.

2015年07月13日

はじめてのおつかい

昨日からオークランドはいっきに冷え込んで、シティ内のアパートでもすごく寒く感じてきました。
郊外のお宅に遊びに行った時には、さらに寒くてエアコンや暖炉なしでは過ごしていけないような寒さでした。

そのおうちは、日本人がいるんですが、そこでいくらを食べたんです!

なかなかニュージーランドで食べることが出来ないので、出てきただけで興奮してしまいました。
それがキッカケだったのか、ちらし寿司が食べたくなり、友人とみんなでワイワイとちらし寿司づくり。

シティのスーパーでは、なかなか新鮮な魚たちが売っていなので、シティの端にあるフィッシュマーケットにはじめて、買い物に行ってきました!

行く前は、日本の市場に比べたら、大したものはないし、新鮮な魚はないと思っていましたが、意外にも、たくさんの種類の魚、新鮮な盛んもたくさんあって、すごく楽しかったです!

マーケットといっても、魚屋さん自体は3軒ほどしかないので、マーケット自体の規模は小さいのですが、中には魚のお惣菜も売っているお店もあり、その場で食べられるようなスペースも設けられていました。

私たちがいった時間帯がお昼過ぎということもあり、たくさんの人がその場で、新鮮な魚を食べて楽しんでいるようでした。

なかなか、こんなに多くの種類の魚を見ることがなかったので、名前を見ても、なんの魚なのかわからないのが、正直なところ。

もとから、魚の見た目で知っている人は別かもしれませんが、日本で料理すらしていなかった私には、まったくわかりません。
なので、たくさんあっても、怖くて手が出せませんでした。

今度行く時には、だいたいの魚の名前を覚えて、もっと楽しめるようになれたらいいと思いましたね。

でも辞書に載っている単語とは少し違うし、ニュージーランド独特なのかもしれませんが、食材名がマオリ語になっていることもあるので、実際にマーケットに行って、その場で調べたり、英語の出来る人に聞くのが1番手っ取り早く正確かもしれませんね。

ともかく、英語がわからないので、無難なサーモン、鯛を切り身にしてもらい、エビやホタテなども買って、みんなでワイワイ乗っけて楽しく作ることができました。

切り身にした際に残った頭の部分を使って、あら汁にも挑戦!

意外とあら汁って作るのには、面倒な作業もあるんですね。うろこを取ったり、内臓をしっかり抜いたりと下準備がたくさんあって、少し大変でしたが、美味しくあら汁も完成!

学期が始まったら、このようなこんだ料理をすることは出来なくなってしまうので、あと1週間ほどですが、みんなで料理の腕もあげたいと思います。

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | わたしの街

2015年06月22日

ダントツ美味しいニュージーランドの食材

一人暮らしを始めてから、簡単だけど、料理のレパートリーも増えてきて、ニュージーランドのおいしい食材、旬の食材がなにかわかるようになってきました。

ということで、最近マイブームなニュージーランドのおいしいごはんについて。

私の一押しマイブームは、ダントツでムール貝です。

ニュージーランドでは「Green mussel(グリーンマッスル)」と呼ばれていて、貝の表面が少し緑がかっています。使い方もいろいろ。蒸したり、焼いたり、煮たり、なんでも合うから、また良い。

私が1番好きなのは、蒸して食べるムール貝が簡単で1番おいしい!

ムール貝に閉じ込められた海の味が、さらに凝縮されて味わえるような気がします。

最後に残った煮汁は、締めのお味噌汁でわかめやら、お豆腐やら自分の好きな食材を放り込むだけ。

基本的にニュージーランドのシーフードはなんでおおいしいのですが、お肉に比べると少し高いのが難点。でもムール貝はシーフードの中では、すごく安いし、おいしいし、最高です。

少し英語の話をすると、ムール貝と和英辞書でひいてみると「Blue mussel(ブルーマッスル)」。つまり、アメリカ英語では貝殻が緑ではなく、青色ということがわかりますよね。


お手軽な冷凍パイも冷凍庫に常時しています。

ニュージーランドのファーストフードといえば、パイだと、現地の友達に勧められ、買うようになりました。
パイと一言で言っても、味の種類が山ほどあって、毎回いろいろな味を試すことが出来ます。

代表的な味は、ビーフミンス、ビーフステーキ、チキンミンス、ベーコンエッグ、ハムエッグといったところでしょうか。ほかにもブランドによってはメキシカン味、タイ味などを見かけたことがあります。

1袋に少なくとも6つは入っているので、もし味を確かめてから買いたければ、コンビニなどで出来合えのものを買ったり、1個包装のものを買って、確かめてみると失敗しないですね。

電子レンジでチンして食べるよりも、オーブンで焼いたほうが数倍美味しくなるので、オーブン持っている方は、ぜひオーブン使ってくださいね。チンすると、パイ生地の部分が少しシナシナになってしまって、食感がだいぶ落ちてしまいます。
シナシナ食感が好きな人には、レンジのほうがおいしくできるのかな。


最後に紹介したいのが、チーズ。

どのチーズを買っても基本的に失敗はしないくらい、チーズはおいしい。中でもオススメなのが、Kapiti(カピティ)というところのチーズはどの種類も美味しいです。

ニュージーランドはワインも有名なので、一緒に飲んで食べたら最高です。

もちろんお酒が飲めない方も、チーズだけで、クラッカーに乗せて食べたりすれば、すごく美味しいですよ。
中でも、私が好んで食べているのが、Kapitiのゴルゴンゾーラチーズ。塩気が多いので、無塩クラッカーと一緒に食べると、すごく美味しいんです。

みなさんもなにかおいしいものあったら、教えてくださいね。

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | わたしの街

2015年06月15日

試験月間だからこそ

オークランド大学では今月の1週目にすべての講義が終わり、今月いっぱいは試験月間になっています。

そんなこともあり、大学には普段以上の学生たちが、図書館やら自習室やらに集まって勉強しています。
私は日本でも大学に通っていたので、この雰囲気が懐かしく感じている今日この頃です。

こういう、試練があるときに限って、天気は良くて、アクティビティ日和なんですよね。

外に出たい気持ちを抑えて、勉強していると、気がめいってしまうので、たまにはと思い、勉強の合間を見つけて、海までお散歩しに行きました。

オークランドはニュージーランドで1番大きな街と言われているので、街の中心には洋服のショップやレストラン、バーなどが並んでいますが、少し歩けば大きな公園や海がすぐに見えてきます。

みなさんもご存じのように、ニュージーランドは日本のように島国になっていて、オークランドは海沿いに面しているということもあり、海には、気が向けばすぐに足を運ぶことができるので、本当にいい気分転換になります。

個人的に、日本にいるときから海は本当に好きな場所でした。
今でも変わってません。

海を見ていると、なんだか心が洗われていき、真っ白に、なにも考えない状態になることが出来るからです。

勉強しているとき。
ストレスがたまっているとき。
やらなくてはいけないけど、なかなかはかどらないとき。

人それぞれ、リラックスの仕方はいろいろだと思いますが、波の音を聞いてると、そんな悩みや出来なかったことが、ほんとに小さいことのように思えてくるんです。

はたまた、友達と海に出かけるときには、泳いだり、貝殻集めたり、アクティビティも出来て楽しいですよね。

今、オークランドは冬なので、友達となにかをしに、海に出かけることはないですが、夜に夜景を見に行ったりすることは出来ます!
正直、オークランド市内での絶景ポイントはまだ見つけられずにいますが、見つけたらすぐにブログにあげたいと思います。

海は昔から好きな場所でしたが、オークランドに来てからは、公園やちょっとした林など、木々の木陰や芝生でのんびりすることも好きになってきました。

太陽を直にあびていると、なんだかパワーが湧いてくるんです。
少し前にも書いたことがありますが、公園なんかで勉強すると、部屋の中で1日中こもっているよりもずっと、はかどります。

ニュージーランドの紫外線は、日本に比べてずっと強いので、もちろん日焼け止めを塗るのを忘れないようにしてくださいね。

勉強中でストレスまみれになっても、オークランドの自然は私を最大限に癒してくれます。

そんなオークランドを留学する場所に選んで、本当に良かったと、心から思う今日この頃でした。

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | わたしの街

2015年05月04日

なんでも自然の中でエンジョイしてみよう

やっと試験終わりました!

やっぱり試験が終わると、結果がどうであれ、一安心するものですね。日本の大学と少し違うことといえば、試験期間中でも、講義は続いているので、休み気分には浸れないことですね。

完全に休み気分に浸ることは出来ていませんが、少しリラックスして過ごしています。

公園の芝生の上で読書したり、海辺や街中を散歩してみたり・・・・。日本ではしたことのないリラックス方法ですが、ニュージーランドらしく自然を存分に満喫している気がして、とても心身ともにリフレッシュできます。

街中の中心街ですら、大きな公園がいくつかあるので、ちょっとした休憩時間にも立ち寄って、ゆっくりすることができる便利さは、オークランドのいいところですね。

お昼時間近くには、オフィスからサラリーマンや学生、また小さな子供連れの家族などがランチしていたり。天気によっては、公園がとてもにぎやかになって、その中に混じっていると、なんとなくニュージーランドになじんできた気がして。心の中でうれしくなったり。

試験期間中には、現地の学生たちが、芝生の上で寝っ転びながら勉強しているんです。パソコンに向かってエッセイや課題を書いていたり、教科書読んだり、はたまたグループでディスカッションしていたり。
日本では外で勉強するなんて考えてみたこともありませんでした。カフェやファミレスで勉強したりすることはあっても、屋外では、勉強したことなんてありません。

ここは見よう見まね。現地の学生になった気分で、外で勉強してみました。これまた意外にも、自習室などで勉強するよりもはかどる時もあったんです。

天気が良すぎて、うたた寝してしまった時もありましたが。

天候には左右されてしまいますが、空気はすごくキレイだし、緑あふれる環境で勉強するのも、日本ではなかなか出来ない体験かもしれません。

日本では自然の中で、なにかをするとなると、ひとつのアクティビティなので、なかなか重い腰が上がりませんでしたが、ニュージーランドでは自然がより身近にあって、なんでも自然の中でできる。最近はこの自然の多さにとても心地よく、なにをするのもポジティブに出来るようになってきました。

自然の壮大さは、日本ではなかなか身近に体験することが出来なかったので、ニュージーランド留学のだいごみな気がします。

ぜひぜひ、留学した際には、思う存分にニュージーランドの自然を体験してくださいね。

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | わたしの街

2015年04月06日

オークランドのバス社会に慣れよう!

みなさん、新生活はどうですか?

こちらでは、新生活という感じはしないですが、いろいろなSNSを通じて日本の友達が、新生活について投稿しているので、私もなんとなく新生活気分に浸りたくなり、去年の今頃のことを考えていました。

右も左もわからなければ、英語もしゃべれない私でしたが、日本と大きく違って驚いたことは、公共交通機関。

とくにバス

日本では、電車や地下鉄などが一般的に使われていますが、ニュージーランドはバスが一般的。しかもこのバスをあなどってはいけません!

ありとあらゆるところに張り巡らされていて、どこにでも行ける優れた交通機関。

ただ、いろいろな方向へ向かってくれるのはうれしいのだが、たくさんありすぎて、正直どれに乗ればいいものやら、迷います。

いまだにバスを乗りこなすのは、結構大変です。見ていると、現地の人でも、バスの運転手さんに行き先を確認していることがあるので、私だけではないんだと安心します。

まずは必要なバス通路、バス番号を覚えて、とにかく乗ってみる。もちろん運転手さんに行き先は確認してくださいね。

その際に必須となるのがAT-HOPカード【オークランド】。日本で言うSuicaやICOCAのようなもので、つまり通学、通勤の際に使える電子マネーです。

基本的には日本での使用方法と同じく、最初にカードを購入、ネットで自分自身の情報を登録し、カードにお金を入金すれば、使えるようになります。毎日の使用区間によっては定期(Monthly Pass)や学生割引も使用することができるのでチェックしてみてくださいね。

カード使用時と現金使用時で運賃は少々違います。カード使ったほうが安く設定されているので、ぜひぜひカード使ってくださいね。

乗りこなすことが出来れば、オークランドの大半はどこでも行けるようになります!

しかし、日本と最大に違う部分は、決して時刻通りには来ないというところ、または少し早く来たとしても、時間まで待ってくれず、バス停を素通りしてしまうこと。なので、少しだけ時間に余裕を見て行動してくださいね。

また、時刻通りにバスが来なかったとしても、決して怒らないでください。「ここはこういう国なんだ、日本の公共交通機関が優れているのだ。」と言い聞かせてください。

最後に私が一番驚いたけど、とっても好きなのが、バス降りる時の「Thank you the driver!」という一言。

乗車客のほとんどが降車時には運転手に「ありがとう」の一言を言う。
お互いに気持ちが良いし、常識的な挨拶となっているので、初めてのときも、恥ずかしがらずに一言言ってみよう!

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | わたしの街

2015年04月02日

オークランドのお天気

こんにちは、サリーです。
もう4月ですね〜あっという間に3月が過ぎ去ってしまい、気がつけば、朝と夜は肌寒くなってきたオークランドです。

日本では、桜が満開になる季節ですね。みなさんも新年度が始まって、新生活が始まる方もいらっしゃるのでしょうか、気が引き締まる季節ですね。

夏が過ぎ去ってしまったオークランドでは、これから「最もオークランドらしい」季節を迎えることになります。

つまり、 Four seansons in a day(四季が1日につまっている)という季節、時期のことです。

この標語は、語学学校に通っているときに先生に教えてもらいましたが、たしかオークランドの紹介ウェブサイトにも似たような、文章が載っているはずです。

この言い回しを聞いても、ピンと来る方は、なかなかいないかもしれませんね。

でも、ほんとにこの言い回しの通りなんです。
つまり、朝や夜は冬のように寒くなり、ダウンジャケットやマフラー、暖房や暖炉などを使用するのに・・・・
昼間は真逆で夏のように暑い!

さすがにタンクトップやキャミソールなどでは、肌寒く感じてしまいますが、半袖や軽くカーディガンをはおる程度がちょうどよい。

文章にしてみると、ウソのようですが、本当なんです。

しかし、現地の人や西洋人の人は体温がもともと違うのでしょうか。朝、夜の寒い時間帯でも半袖半ズボンで歩いている人もよく見かけます。

さらに、日本でいうゲリラ豪雨のように、shower(シャワー)と呼ばれる雨も多くみられます。
程度はさまざまで、お天気雨程度から、ゲリラ豪雨のように一気に降ってくる雨もあります。

ここで不思議なのは、空模様。

降っている地点は曇り空で、雨雲が黙々としているのに、少し先では青空なんです。つまり、少し先では快晴!

ニュージーランドに長く住んでいる人たちは、これに慣れているからなのか、シャワーの時には、傘をさしていません。雨の中、何食わぬ顔して歩いてます。

正直、私はこのオークランドンの一面は好きではありません。

去年もこの時期にオークランドに滞在していましたが、見事に風邪をひき、体調を崩したのを覚えています。
普段はなかなか体調を崩すことはないので、この気候の変化はかなり影響したと思います。

とにかく、天気の変化に体がついていかないんです。

これから、この時期に留学を考えていらっしゃる方がいたら、天気予報だけではわかりにくい、気温の変化や天気の変化が待ち受けていますので、ご注意ください。

またすでにニュージーランドにいらっしゃる方は、この変化の多い天気に、体調を崩したりしないようにしてくださいね。
(サリー)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | わたしの街

2013年12月02日

おしゃれ港町 Devonport

こんにちは!ただ今、週末の旅行の計画を立てているtamiです。わーい(嬉しい顔)

前回の旅行の教訓と、コメント欄でのありがたいアドバイスにより、心を入れ替えて宿泊場所を既に手配しました!!

やるからにはしっかりやらないと気が済まない、でも行動が遅くて10個やらなければいけない事があったら3〜4個めまで120点にこなして満足し、残りは10点くらいなおそまつになってしまうエセ完璧主義者の私。ふらふら

宿泊場所は、前後の日程と移動時間から逆算したベストな場所に、宿泊費以上の価値のありそうな設備をもった施設を、複数のサイトで口コミや評価をチェックしてようやくいい宿が取れました!

残り1室の最後の部屋を予約してやりました!
またひとつ成長した気がします…!わーい(嬉しい顔)
残りの旅行中の詳細については友達に任せることにしようるんるん



さて今回はオークランドのおしゃれ港街、Devonport:デボンポートについてご紹介したいと思います。もちろんここもまた私の大好きな街黒ハート

ここで撮影された写真が間違いなくNZで最も有名な風景でしょう
なぜならオークランド中心部を撮影したこの写真こそ、対岸のデボンポートから撮影されたものだからです。
みなさんもこの写真に見覚えがあるはず…


131202-1-tami.jpg

海越しにスカイタワーと、建ち並ぶビル群。

この写真を見てワーホリに来る前までは、オークランドはNZの人口の約3分の1の人々が住む最大の都市なので東京のような大都会を想像していましたが、いざ来てみるとメインストリートであるクイーンストリートも端っこから端っこまで30分足らずで歩けてしまうくらいのこじんまりさ。わーい(嬉しい顔)

ワーホリに来ている私でさえ、クイーンストリートを歩くものなら必ず知り合いにあうほど小さな街。


全NZの人口の約3分の1がオークランドに住んでいるといいましたが、そもそもNZの人口はたった450万人ほど。4500万じゃないですよ!!日本の約29分の1…驚きです。
どおりでどこもかしこも空いているわけだ(笑)。わーい(嬉しい顔)

450万人と言ったら人口数第9位の福岡県よりも少ないんですね。東京の人口が約1400万人なので、NZ全人口集めても到底騎馬戦は敵わず、日本の圧勝です。すごいなぁ。がく〜(落胆した顔)


話をデボンポートに戻しまして、こじんまりした最大の都市を海の向こうに臨むこの街はcaféと雑貨屋さんで賑わうおっとりまったりした雰囲気の街。

この季節になって雑貨屋さんは、クリスマスグッズが所狭しと並べられています。


見つけたサンタは、NZならではのkiwiバードがモチーフになったものでとぉっっっってもcute黒ハート


131202-2-tami.jpg

真夏のクリスマスを迎えるNZ、残念ながらサーフィンにのったサンタさんは見つかりませんでしたが、kiwiバードサンタのおとなりにいたのは、トナカイをどこぞかに解き放ちハイテクな乗り物を乗り回してブイブイ言わせているサンタさんるんるん

131202-3-tami.jpg

可愛い雑貨やさんに和み、居心地のいいcafé で癒されたら、少し登った丘の上でしばしのお昼寝…視界には真っ青な空と眼下に広がる海とおうち達。
ビーチとはまた違った最高の休日をもたらしてくれます。

131202-4-tami.jpg


そして夜には、宝石箱のようなこの夜景を見て、明日もまた頑張ろうと思うのです。

131202-5-tami.jpg


(夜景の鬼 tami)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(0) | わたしの街

2012年07月12日

緑のオークランド ドメイン

みなさんこんにちは!まみです。

つい先日、オークランドは雨が多くなってきました‥とお話しした気もしますが、最近はずっと晴れの日が続いています。それはそれは、雲ひとつない快晴続きなのです。晴れ

120712_1_mami_sunny.jpg

今年は夏も気候がいつもと違ったって皆言ってたし、冬もそんな感じだのかな、異常気象かなぁ‥などと思っていたのですが、ようやく謎が解けました!

冬の間はこんな感じで晴れの日が続き、雨が多くなるのはむしろ春に入ってからなのだそうです!

‥家族にも友人にも、

’オークランドの冬は雨と風ばっかりらしいから、こっちが冬の間は遊びに来ない方がいいかもよ〜’

と言ってしまっていたのに。むしろこんな天気が続くのなら、オークランドの冬はとてもいいシーズンだと思います。これは訂正しなくては!ふらふら

先日、ウェリントンから遊びに来ていた友人も、オークランドの天気の良さに驚いていました。友人曰く、ウェリントンは今年も日々暴風雨なのだそうです。
その暴風雨もまた、慣れてくると楽しくなって来たりするんですけれどね!

さてさて、早いもので、大学のホリデーも残すところあと4日になってしまいました‥。早すぎる‥。。
ロトルアに行こうか、フィジーに行こうか、あんなに意気込んでいたのに結局オークランドから出られずじまいでした!計画倒れというのでしょうか‥。
でもその分、オークランド市内で今まで足を運んだ事が無かったところにも色々と行く事ができたので、良しとしたいと思います!

私は大の散歩好きなのですが、今回ホリデー中に足を延ばしてみて特に気に行ったのが、オークランドドメインというとても大きな公園のようなところです。
私の目的はその中にある植物園だったので公園全体を歩いてはいないのですが、本当に、とっても広いです!!!

なぜ今まで来た事がなかったのかというくらいオークランド内ではメジャーな場所なのだそうですが、それもそのはず、広いし綺麗だしのんびりできるし、小さいですがカフェのような所もあったので、そこで一息つくこともできるし、散歩好きやのんびりプラプラするのが好きな人にはもってこいの場所だと思います。

120712_2_mami_green.jpg

私の目的であった植物園は2つに分けられていてその内の1つは南国系の植物の部屋なのですが、室内がとても温かく保たれている上に、中にいくつかベンチもあったので、休みの日なんかにお気に入りの本でも持って行ってコーヒー片手に読書をするのに最高の場所ではないかと思います!室内は本当に緑に囲まれているので、リラックスもできますしね。黒ハート

私はとりあえず、次の学期が始まったらまた山のようにやってくるリーディングを、あの緑の中でなんとかしてみようかなと思っています。黒ハート





(まみ)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(2) | わたしの街

2012年04月05日

自分で使ったものは?

みなさんこんにちは、しゅうです。
最近のオークランドは天気も良く、秋の過ごしやすい日が続いています。晴れ

今がオフシーズンらしくて、日本との往復航空券が5万円からととてもお値ごろです。
気候も穏やかで、今なら日本との差があまりなくて、オススメの時期と思います。

さて、私は図書館が好きで、良く利用しいていますが、一つ気になることがあります。ふらふら

図書館で自分で読んだ本や雑誌を机や椅子の周りに出しっぱなしにしています。

机の上に雑誌が置いてあるので「誰かが席取りしてあるのかな?」とか思って始めのうちはその席を使わずにそのままにしておきますが、そのまま誰も帰ってきません。

他の人を見ていると、それをどかして自分が座ったりしています。
良いポジションの席なんかだったら、もうがっかりです。
なので今では私もそのようにしています。

それで誰かが帰ってきたという経験はありません。ふらふら


Warehouseというホームセンターのような大型チェーン店があります。
そこには値段を調べるためのバーコードチェッカーが置いてあります。
お客さんが値段を調べたい時に自分で、ピッとやって値段を調べるためのものです。

その値段チェッカーの辺りには値段を調べたであろう商品がいっぱい置いてあったりします。
私は自分の子どもには『自分で出したもの、使ったものは自分で片付ける』と教えているので、そのような光景を見ると困ってしまいます。ふらふら
なんで自分で元の場所に置かないのだろうと思ってしまいます。

日本にいても時々全く場違いなところに商品が置いてあったりしますが、あれも誰かが「やっぱり買うのやめたもんね」とその場に放棄していってしまうものなのでしょうか。

雑貨ならまだしも、時に生鮮食品(牛乳とかお肉)とかが冷蔵になっていないところに置き去りにされていることもあって、そんな場合はもう『もったいない、ムキ〜っちっ(怒った顔)』と叫びたくなります。
困るのを通り越してイライラです。ちっ(怒った顔)

日本でも見かけるのですが、オークランドの方が目につくような気がしますね。

個人的見解ですが、日本では子どもの頃学校で掃除を生徒がしていますよね。
そのことで、自分達の使う物はきれい使いましょうという意識があるように思います。
ニュージーランドの学校では自分で使ったものは片付けますが、掃除の時間というものはなくて、掃除は業者が行うことが一般的です。

自分以外の誰がか片付ける、きれいにすることが当然であるから、図書館の本も、値段を調べたあとの商品もそこで働く人が当然片付けるという意識があるのではないでしょうか。(あくまで個人的見解です)

まあ、ある意味それで雇用が生み出されているという意義も確かにあります。
片付け要員をお店は雇わなくてはいけないからです。

まあ、ワークシェアリング的な発想かも知れませんね(笑)。
ですが、私は感覚的に違和感を持ってしまいます。

これはニュージーランド人がという訳ではなく、私の通う学校でも出しっ放し、やりっ放しが横行しているので、日本以外の人との感覚のズレなのかもしれません。

というか、気にしているのは私だけなのでしょうか?

でも、子どもには「ちゃんと片付けなさ〜い」と伝えていく私です。
(しゅう)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(3) | わたしの街

2012年03月15日

図書館の雰囲気

みなさん、こんにちは。
しゅうです。

私が所属する団体から連絡が来ました。
国家資格・心理師(仮称)の動きが高まり、5月の連休明けに議員立法で「心理師(仮称)法案」の上程の可能性がでてきましたという知らせを受けました。
日本でも心理関係の国家資格がやっとできるのかと期待しています。
でも、今から資格を取得するべきかどうか考えてしまいます。黒ハート


さて、卒業を再来月に控え、最近学校からの課題が多く出されるようになってきました。
勉強する場所として図書館を利用させてもらっていますが、そこで思ったことを書かせてください。

日本の水を打ったような静寂さに包まれる図書館と違い、オークランドの図書館ではおしゃべりをしたり、電話をしたりということが目立ちます。ふらふら

私がよく使う図書館では近くにカレッジ(そこは中学と高校が一緒になったような形態の学校)があり、下校時間の3時をすぎるとそれはもううるさくって仕方ありません。

一応、「他の人をリスペクトしなさい」とか注意されますが、どこ吹く風という感じでしばらくするとまたうるさくなっています。

また、無線LANでインターネットに繋がることができるので、パソコンで動画を見ている人もいますが、その際にヘッドフォンを使わないで直にスピーカーから音を出している人もいます。
それはそれほど大きな音ではありませんが、静寂な空気というのもとはほど遠い状況であるということは間違いないです!


ちょっと話題がそれますが、その無線LANですがオークランド図書館ならどこでも繋がるかと思いきや、そうではありません。
現在オークランド市は旧ワイタケレ市、ノースショア市、マヌカウ市などと合併してスーパーシティになっています。
ウィキペディアによると、その面積は1000㎢を越えます。東京23区の広さが600㎢といえば、その広さがお分かりになるでしょうか。

で、旧ワイタケレ市であるウエストオークランドでは無線LANサービスはありません。
先日使えるものと思ってパソコンを片手に図書館に行ったところ無線が飛んでいないことを発見しました。

同じオークランド市と思っていたのに…。
残念です。もうやだ〜(悲しい顔)

インターネットサービスを利用したい方は旧オークランド市の図書館をお使いください。
旧マヌカウ、ノースショア市の利用事情は分かりません。お分かりの方今したら、補足をお願いします。

あと、子どものための読み聞かせイベントのようなことが開催されていることも多く、その時には本を読み聞かせることはもちろん、歌なども歌い始めるので結構(かなり?)騒がしいです。
それは図書館開催のイベントなので、静寂さを求める人は大学の図書館に行った方が良いと友人からはアドバイスされました。


勉強するための机がないような小さい図書館も多いです。

やはりオークランドシティ中心部は図書館も大きいです。
セントラル図書館は3階建てで机などもたくさんあります。
しかし、駐車場がないので私には自宅から出向いて使用するのには不便です。

とはいえ、やはり気分を変えて勉強したい時など、とても便利です。
オークランドにはたくさんの図書館があるので、お気に入りの図書館を見つけるという楽しみもあるかもしれませんね。黒ハート
(しゅう)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(1) | わたしの街

2012年02月13日

市民の足、バス2

前回、書いたバスについてですが、なんと今回は後編です。バス

 不便なことばかりを書いていますが、本当のところはやっぱり普段の生活にはなくてはならないものが、バス。MAXX(オークランドのバス会社名)さん、運転手さん今日もありがとう!

 さて、ちょっとしたフォローをしたところで、まずはバスの運行時間について書かせてください。ダッシュ(走り出すさま)

土曜日、日曜日は極端に本数が減ります。CBDと呼ばれる中心街ではそうでもないですが、ちょっと郊外に出るともう1時間に1本くらいになってしまうなんてざらです。
まあ、私も家族のある身。やっぱり土曜日、日曜日には仕事を休んで子どもと一緒にいたいのが親心。その気持ちは分かります。ここ、ニュージーランドでは何よりも大切なのが「家族」。
その家族を大切にしたい気持ちは誰でも一緒です。そして、それが許されるのがここ、ニュージーランド!
なので、土曜日、日曜日にバスの本数が減ろうが、お店が閉まろうが
「いいんです!!」(ジョン・カビラ風)
週末はみんなのんびり過ごすんですっ(勝手な思い込み?)

週末のことはさておき、他にも困ってしまうことがあります。バスが時間とおりにこない。遅れる分には交通事情にもよるので、まあ納得(?)できますが、なんと時間よりも早く来てしまうことがあります。前回書いた電光表示は都市部や大きなバス停だけなので、普通のバス停にはありません。バス停で待っていてもバスが来ない。それは遅れているのか、早く行ってしまったのか分からない??そんな5分や10分、気にしない気にしない的な大雑把さもニュージーランドならではです(笑)わーい(嬉しい顔)

そういった点も含めた、おおらかさがニュージーランドの魅力です。バスの運転手さんはフレンドリーだし、バス停で待っている間にお客さん同士でお喋りしたり。またそんな、バス事情を知っているので、私の学校では少々遅刻しても
「バスが…」
で許されてしまいます。

おおらかさを象徴するとある都市伝説。

なんだかバス停に長く止まっているなと気がつくと、運転手さんが席にいない。
どうしたんだろう?と周囲を見回していると、運転手さんがお店から買い物袋を手に提げて戻ってきたとか。

ある日、友人がバスに乗っているといつもと違う道を曲がってしまうということがありました。当然乗客は運転手さんに注意をしたそうです。が、その運転手さん
「ごめんごめん、まだ入ったばかりでさ」とあまりに気にしていない様子。
それどころか
「誰も降りないならこのまま高速のっていっちゃおうか?」
で、途中のバス停で降りる乗客もいなかったので、みんな同意。ルートと違う高速道路を使っていつもより早く帰ったそうな。ちゃんちゃん。ぴかぴか(新しい)

これらの話の真偽は定かではありませんが、

「ない話ではなないな」

と思ってしまうところがニュージーランド。

ほんの数分電車が遅れてしまうとイライラしてしまう日本とは大きな違いです。
これも、どちらが良い悪いというものではありませんが、大きな文化の違いでしょう。

このコラムを読んだあなた。
どのように感じたか感想を教えて頂けると嬉しいです!!

(しゅう)
posted by キックオフNZ at 07:24 | Comment(2) | わたしの街

2012年02月09日

市民の足、バス

みなさん、こんにちは。
銀行のネタが続いたので、今回は日常的な話題をお伝えしたいと思います。るんるん

私が住むオークランドは鉄道網は発達していなく、市内への通勤、通学には主にバスが使われています。。とくに「シティ」と言われる中心街(CBD:Central
Business District)には道路が渋滞することと、駐車料金が高いことなどからバスのような公共交通機関が使用される訳です。


ところがこのバス、使い勝手がとても悪いんです。ふらふら


バスの交通網が発達しているためか、バス系統が非常に複雑に入り組んでいてなれていない人にはどのバスがどこに行くのか分かりにくいのです。

例えばNew Lynnという郊外の街に行くには110番台から180番台、210番台から230番台といくつもの系統があります。
これはNew Lynnが最終目的地に限っている訳ではなく、通過しているだけのバスもあるので、その先に行くバスがいくつも分岐しているためです。

なので、単に「違う目的地で途中まで一緒揺れるハート」という状態になっているのです。

「じゃあ、その系統番号の範囲のバスに乗ればいい」と思われた、あなた。

問題は複雑で上に挙げた番号の範囲でも、New Lynnに行かないものもいくつかあります。気がついたら知らない街…。

悲しすぎます。もうやだ〜(悲しい顔)

郊外に出るとただでさえ本数の少ないバス、更にオークランドのバス路線は放射状に発達しているので、同心円上に移動するのは大変なんです。いったん引き返してまた乗り換えなんてことになったらものすごいタイムロス、心理エネルギーロスになってしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)


また、中心街から出るバス停も系統番号によって場所が違うので、どのバス停がどこ行きのバスのためのものか知らないと目的のバスに乗ることもできません。

どうです、この複雑さ。exclamation

始めのうちは何が何やら分からないので、混乱してしまいました。いや、実際今でも混乱しています。

なので未だに、いつも行き先を運転手さんに確認してから乗車しています。

「同じ方向に行くバスなら同じバス停にしてくれっ」と願うばかりですが、それはバス会社にも事情があるのでしょう。大人なのでぐっとこらえて、バスマップを確認しています。


で、そのバスですが中心街にある各バス停には、次にくるバスの系統番号と到着予想時間(あと〜分)が電光表示されています。

お、さすが市民の足。

で、もうすぐ来ますという意味の表示が「DUE」なのですが、やっとそのDUEになったよ、もうすぐ来るよと、わくわくほっとしながら待っているといきなりそのバスの番号表示が消えてしまうのです(笑)。

まさにマジック!一瞬我が目を疑ってしまいます。がく〜(落胆した顔)


が、ないものはない。いくつもの系統が通る場所ならいいのですが、そうでないと悲劇です。そのバスは来ないので違う方法を検討しなくてならないはめになります。


諦めて他のバスに乗ったりすると、来なかったはずのバスに追い越されたりします。がっかりを通り越して、独りバスの中で笑うしかないです。

オークランドのバスは見た目がずいぶん古い物が未だに現役で走っているので、故障やら何やらで来なくなってしまうのだろうと思いますが、実際のところ原因は分かりません。

それでもやっぱり市民の足。黒ハート

今日もオークランダーはバスに乗るため、額に汗してバス停まで走っているのです。


まだ書きたいことはありますが、ちょっと長くなったので、なんと続きは次回、後編に!
皆さん乞うご期待!!わーい(嬉しい顔)

(しゅう)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(7) | わたしの街

2011年11月21日

図書館

みなさんこんにちは!manukaです。

昨日、またアップルパイを作りました。今回は、ニュージーランドレモネードアップルという品種と以前のオーペアファミリーのレシピを真似して、グリーンアップルで作ってみましたが、前回の反省を生かさず分量を量らず作ったので、とても甘くなってしまいました!でも、レモネードアップルは、今までに食べたことがない風味で美味しかったです!黒ハート

先日、いつもとは違う図書館で就職活動用のCVをプリントアウトしていたのですが、その作業のあと、USBメモリを図書館のコンピューターに忘れてきてしまい、しかも、そのことに2日間気付かず、とても慌てましたふらふら

気付いた時には、頭が真っ白になって、どこにあるかを思い出せず、記憶を辿って、ようやく図書館にたどり着きました。そして、いつもはどこかに電話をかけるときは、一呼吸置いて、何て言おうかなと考えてから電話をしているのですが、慌てていたので間髪入れずに電話をしました。

そんな私の慌てた電話にも、図書館の人は、とても親切に対応してくれて、私のUSBも保管してくれていました。USBの忘れ物はとても多くて、たくさん預かっているそうで、色や形状などなど、たくさんのことを質問されました。私のような間抜けな人がたくさんいることに、ちょっと安心しましたが、自分のものも、他人のものを含めて、個人情報がたくさん含まれているので、これからは気をつけようと思います!

今回行った図書館は、自宅から車で40分くらい離れていて、取りに行くのは面倒ですが、見つかっただけでも一安心。さっそく、今日の午後にも取りに行って来ようと思います。


私はいつも、いろんな場所の図書館を利用しています。
出先で使うこともありますし、家の周りでも開館時間がそれぞれ曜日によって違うので、曜日によって開いている図書館を選んで使っています。自宅から車で5分圏内に3軒、バイト先から徒歩1分以内に2軒の図書館があるので、選択肢があって便利です。一番近い図書館は曜日によっては夜の9時まで開いているので、バイトが終わったあとでも立ち寄ることができます。でも、夜遅くても、図書館はいつも人でいっぱいです。

そして、図書館によってスタッフの対応や、やっているセミナーやイベントの内容が違うので、色んな図書館に行くのはとても面白いと思います。
家の近所以外にも、よく足を延ばすのですが、使い勝手の良かった図書館は、ちょっと回り道をしても、リピートしています。揺れるハート

今回USBを忘れた図書館はノースショアにありますが、ここのスタッフの対応は、今まで行った図書館の中でベスト3に入るくらい良かったです。私の住んでいる周りの図書館は、どこも、ショッピングセンターと同じ場所にあってにぎやかな雰囲気ですが、今回のところも含めて、ノースショアにある図書館は、海が眺められるとか、見晴らしのよいところもあって、趣が違って楽しいです。かわいい

みなさんも、暇な時間があったら、図書館をぜひ利用してくださいるんるん

(manuka)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(4) | わたしの街

2011年09月27日

Rabbit Island

こんにちは。ネルソンのゴメスです。

9月25日から、ついにサマータイムが始まり、一時間早くなり、日本との時差が4時間になりました。その日も、仕事だったために出勤時間はいつもと同じなのに、体はいつもより一時間早く起きなくてはならない感覚で、とても疲れました。ふらふら
職場のもう一人のワーホリの子は、サマータイムのことを忘れていて、職場からのモーニングコールで起こされていました。

今回は、私はサマータイムの開始日を忘れませんでしたが、数年前、旅行をしているときに忘れていて、バス停でひたすら待ちあぐんでいたことを思い出します。バスがなかなか来ず、やっとバスが来て、友達の家に着くと友達がサマータイムのことを教えてくれ、納得がいきました。今年気づいたのですが、テレビのコマーシャルでサマータイムが始まることを教えてくれて親切だなと思いました。


明るい時間が増え、温かくなってきたので、今回はネルソン近郊のビーチの紹介をしたいと思います。

まず、Tahunanui(Tahunaともいいます)というネルソンから車で、10分ほどのところにビーチがあります。ここは、市内からバスも通っているので、車がなくても行けます。市内から歩っても30分ほど海岸線を歩くので、とてもいい気分転換になります。ここの近くには、ファーストフード店や、モーテルなどがあり手ぶらで行ってもOk です。

また、小さな動物園もあり、面白いです。動物園ですが、動物の種類は期待できませんが・・・。


ネルソンから西に車で30分ほどのところに、Rabbit Islandという素敵なビーチがあります。黒ハート
ここはビーチだけでなく、森林公園のようなところになっていて入場門があり、時期によって変わりますが朝5時くらいに開き、午後7時半に閉まります。

ここは路線バスが通っていないので、車がないとなかなかいけません。そして、近くにはお店はありません。
このRabbit Islandには、バーベキュー台があらゆるところにあり、家族連れや大勢で一日中ゆっくりするには持ってこいのところです。

広いビーチが続き、とてもきれいで、遠くにはネルソン市内が見えて、私のお気に入りの場所です。このビーチには、貝殻がたくさんあります。このビーチは、ローカルのおきに入りのビーチのようです。

ネルソンからさらにずっと西に行くと、MarahauやGolden Bay、Abel Tasmanなどとてもきれいなビーチがあります。Abel Tasmanへのトランピングはとてもきれいで良かったです。もう一度行きたいと思っています。

ネルソンに来ることがあれば、是非きれいなビーチに行ってみてください。

ひらめき
NZのビーチ素敵です、という方。
ワールドカップ盛り上がってます!、という方。
ニュージーランドの海の水は冷たいです!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング





(ゴメス)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(3) | わたしの街

2011年09月08日

STAR DOME

こんにちは。manukaです。

今週の子どもの算数の宿題は、ワールドカップにちなんでスタジアムのシートの数を計算したり、出場選手の人数を計算したりするような文章問題です。学校の先生の出題アイデアに感心しましたが、そんな心をくすぐる工夫も、算数嫌いの子どもには伝わらないようで、私のほうが必死に問題を解く始末。月曜日の夜から宿題をみていますが、一向に興味は増しません。

先日、紹介したワールドカップの雰囲気も日に日に高まっているオークランドです。オークランドでは、地区ごとにいろんな国を応援していて、日本はミッションベイという地区が割り当てられています。私が住んでいる地区はアイルランドで、みんなの家の庭先や車にアイルランドの旗を見かけます。中には、車をカラーのガムテープで国旗柄に装飾している人もいて、終わった後を心配してしまうような人もいます。揺れるハート

先週の土曜日の夜、急にバイトの日程が変更になったため「おひとりさまプラネタリウム」をしました。
プラネタリウムは以前から一度は行ってみたいと思っていた場所です。
日本とは違う星座が輝く南半球。しかも、よく見えるのでもっと知りたいと、ずっと思っていました。

今回、私が行ったのは、オークランドのワンツリーヒルにあるプラネタリウム「STAR DOME」です。

ひとりで2つも連続してショーを見ました。そして、ショー後のプチお勉強会にまで参加。
一つ目は「BLACK HOLES- The other side of infinity」
ガイドさんは、最初の案内だけであとは、作られた映像を見ます。これが、けっこう迫力があって、めまぐるしく変わる映像に、気持ち悪くなってしまい、目を閉じたら・・・そのまま寝てしまいました。。。ふらふら

気を取り直して、2本目「THE SPRING NIGHT SKY」を見ることに。これは、春の夜空に見える星座や惑星を中心に説明してくれるもので、ガイドさんの詳しい説明付きなのでわかりやすくて、とても面白かったです。
今、肉眼で見えている惑星を質問され“これは金星だよ〜みんなわかってるよ〜これくらい”なんて思ってたら大間違い、質問された惑星は土星でした。

理科、苦手だったんです。。その後、質問された、それぞれの惑星の衛星の数も覚えてなかったし、名前も木星の衛星「タイタン」くらいしか出てきませんでしたふらふら

北半球の日本にいたとき、金星や木星(たまに)は判別できていましたが、あの星座の間にあったはずと思っていても、惑星は移動しちゃうので、たまに夜空を見るくらいでは、すぐに見失っていました。しばらくは、せっかくわかるようになった土星を追いかけてみようと思います。

このスタードーム、展示を見るのは無料で、ショーが有料となっているのですが、大人でも10ドル、これがスクールホリデーになるとさらに安いらしいです。しかも、私が行った日はキャンペーンでひとつは5ドルで見ることができました!

周りは家族連れがほとんどで、夜だったせいか、おひとり様は他にいなくて、シートを選ぶときには少々、居心地が悪かったですが、始まってしまえば楽しめました。

今回は、予定せずに行きましたが、他にも面白そうなプログラム(ワインやフード付きの大人用のショーもあります)があったので、次はプログラムに合わせて行きたいと思います。

そして、帰る時、天の川と南十字星が輝くポストカードを購入。さっそく日本の友達たちに手紙を書きました。よく見みると、そのポストカードの写真を撮影したのは日本人でした。オーストラリアで撮影されたものでしたが、こんなところでも日本人の活躍に出会えて、勝手に誇らしい気分になりました。黒ハート

ニュージーランドに来てからの一番の星空は、以前紹介したロトルアで見た夜空で、やっぱり自然の美しさには敵いませんが、ショーとして楽しむのには、プラネタリウムもおもしろいなと思いました。

20110908_1_manuka.JPG

機会があったら、ぜひみなさんも行ってみて下さい!
http://www.stardome.org.nz/

ひらめき
NZの星きれいですよね!、という方。
冬は特に南十字星がきれいです、という方。
ニュージーランドのプラネタリウム行ってみたい!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(ゴメス)
(manuka)
posted by キックオフNZ at 06:58 | Comment(4) | わたしの街

2011年07月04日

イーデンパーク

こんにちは!manukaです。

先日、チャイニーズに夜ごはんを食べに行きました。わーい(嬉しい顔)

ヌードルが食べたくなって行ったので、メニューにあった揚げたチキンが入ったスープタイプのライスヌードルを注文しました。わーい(嬉しい顔)


一緒に行った友人も同じヌードルを注文したのですが、オーダーを取り終わった、店員さんがテーブルに戻ってきて「ライスヌードルが1食分しかない」と言います。


じゃあと、注文を考え直して、エッグヌードルだったらあるのかな〜など質問をしながら、再度、メニューを見ていました。スープタイプのヌードルが食べたくて、チキンが入っていて、チキンは揚げてなくても良くて・・・と言っていたら、店員さん「OK」と別のチキンライスヌードル2つねと言ってキッチンへ。

その後、運ばれてきたヌードルを食べようと、箸をつけると・・・

!!インスタントラーメンが混ざってる??がく〜(落胆した顔)

20110704_1_manuka.JPG

さっき、確かにライスヌードルは1食分しかないって言ってた・・・


それで、注文を変えてと言ってきたはずなのに、何故か具のタイプを変えただけのライスヌードルの注文を取って戻って行ったのは・・・こういうこと?! がく〜(落胆した顔)


なぜレストランにインスタントラーメンがあるんだ?がく〜(落胆した顔)

それを、ライスヌードルと混ぜて出してくるとは・・・カルチャーショック??

日本じゃ、こんなことありえない!と思いましたが、衝撃的すぎて、怒るどころか、おもしろくいただきました。 わーい(嬉しい顔)


さてさて、ゴメスさんの記事に乗っかることが多い私ですが、ふたたび・・・


もうすぐ開催されるラグビーワールドカップのメイン会場「イーデンパーク」についてです。

イーデンパークは、数年前から今年のワールドカップと2015年のクリケットワールドカップに備えて、周辺の道路や駅、スタジアムなどの整備が行われていました。ラグビーのワールドカップでは60000人の観客を収容するそうで、もちろんニュージーランドで一番大きなスタジアムです。黒ハート

ワールドカップでは試合ほか、開会式や閉会式なども、ここで行われます。

世界中の、ラグビーファンが来るんだろうなと思います。

世界中のお客さんを迎えるこのイーデンパークですが・・・・


ここのスタジアムの最寄り駅は「キングスランド」という名前です。スタジアムのすぐ横にあって、スタジアム内部まで徒歩5分もかからないと思います。


ニュージーランドは車社会で、多くの人が車を利用しています。オークランド市内には電車も走っていますが、あまり鉄道網が整備されているわけではなく、本数も少ないです。


私も、まだ電車に乗ったことがありません。公共交通機関としては、電車よりはバスのほうが便利な印象です。


ワールドカップで来るお客さん達も、電車じゃなくて、みんな自家用車かシャトルバスとかを利用するのかな・・・60000人。どれだけのシャトルバスが必要になるんだろう・・・と疑問を持つ私。

なぜなら、60000人を収容するスタジアムの最寄り駅が、とっても小さいんです。

20110704_2_manuka.JPG

プラットホーム幅もとっても狭いし、短い。

しかも、けっこう原始的で、プラットホームから直接、道に降りれる階段がついています。

20110704_3_manuka.JPG

ワールドカップなどの大きなイベントでは、自家用車で会場入りすることが規制される日本から来た私は、イベント時はなるべく公共交通機関を使って・・・と思っていましたが、観客の1/6が利用しただけでも、この駅はパンクしちゃいそうです。ふらふら


普段、電車を利用する人が少ないので、ワールドカップのためだけに、ばかでかい駅を作るわけにはいかないんだと思いますが、けっこう市内中心部から近いところにあるので、たくさんの人が自家用車を使って来ると駐車が大変そうです。

この駅がどんな状態になるんだろうとか、ワールドカップにまつわる楽しみが徐々に増えてきました。試合を観にいこうと誘われながらも、まだ、どうするか決めていない私ですが、せっかくこっちにいるので、1試合だけでも観に行けたらいいなと思っています。 揺れるハート


ひらめき
ラグビー大好き!、という方。
ワールドカップはNZが優勝します!、という方。
オークランドの電車乗ってみたい、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(manuka)
posted by キックオフNZ at 07:01 | Comment(6) | わたしの街

2011年06月14日

インバーカーギル

こんにちわ。ネルソンのゴメスです。かわいい

私が出会うワーホリ友達で、南島を一周しましたと聞くと、私はインバーカーギルも行ったか聞きます。ほとんどの人は、インバーカーギルに行かず、ダニーデン〜テアナウ、もしくはクイーンズタウンに行ってしまうようで、インバーカーギルに行っていないなら、南島を一周したとは言えない!と内心思っています。ふらふら

インバーカーギルはsouthland地区で一番大きい街なのですから!!!るんるん

と言っても、私のNZの“故郷”だからこだわるのだと思います。
黒ハート
NZを知っている人は、インバーカーギルをあまりよく思っていませんが、私の落ち着く場所だと思います。好きな街の一つです。

初めてNZに来て、クライストチャーチで飛行機を乗り変えて、Air NZのプロペラ機で着いた土地は、インバーカーギルでした。人生で初めて乗ったプロペラ機は、少し怖かったです。NZでは国内線ではプロペラ機が多くあります。


2月の初めで、夏の終わりのはずが、その日は風が強く、日本を出るときに来ていた厚手のジャケットがちょうどよかったです。寒くてびっくりしました。


インバーカーギル。
NZでは、インバーカーギルをインバーカーゴと言わないと通じません。
Invercargill。
インバーカーギルは、NZのド田舎と思っている人がたくさんいます。

インバーカーギルは、天気が変わりやすいでとても有名です。

インバーカーギルは、国内で唯一トァタラの人口繁殖をしている美術館があります。黒ハートSouthland Museumの中にあります。Henry というトァタラはとても大きいです。

20110614-ゴメス‐トァタラ.jpg

インバーカーギルはフィッシュ&チップスが安いです。黒ハート
他の街に住んで、高さにびっくりしました。

インバーカーギルは、ブラフに行くために通過する街で、ブラフからはスチュアートアイランドにいけます。スチュアートアイランドはとってもきれいで、トランピングに行って、自然に魅了されました。
もう一度行きたいです。野生のキウイにも会えます。

インバーカーギルは、多くのキウイにいい印象がありませんが、私は好きです。私のNZライフが始まったところであって、NZが好きになった場所だからです。

今でもインバーカーギルに行くと、故郷に帰ってきたと感じます。黒ハート

時々、インバーカーギルに行ったことがない人が、インバーカーギルなんて・・・と言いますが、私はそのような判断が嫌いです。

百聞は一見に知らずというように、自分が見て体験してから物事の判断はできるはずです。

そのことについて他の人から話を聞いたと言っても、他の人の感覚で物をとらえていて、それは自分の感覚ではないので自分自身の物事の判断はできないでしょう。

そして自分の判断が他の人と違っても、自分が見て体験したのなら、それはそれでいいと思います。それが自分らしさであって、そこには正しい、間違っているの解答はないものだと私は信じています。


観光にはあまり適してない街ですが、一日で観光は十分できると思います。余裕を持って数日になる予定を立てると、逆に退屈だと思います。

もし、インバーカーゴに行くことがあれば、是非Henryに会いに行ってみてください。黒ハート


ひらめき
インバカーゴ好きです、という方。
NZはきれいな街が多いですよね、という方。
ニュージーランド旅行をしたい!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(ゴメス)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(10) | わたしの街

2011年05月19日

ここは、どこ?

こんにちは!manukaです!

今週から、本格的に秋?冬の気配を感じるようになりました。
友達は、季節先取りで、インフルエンザになったようで4日間も熱が下がらなくて大変だったからと、私に、インフルエンザの予防注射を打つようにと、おススメがありました。
テレビでもインフルエンザの予防をしましょうというキャンペーンが流れてきているので、予防注射も含めて、うがい、手洗いをしっかりして、かからないようにしたいと思います!


あと、冬に雨の多いオークランドでは、緑の芝生に、赤や黄色の落ち葉が落ちていて、そのコントラストがキレイで、見惚れています。


20110519_1_manuka.JPG
窓から見える、紅葉です。

今日のタイトルは「ここは、どこ?」です。


20110519_2_manuka.JPG

まるで、ニュージーランドとは、思えないこの建物。。。
私が滞在しているオークランドの南エリア、ボタニーにあります。
これが、何かと言うと、中国の人が建てた、「お寺」です。

オークランドには、もちろん、教会やモスクなどの宗教施設をあちこちで見ることが出来ます。
でも、こんなに、大規模なものがあるとは、思っていませんでした!しかも、お寺が!オークランドシティの中には、いくつかの大きな教会がありますが、大きさだけで言うと、お寺の方が大きいです。

門をくぐると、ここがニュージーランドであることを忘れてしまうような空間が広がっていました。まさに、ここは、どこ?私は、一体、どこにいるの?って気持ちになります。

中は、お線香の香りで満たされています。

その香りに癒されながら、奥に進むと、きれいに整備された中庭と、大きなお堂が待ち構えていました。

20110519_3_manuka.JPG


中には、大きな仏様?も・・・


20110519_4_manuka.JPG

とにかく、立派です。奈良の東大寺を思い出してしまいました。
静かで、落ち着いていて、それでいて、けっこうおしゃれなギャラリーや、茶房も併設されています。


最近、厭世的とまでは、いきませんが、重なるトラブルに落ち込むことが多かった私。
そんな私を心配して、訪ねてきてくださった方が連れて行ってくれたお寺。
その人の優しさと思いやりと、ちょっと、日本のような空間で、時を過ごせたことで、ほっこりと、いい気分になることができました。黒ハート

今度は、ホームシックになった時に、また、訪ねようと思いますわーい(嬉しい顔)

オークランドにお住まいの方、けっこうおススメです!
良かったら、行ってみてください!


ちなみに、このお寺がある通りの名前は「chapel Road」、お寺から少し行くと、通りの名前の由来になったんだろうと思われる白くて小さいチャペルもあります。チャペルロードにお寺っていうのもすごいなと思いましたが、こちらのチャペルも、可愛いかったです。かわいい


また、ガイドブックには載っていない、オークランドの、おもしろい場所や興味深い場所をご紹介していきたいと思います!


ひらめき
日本を少し思い出しますね、という方。
manukaさん、応援しています!、という方。
ニュージーランドでお寺を訪れるのもいいですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング





(manuka)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(5) | わたしの街

2011年04月18日

テニスコート

こんにちは!manukaです。

今週から、スクールホリデーになりました!これから2週間、子ども達はお休みです。
日本の学校のように宿題もないので、思いっきり遊べます!わーい(嬉しい顔)

ニュージーランドの学校は4学期制。
日本は3学期制が多いけど、2学期制にしているところもあるよと話すと、「日本の子どもは、大変だね〜」と言っていました。わーい(嬉しい顔)

子どもたちは大喜びですが、私は、これまで子どもが学校に行っている時間はフリーだったのに、毎日、朝から晩まで子どもと過ごすことになります。子どもと遊ぶのは楽しいですが、連日、朝から晩までとなると、ちょっとハードです。ふらふら
早くも、学校が始まるのを待ってる自分がいます。

さてさて、皆さんは、何かスポーツをしていますか?

私が住んでいる家の向かいには、テニスコートやサッカーやラグビーができるグラウンド、子どものプレイセンターなどが併設されたドメインがあります。

もちろん、全てフリーで使えます。黒ハート

夕方や、休日になると、けっこう賑わっています。
馬に乗って散歩している人、テニスをする人、犬を散歩させる人、サイクリングをしている人・・・みんなそれぞれに楽しんでいます。

私の家の前に限ったことではなく、ニュージーランドには、至るところに、こんなプレイグラウンドがあります。
公共のものの場合は、たいてい無料で使用することができます。

日本でテニスをしようと思ったら、コートの使用料だけでも、けっこうお金がかかります。
しかも、予約をして、思いついたからと言って、すぐにプレーができるわけじゃない。
それが、タダでプレーできて、好きな時間に好きなように利用できるなんて!!

先週は、子どもが学校から帰ったあと、毎日のようにテニスに誘われ、プレーしていました。

元々、テニスはしていたんですが、実に何年ぶりにラケットを持ったことか・・・なんとか、ラリーが出来てるような状態です。
にもかかわらず、2日目くらいから、全身を襲う筋肉痛が・・・
こちらに来て、毎日のように子どもと鬼ごっこをしたり、トランポリンをしたり、泳いだりしていたので体力はついたと思っていたんですが、甘かったです・・・もうやだ〜(悲しい顔)

プレーをしている途中で、足を襲う激痛まで・・・学生の頃のような感覚で、動いていたら危ないなと思いました。

フリーなのに、ゴミもないし、みんながちゃんとフェンスを閉めて帰ったり、ちょっとしたことですが、ルールじゃないマナーが定着しているので、毎回、気持ちよく使えます。

このスクールホリデーの間も、がんばって子どもと一緒に汗を流しに行きたいですexclamation


ひらめき
スクールホリデーですね!、という方。
ニュージーランドは4学期制です!、という方。
たまには休みがほしい!、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(manuka)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(3) | わたしの街

2011年04月04日

図書館

こんにちは!manukaです!

4月3日の夜中に、デイライトセービングが終わりました晴れ

これから、オークランドは雨の季節です。友達や、家族達から、オークランドの冬は、本当に雨ばっかりだよ!と脅かされてますふらふら

冬に、湿気に気をつけて生活しなきゃいけないって、初めての経験ですが、ちょっと変な感覚です。
クローゼットとかにカビが生えたりするとも聞くので、ぜったいにカビを生やさないようにしなきゃと思ってます!

そして、そして、先週ご紹介した(「サポート商品」参照)我が家のQuailの雛が生まれました!!
うずらの卵サイズの卵から生まれた雛はやっぱり、すっごく小さくてかわいかったです黒ハート

なぜ過去形なのか・・・
生まれて2日後に、いなくなっちゃったんです。。。

本当に小さかったので、鳥小屋のフェンスの隙間から出ることも出来たので、そこから外に出てしまったか、あるいは、鳥小屋の下に穴が開いていたので、ねずみに食べられてしまったか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

子どもは7歳ですが、自然の摂理をよく知っています。
ねずみに食べられちゃったんだろうな〜と言って、小屋にあった穴を塞いであげていました。そんな健気な姿に、胸を打たれました。
卵はあと2つ残っています。子どもと新しい雛が生まれることを待つことにします!

さてさて、今日は図書館のご紹介です。

オーペアをしているおかげで、スーパーマーケットにすら、あまり行かない私が、一番よく通ってる場所が図書館です。

私がよく行くのは、近くのショッピングモールの中にある図書館です。
規模は大きくないんですが、雑誌もたくさんあって便利です。カフェも併設されていて、図書館の中に持って入ることもできるので、コーヒーを飲みながら読書を楽しむことができます。

そして、ここの図書館は、いくつかのブースに分かれているんですが、その中には、ミラーボールが回っているところがあったり、音楽が流れていたり、図書館っぽくありません。
もちろん、静かなブースもあるんですが、学生がたくさんいる日は、そこも賑やかです。

そんな図書館で、読んでいるのが、日本の漫画です。
日本の漫画が英語に翻訳されています。「赤ちゃんと僕」「GTO」なんか読みました。
「ただいま」の「I’m home」。漫画を読んでると、たくさん登場しますが、こっちに来て、一回も使ってないな〜とか思いながら読んでいます。
原作が分かるので、すいすい読めて気持ちいいです。

たくさん、たくさんの日本の漫画が目の前にあるんですが・・・
「金田一少年の事件簿」や「花より男子」などなど読みたい漫画はたくさんあるんですが・・・
残念なことに、全部、中国語なんです!!!
私が住んでる辺りは、中国系の方がたくさん住んでいます。
日本の漫画が、中国語に翻訳されて、ニュージーランドの図書館にあるって・・・これも、ちょっと不思議な感覚です。

それと、英語の勉強用の本も読んでいます。
レベル順に分けられるんですが、最近、スターターレベルを全部読み終わりました!

背伸びしないで、確実に読めるところからと始めたんですが、簡単で、意味も分かるのに、日本語に直そうとすると、ちょっと難しかったり・・ふらふら

その中で、ちょっとおもしろかったのが、「survive」という本です。ケンブリッジが出している英語学習用の本の1冊なんですが、この本、interactive bookになっていて“小型飛行機を操縦していたら、エンジンにトラブルが発生しました。あなたは山の頂上付近を飛んでいます。”というところから始まって、
A. 木があるほうに着陸する。→○○ページへ
B. 深い雪の上に着陸する。→○○ページへ
って感じで進んでいきます。
選択を間違えると死んでしまいます。

木の実を食べますか?とか、川に魚がいるけど食べますか?とか質問があって、本気で迷いました。そして、1回選択ミスをして・・・^^;

英語のできないところを挙げればキリがありません。


でも、今はまだ少ないけど、できることもあるので、そこを伸ばしていけるように、これからも図書館通いは続けたいと思います!


ひらめき
うずらどこにいったのかな?、という方。
NZの図書館大好きです、という方。
ニュージーランドで日本の漫画よみたい、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング





(manuka)

posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(5) | わたしの街