。


パウダー状の薬でお湯で溶かして飲むというタイプの薬です。
説明書きには、お好みでハチミツを入れてもokと書いてあるので入れて飲みますが、薬の割りにおいしいです(笑)



あとは、自分でホットハチミツレモンなどを作って飲むと、喉がとっても楽になります。



ニュージーランドといえば、ハチミツ!


風邪の時もハチミツを食べます。喉の痛みを和らげてくれ、症状が軽くなりました♪




日本では風邪をひいている時にマスクをかけるのが普通ですが、海外でマスクをしている人は見かけません。
むしろ、マスクをしているとちょっと変な人?などと思われてしまうようです・・・。




日本に居た頃はすぐにかかりつけ医に行き、薬を処方してもらうということが普通でしたが、今はできません・・・。


とにかく身体を休めることが大切ですね!あとはバランスの取れた食事と十分な睡眠!


シンプルなことですが、今回の風邪でまた改めて感じました。




わたしが風邪をひいている間(今回だけではないです。)、フラットメイトがお粥をくれたりしました。

1人暮らしだと自分で何か買い出しに行ったり、作ったりしないといけないので辛いのですが、誰か一緒に家に居ると助けてくれるのでシェアの良い所に気づきました。


フラットに住んだことがある人ならこんな経験があるのではないのでしょうか?



風邪をひいてからもうすぐ1週間経ちますが、ちょっとずつ良くなってきました(^-^)






(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月11日

オススメ品

こんにちは!


今日はわたしが使っているオススメのものをご紹介したいと思います(・∀・)


ニュージーランドのお土産としても有名かもしれませんが、プロポリス配合の歯磨き粉。

20191111_ヒロミ_1_プロポリス.jpg



実は最近使い始めたのですが、既に気に入っています


フッ素が入っていなく、パラベン不使用、天然成分で作られているので使用していて安心です。
優しいペパーミントの香りがして、歯磨き粉は口の中がさわやか!


最近では、日本でも販売しているようです!


お土産屋さんでも購入できますが、スーパーでも購入可能です。

わたしが購入したのは$5ほどでした。







写真左のマヌカハニーブレンドのボディローション


20191111_ヒロミ_2_ボディクリーム&ハンドクリーム.jpg



特に冬の間は乾燥するので、こちらをずっと使っていました(*^^*)


優しいハチミツの香りもして癒されます。


お土産用として販売されてますが、自分用として購入し毎日使っています。


ボディローションだけではなく、リップクリームやフェイシャルクリーム、美容液など商品の種類が豊富です。



写真右のラノリンのハンドクリームは羊の写真が可愛らしい


このハンドクリームもとっても良い香りがして保湿もばっちり(^^♪
毎日使っています!


サイズもいろいろあり、わたしはポーチなどに入るサイズのものを使っています。



ニュージーランドで生活をしていると、日本へ帰国前とかでない限りお土産屋さんに行くことがあまりないのですが、誰かへ渡す前に自分が使って良かったものを渡したいので、時々、気になるものを購入して実際に使っています。




普段から飲んでいるKiwiのジュース☆



20191111_ヒロミ_3_ジュース.jpg


これは友達にお勧めされて買い始めたのですが、とっても美味しいんです😋


わたしは元々キウイフルーツが大好きなので、このジュースはすぐにハマりました!
このサイズで$4ほどだったと思います。


このジュースの他にも、ほぼ毎朝キウイフルーツを食べています(^-^)



先日、スーパーに行った時に野菜が少しずつ安くなってきていると感じました。


わたしの記憶の中では、冬はトマトが$5以上/sくらいの値段でしたが、先日行った時には$3/sくらいで売られていました。

冬の間は、野菜の値段が高いので毎回スーパーに行く毎に驚いていたのですが・・・

最近になって、値段も変わってきているのかなと思います。




あと最後にこちら。


20191111_ヒロミ_4_サイダー.jpg


アップルサイダー(お酒です)
わたしはビールの方が好きですが、ニュージーランドにはこのタイプのお酒もよく見かけます。甘くて飲みやすいです。


最初にこのパッケージを見たときに、ジュースだと思いましたがお酒でした(-_-;)




では、またのブログで






(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年11月04日

休日のマーケット

こんにちは、ヒロミです^^


今日は天気が良く温かい日。
街中では半袖の人達を多くみかけました。

晴れの日は気持ちが良く、どこかへ出かけたくなります!



ロトルアには、毎週木曜と休日にマーケットを開催しています。


先日久しぶりに木曜のナイトマーケットへ行きました。


前から食べてみたかったフレンチクレープ


チョコレートとバナナのクレープを買いました(*^^*)

でも、やっぱり生クリームがほしい・・・。

20191104_ヒロミ_1_クレープ.jpg

開店したばかりで並ぶことなく買えてラッキーでした

人気のお店は良く行列ができるので、並ばなければなりません・・・。


前に買った、ポークベリーのお店も行列ができていて試しに買ってみたのですが、量が多く大満足でした


平日の夜にもかかわらず、多くの人で賑わいます!




そして、その週の日曜の朝。

タウンに住んでいるとマーケットへもすぐ行けるので嬉しい(*´ω`)

日曜に同じ場所で開催されているサンデーマーケットへ♪



焼きたての美味しそうなパンが売っているので早速買ってみました☆

アーモンドクロワッサンが大好きなので、迷わず購入(・∀・)

甘くて美味しかった〜😋


20191104_ヒロミ_2_クロワッサン.jpg



コーヒーを販売しているお店には、列ができていました(゚д゚)

ニュージーランドはコーヒーが美味しくカフェも多くあります。







レイクフロントパークまで散歩がてら歩いて行くことに。



こちらでも食べ物を売っているお店が何か所かとフリーマーケットのような感じの雰囲気のお店がいくつかありました。




ロトルア湖では、おそらく遊覧飛行を楽しむ観光客がいました。


20191104_ヒロミ_3_湖.jpg


その近くに、Lady Jane’sという有名なアイスクリーム屋さんがあります(*´ω`)


これまで何回かお店の前を通ることはありましたが、いつも行列ができていて並びたくないわたしは素通りしていました(・・;)


ですが、この日はあまり列ができていなかったので買ってみることに(^^♪



20191104_ヒロミ_4_アイス.jpg


アフォガードのアイスクリームにチョコディップ+ホイップクリーム&ナッツをトッピング♡


いろいろトッピングができるので、何にしようかな?(・∀・)と悩みます!


アイスクリームサンデーというのも美味しそうでした!😋



以前のブログにも書きましたが、ニュージーランドはアイスクリームの消費量が多い国で有名です




日本にも休日マーケットを開催している所はあるのでしょうか???


わたしの地元では見たことが毎週ではないですが、時々、地元野菜などを販売しているのを見かけたことがあります。

Take awayなどできる商品を販売したら、もっと賑わうのでないのかな〜と思います。





(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年10月10日

ニュージーランドでは普通?!

こんにちは、ヒロミです



今日は、ニュージーランドでは普通?!な事について紹介したいと思います(*^^*)




ニュージーランドに来てから驚いたことがいくつかあります。



その1

大人も子供も裸足の人をよく見かける!

特に夏はもっと多い気がします)
これはビックリしました!足の裏痛くないのかな〜とか、靴を履くのが面倒なのかな〜とか、靴を履き忘れたのかな〜とか・・・。
理由はよくわかりませんが、全員ではないですが裸足の人たちが多いです(笑)



その2

プリペイ(前払い)制度の契約(スマホなど)について。

日本では、月契約もしくは年契約などが当たり前で、月々支払いをするのが一般的だと思いますが、ニュージーランドでは課金のように必要な分だけトップアップして利用する人が多いのかな〜と思います。プランも様々で自分に合ったプランを選べるのも便利だなーと思います。



その3

ペーパーレス!

携帯電話の契約にしても、銀行口座の開設にしても書類などではなく、タブレットなどを使用し署名するのみ。日本ではいろんな書類を記入して、印鑑を押して・・・という紙をたくさん使用しますが、ニュージーランドは違うかなと思いました。



その4

どんなに小さな街に行っても、1件すし屋がある(笑)

これは言われて気が付いたのですが、確かにどんなに小さな街でもだいたい1件はすし屋があります。そのぐらい人気?!


その5

ニュージーランドスラング(英語)。

ニュージーランド人達が使うスラングは多くあり、聞きなれないワードは「えっ?」となることが多かったですが、少しずつ慣れてきました。

例えば、「Ta」(Thank you)は良く耳にすることが多いです。若い世代だけではなく、大人も使うのに驚きました。便利な言葉です!



その6

スーパーなどで多く買ってもお得じゃない?!


大きいお得用のものを買うより、小さいサイズのものをいくつか買ったほうがお得な時があるます(笑)計算しないといけないので面倒です・・・。



その7

車の駐車時には頭から突っ込む?!

日本での運転に慣れていると、出る時のことを考えてバック駐車する人が多いと思いますが、ニュージーランドではめったに見かけません。
みんな頭から突っ込み駐車!たまに出づらい時があると思うのですが・・・。


その8


天気予報はあまりあてにならない。傘を差さない人が多い。


場所によって1日の中でも、天気が目まぐるしく変わるので予想が難しいです(・・;)
あまりに傘をささない人を見かけるので、傘を持っているのかな?と考えてしまいました。
何故が売っている傘はとっても大きく持ち運びに不便な邪魔になりそうなサイズ(笑)





この他にまた気づいたことがあったら、またのブログでご紹介したいと思います



(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(2) | NZ Life

2019年10月03日

ニュージーランド国内最大級のアグロドーム☆

こんにちは、ヒロミです^^


先日、羊の毛刈りショーやファームツアーなどに参加できるロトルアの近くにあるアグロドームへ行ってきました(*^^*)



羊の毛刈りショーはどんな感じなのだろう・・・。


と思ってはいたのですが、羊によってもみんな違うので大人しい子もいれば、暴れてしまう羊もいるようです。

羊毛は重いイメージがありますが、羊たちはこの毛刈りをしないと自分の毛の重さで、命の危機に陥ってしまうこともあるそうです・・・。


毛刈り自体はあっという間に終わりました!毛刈りをされた羊は少し恥ずかしそうに見えました。



ついに!ステージ上に羊たちが登場し、19種類の羊が!^^
Romney,Corriedale,Drysdaleなど、1匹ずつステージ上に登場

20191003_1_ヒロミ_アグロドーム@.jpg

すぐ来てくれる羊もいれば、なかなかステージ上に上がって来ない羊もいたり。
その様子が面白かったです(笑)

あれまでに多くの種類の羊たちを見たことはなかったので、感動しました!

20191003_2_ヒロミ_アグロドームA.jpg

ショーはヘッドフォンを装着し、同時日本語通訳があります

19種類もいたら、みんな同じに見えるんじゃないか?と思っていたのですが、そんなことはなく、みんな個性があり全く違います!



最後にステージ上に登場したのがMerinoメリノだったのですが、さすがです!貫禄がありました!(笑)


なんとこの19匹の羊たちはAll Mens!


選ばれし羊たちはアイドルのような存在だそうですよ




こちらのアグロドームへ行く数日前ほどに、「世界で最もかわいい羊」と言われているヴァレーブラックノーズという種の羊の赤ちゃんがやってきたとのことで、実際に会えたのですが、とっても可愛いんです!
スイス生まれだそうです。

白黒にはっきり分かれたふわふわでカーリーヘアなのが特徴♪
可愛いのは赤ちゃんの時だけでなく、大人になってからも可愛いんです♡

ステージ上に少しだけ登場したのですが、見ているだけで癒されました😊




牧羊犬も登場し19匹の羊の背中を走り渡るパフォーマンス!

その最中、羊たちはビクともせず、とーーっても冷静で落ち着いていました(笑)
毎日のことなので、慣れているとのことでした(笑)





そのショーが終了後、牧場ツアーにも参加しました。
トラクターに乗って、アグロドームの敷地内をまわることができます。


総敷地面積350エーカーというニュージーランド国内最大級!!

実際に牧羊犬が羊たちを移動させる様子など見ることができました。この日は失敗していましたが(笑)


こんな日もあります!

その後、アルパカや羊たちにエサをあげたりなどできる機会があるので、動物たちと触れ合うことができます☆





ハチミツやキウイジュースの試飲などもでき、楽しい1日となりました



(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年09月26日

ロトルアのさくら

こんにちは、ヒロミです^^

まだ朝・晩は寒いものの、日中はだんだんと過ごしやすい気温になってきました
また今日から天気が崩れるようですが・・・。(´;ω;`)



先日、フラットメイトと話しをしていて桜を見たい!という話になり、
ロトルアのTihiotonga Centennial Parkという公園へ行ってきました(*´ω`)

わたしたちは自転車でその公園へ向かうことに(゚д゚)


軽い気持ちで提案したものの、これが結構しんどかったです。
地図上ではわからない坂道などあり、何度かへこたれ(笑)



やっと着いた!と思ったら、あれ・・・桜はどこだろう・・・?と。



自転車を停めて、公園内を歩いて行ったら、桜ありました!

DSC_1892.JPG


春を感じられました


ここにある桜は日本人の方により入植された桜のようでした。


この公園へは初めていったのですが、羊がいてニュージーランドらしい公園だな〜と思いました。緑の草原が綺麗で、横になりたい気分・・・(笑)


オークランドに、One Tree Hillという場所がありますが少し似ているかな?



桜の他にも綺麗な色の花々が咲き始めていて、久しぶりに休みを満喫できました


桜の木の下では、シートを敷いてピクニックを楽しんでいる人がいたり、日本人グループ?による太鼓の演奏があって、桜の木のそばでゆっくり過ごせました。


DSC_1893.JPG

最近ずっと仕事が忙しく久しぶりの休みだったのですが、家に引きこもらず(笑)出かけられ良かったです(;´∀`)


この日、久しぶりに自転車に乗り、いい運動にもなりました(・・;)

アップダウンのある道は体力を相当使います(´;ω;`)
アパートにジムはあるものの、なかなか黙々と1人でトレーニングを続けるのは辛いですが、自転車へどこかに出かけるのなら、景色を見られるし気分転換にもなるかも?^^





日本は今、夏の終わりでこれから秋。
ニュージーランドは逆でこれからが春・夏を迎えます。

もう少ししたら安定したお天気が続きそうなので、休みの日にはいろんな場所へ行きたいと思っています(*^^*)



温かく晴れの日はそれだけでも気分が高くなりますよね!





公園をあとに、自転車のロックを外そうと思ったら外れず・・・30分。
まったく外れる気配がないので、はさみでカットしたほうが早いのでは?と。


近くを通りかかった男性に声をかけ、この辺に住んでいるのか尋ね何かロックを解除できるようなものを持っていないかと相談しました。
その男性は徒歩でその公園へ来ていたのですが、わざわざ一度家へ帰って何か役立つものはないかと探してきてくれました!

その後、何かスプレーのようなものを吹きかけしばらくするとカギがまわりロックが外れました(´;ω;`)


またニュージーランドの人の優しさを感じた1日でした。



(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年09月16日

ニュージーランドのスーパーマーケット

こんにちは、ヒロミです^^



季節の変わり目ということもあり、よく睡魔が襲ってきます・・・






最近はまったく自炊をしなくなったものの(・・;)スーパーマーケットに買い出しには行きます。



ニュージーランドでは、何種類かのスーパーマーケットがあります。


Pak’n Save、Count down、New World、Fresh choice、Four Squareなどスーパーマーケットがあります。


わたしがよく行くのは、Pak’n SaveかCount downです。
他のスーパーマーケットと比べると価格も安くお買い得商品が多いです。

Pak’n Saveはコストコのような倉庫型スーパーマーケットに似ています。



New Worldはもう少し質にこだわったような商品を取り扱っているようなイメージです。
ベーカリーコーナーの商品がわたしは好きです♡


Fresh Choiceは、日本でいう少し高級なスーパーマーケットというイメージ。
こちらもベーカリーコーナーのパンなど本当に美味しいものが多いです!


Four Squareは北島にはあまり見かけないのですが、南島ではよく見かけます。
小規模な店舗が多い気がします。



ニュージーランドのスーパーマーケットに行くと、だいたい各場所の入り口にチラシの冊子が置いてあり、その週に何がお買い得なのかなど知れます!



インターネットでのWebちらしもあるので便利



スーパーマーケットに行くと、だいたい入口付近にあるフリーフルーツコーナー(子供のみ)を目にします。
お腹が空いた子供のため?日本でも取り入れたらどうだろう?と思います(*´ω`)




日本のスーパーマーケットより広く、特に乳製品コーナーにはいろんな種類の牛乳、チーズ、ヨーグルトがあり、さすが酪農が盛んなニュージーランドです!
ニュージーランドのメインの輸出品目でもあります。



わたしは牛乳が好きではないので購入はしませんが、牛乳の種類も豊富で日本にもありますが低脂肪牛乳などもあります。あとは、脂肪なしのTrimという牛乳。あとはクリームのような牛乳など種類が様々です。

チーズ1つにしても、種類がありすぎてどれにしようか迷うぐらいです(・・;)

カマンベールチーズも美味しいです
ブロックで売られているチーズもあるので、1人だとなかなか食べきれないですがファミリーだとちょうどいいかもしれません^^



あとは、忘れていけないのがアイスクリーム!

こちらも種類が豊富です
1L〜の容器に入っているものが主流です。

ニュージーランドと言ったらHokey pokeyフレーバーのアイスクリームが有名です!

ハチミツのカリカリとしたキャンディーがアイスクリームとマッチしてやみつきです


ニュージーランドは人口が少ないのに、アイスクリーム消費量は世界的にも1、2位を争うくらい(゚д゚)!


1人あたりどのくらい食べているのでしょうか(笑)


ニュージーランドといえば、ワインも有名!
日本で売っているワインはイタリア産やフランス産のものがほとんどなので、ニュージーランドのワインを目にすることはあまりありませんでした。

スーパーマーケットにも必ずアルコールコーナーがあり、ビールコーナーよりもワインがズラーっと並んでおりどれにしようか迷ってしまいます。

価格が安くて美味しいものが多いです



今回はニュージーランドのスーパーマーケットについてご紹介しました^^




(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年08月22日

ニュージーランド生まれの人気ブランド

こんにちは、ヒロミです^^



今日はニュージーランド生まれで有名なブランドを紹介したいと思います。


どちらもアウトドア用品を取り扱っているブランドですが、1つ目はKathmanduというブランドです


こちらはクライストチャーチ生まれのブランド。
ハイキング用のウェアやバックパック、デイパック用など様々なジャンルを取り扱っています。
お洒落なデザインのものも多く、価格も普通のアウトドア商品と比べると安いほうかなーと思います。



ガイドのお仕事上、外での業務が多いのでわたしはアウター(ウォータープルーフ&ウィンドプルーフ)のものを購入しました。

あとは、ハイキング用(こちらもウォータープルーフ)を購入し重宝しています

外でのお仕事が多いので、寒い冬や雨の日などに大活躍です!

雨の日のウォーキングコースは足元が悪いので、靴が濡れやすいです・・・
そんなストレスを解決してくれました!


ニュージーランドの至る所でKathmanduのジャケットやアウターを着ている人達を多く見かけます。




2つ目は、Macpacというブランド。

こちらも同じくクライストチャーチ生まれのブランドです。
取り扱いの商品はKathmanduと同じような感じです。


Kathmanduのロゴととっても似ているのですが、デザイン性よりも機能性の方が高いような・・・・(わたしの個人の意見です。)

ダウンジャケットを購入し冬の間は毎日着ていますが、トンガリロ国立公園方面のお仕事の時にとっても活躍しています♪
トンガリロ国立公園はロトルアよりずっと寒いので・・・。
ダウンジャケットがあるのとないのでは大違いです




先日、ガイドのお仕事でご案内したお客様から「Kathmanduのアウターを着ている人をよく見かけるので、お土産に購入したいんです。」など、旅行客から見ても待ち行く人達はかなり高い確率で紹介した2つのブランドのものを着ている人が多いですね!



Kathmanduは通販でも日本で購入することは難しいと思います。
Macpacはバックパックなどの商品は日本の通販サイトでも購入できますが、アパレルの商品は販売されていないようです。




ワーホリ・留学中の方もご紹介した2つのブランドのものを着ている人は結構多いですよ



ニュージーランドはアウトドアのアクティビティが多いので、重宝すること間違いなしです☆
もちろん、ハイキングだけではなく普段着として着てもOK(・∀・)



ニュージーランドの街のどこでも、それらのショップは至る所にあるのでお土産にもいいかもしれませんね(*‘∀‘)





ニュージーランドに来た際には、是非チェックしてみてください




(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2019年08月19日

休日♪

こんにちは、ヒロミです^^



ロトルアでの生活も1カ月ちょっと経ちました。


最近は、ガイドの仕事も少しずつ1人でできることも増えてきました。

トンガリロ国立公園&タウポの1日ツアーの1人ガイドのお仕事も何とか終え、ホッと一安心しています(*´ω`)



ガイドの他のアルバイトをしたり、新しい出会いが多いここ1カ月です。




先日、1日オフの日があったので「どこか行きたいな〜」と思い、ロトルアの町中心にあるI-siteへ行きました。

I-siteにいる時に、Inter cityのバスが何台も到着・出発するのを見てその時間に出発できる便はないかと検索・・・。

すると、オークランド行きの便が夕方にあったので、ちょうど到着した便に飛び乗り久しぶりにオークランドへ(・∀・)


当然、旅行の準備などはしていなかったのでバスに乗っている間に泊まる宿を予約し、オークランドに住んでいる友達に連絡を入れ、その日の夜に会うことに




その日の夜は久しぶりに友達とも会え、話が弾みました



友達は以前持っていた車を売り、新しい車に買い替えていました。それは日本車。

面白いことに、日本からそのまま輸入した車なのか付属のナビが日本語(笑)

日本人ドライバーならともかく、彼女はブラジル人なので日本語はわかりません。


そして、ナビの現在地は「名古屋」を指していました(゚д゚)!(笑)
NZにいても居場所は何故か名古屋。


彼女はいつも自動案内になるナビにストレスを感じていて、わたしと会うときに聞こうと思っていたんだよね!ちょうど来てくれて良かった!と。

でも、彼女の息子は日本人女性の声のナビを気に入っていたようです。もちろん何を話しているかわかっていないのですが・・・(笑)




翌日は買いたかったものを購入し、特に観光などしていませんがリフレッシュできた休暇でした


今度時間がある時に、オークランドからフェリーで行けるTiritiri Islandへ行ってみたいです☆
鳥たちの楽園とも言われる島・・・魅力的です!
ガイドの仕事を初めてから、植物や鳥の名前など調べ始めてから興味が出てきました(*^^*)



久しぶりのオークランドでしたが、やっぱり坂が多くて疲れました(;^ω^)


前にオークランドに住んでいた時(去年)よりも、地下鉄の工事など進んでいました。

高層ビルに多くのショップ、カフェ。


別の国に行ったかのような気持ちに(笑)

1年も経たない内に前にはなかったお店がオープンしていたり、逆に閉店してしまっているお店があったりと入れ替わりが多いと思います。
レストランなども多くあるので需要はあるものの競争率が高いのだろうな〜とか、そういったことばかり考えてしまいました(-_-;)





この日の天気は良かったほうだと思います。

港から見渡す街並みはやっぱり綺麗です



20190819_ヒロミ_1_スカイタワー.jpg




明日も頑張ります(*^^)



(ヒロミ)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life