.

2008年05月30日

気をつけなければいけないこと

こないだ映画をみた。晴れ

その時に思い出したある出来事。

その映画の中で何度も「F –WORD」(Fから始まる4文字のとてもいけない言葉!)や「F ○○KING」という言葉を聞いた。何度も何度も主人公やその周りの人たちが使っていて映画自体は本当に素晴らしいものだが、なんだか気分が悪くなった。もうやだ〜(悲しい顔)

なぜなら「F○○KING」は「F-WORD」に比べればそこまで強くない。強調した言い回しで、使う人も多い。でも少なくともハッピーな時に使う、もしくはハッピーな人が使う言葉でもない。大体にして普通は使わないべき。

オークランドには沢山のアジア人学生がいる。こないだ町を歩いているとき笑いながら「F○○K YOU!」と叫んでいる学生をみた。まっ昼間の人ごみで!

英語を話すネイティブスピーカーでも喧嘩をして本当に頭にきた時くらいしか使わない。日本語ではそれに値する程悪い言葉はみつからないくらい。

そんな光景を見ているとカナダで働いていたときのボスの言葉を思い出す。

「AI、町には留学生が本当の言葉の意味も知らずに簡単に悪い言葉を使いたがる。でもAI、あなたは絶対使っちゃ駄目よ。」

「教養のない人が使う言葉よ。」と・・・。

もちろん国によっても土地柄によってもその「F-WORD」を聞く頻度は違う。例えばカナダではほとんど聞かなかったけど、イギリスでは結構聞いた。特にアメリカなんて地域によっても全然違うだろう。

でも少なくとも英語を母国語としない私達が意味もわからず、どれだけ汚い言葉かもしらずに簡単に使う言葉ではない。言葉だけではなくマリファナもそう。アメリカやカナダでは実は結構普通なこと。バーに行くと時々普通に吸っている光景をみる。マリファナは他のドラッグに比べて中毒性も低く、タバコの方が体に悪いとも言われている。当時の留学生の友達は一緒になって吸っていた。

でも彼ら現地人はドラッグの教育も学校でちゃんとうけたうえで(もちろんよくないけど!)吸う。F-WORDも同じ話。

なのに留学生の中にはたまに遊び半分でその土地の文化も、言葉、行為もちゃんと理解せず軽視して真似してしまう人がいる。絶対にしてはいけないこと!皆がやっているからとふざけ半分でも駄目exclamation

こんなことをいいながら私は昔から物事をよく考えずに行動していた。(これは行動力とは違う、ただの「軽はずみな行為」!)まあいいか、と雰囲気にのまれて・・。それでも一線を越したことはないが海外にくると自分自身の行為にいつも以上に責任感をもたなければならない。言葉も行為もそう、INNOCENTとNAÏVEの違い。

今でもその気はあるが、このことに気がつけたことで成長できた。

ワーホリの経験が私を何歩も大人にさせてくれたのだ。

ひらめき
使ったことありません、という方。
友達が使っています、という方。
どういう意味ですか、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

(Ai)




posted by キックオフNZ at 05:06 | Comment(20) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
Aiさんのブログを拝見して、言葉の大切さを改めて認識します。

「時に言葉は刃物のより鋭く人を切りつける」と言われますね。切りつけられた人の傷が見えない分、怖いことだと思います。

私もまた、改めて別の角度から英語を勉強していこうと思います。
Posted by Umi at 2008年05月30日 05:50
UMIさま。
UMIさんっ、全くその通りだと思います。普通の形容詞でも言葉によって強い表現も弱い表現もある。あまりいい意味でないのは使うべきでない、と学んだ経験があります。自分自身がそれで彼を傷つけたことがあるからです。「STUPID」です。日本語で「バカっ」というのとは比にならない程強い表現だと昔は知らず、相手は凄くショックを受けて、すごく反省したのを覚えています。
Posted by Ai at 2008年05月30日 06:20
テレビや映画でもよくそういう言葉は出てきますよね。私の好きなテレビ番組の一つにも、「The F-Word」という名前でGordon Ramsayというスコットランドのシェフの番組がありますが、かなり言葉は悪いです。

日本国内でも、関西と関東で言葉のニュアンスが違ったりしますので、英語のニュアンスや意味を理解して使うのはかなり難しいです。
Posted by Kickoff-T at 2008年05月30日 10:53
私もまだ小学校卒業後12歳ですぐに留学した時はfuck u!やshitなど汚い言葉ばかり使っていました。まあ子供だったのでまわりの大半のkiwiも使っていましたが。18歳をこえてからはさすがに使いませんね。使ったら大人としての風格も何もあったもんじゃない。
Posted by 19の大人 at 2008年05月30日 11:15
kickoff-Tさま。
私もその番組みたことあります!面白いけど結構悪い言葉多いですよね(笑)西洋の常識だとキッチンというのはそういう言葉が飛び交う職場らしいです・・・。(と西洋の方々が言ってました。)いろいろな人と話して町でも耳を傾けて、言葉の意味の強弱も学んでいきたいです!
Posted by Ai at 2008年05月30日 13:31
19歳の大人さま。
こんにちは、始めまして!
12歳からって!!長いことこっちにいるんですねっ。(羨ましいっ)そしてやっぱりですか!こないだ図書館で地元の子供たちの会話でも聞いたので(NZではどうなんだろう・・)と不思議に思いながら、でも確かに、大人の風格も言葉遣いで決まりますよね。どの言語も同じなんですね!
Posted by Ai at 2008年05月30日 13:36
私もHurry up!と言ったときに、ニュージーランド人の友人にちょっと強い言葉だと言いなおされたことがあります。

何か失敗したときや、しまったー、やられたーというときに、ニュージーランド人が「bugger!」というのは結構好きなんですが。ふふ。
日本から遊びにきた友人は、「ばかっ」って言ってるのかと思ったーと言ってました。

オーマイガッも、本来は宗教的な意味の言葉なので、あまり頻繁に軽々しく使ってはいけない言葉なのかもしれないですね。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2008年05月30日 19:44
はっぴぃきうぃさんだっ!はっぴぃきうぃさんも経験あるんですねっ、、私しょっちゅうです・・。ブリジットジョーンズを見たとき(たしか1の方です!)ブリジットが「bugger off!!」と言っていたのを「何と言っているのだろぅ」とDVD巻きもどしてノートに書きとめたのを覚えていますっ。イギリスでよく聞きましたっ。自分自身が使うのは上に書いたように簡単にはできないけど、いろいろな表現を知っていくの楽しいですよね。こないだはテレビで誰かが「oh my god」と言わず「oh my!」で止まってて、「ほほーっ、止まれるんだっ」って新たな発見をしました!
Posted by Ai at 2008年05月30日 21:05
こんにちは〜!
F-word、私のクラスメイトのオンナノコが使ってますね〜。彼女はまだ若くて(19歳)、キャラクター的に不快感を与えるわけではないですが・・・いずれオトナの品格を身に着けていったらいいな〜と少し?お姉さんの私は思っています♪

私の周囲のキウイ(主に女性)は、「Oh,my god!」じゃなくて「Oh my goodness!」をよく使ってます。こっちのほうが品がいい感じがしますよね。(宮崎駿監督の『魔女の宅急便』英語吹き替え版でも、パン屋のオソノさんが「Oh my goodness!」と言ってました♪)

英語がセカンドランゲージである私たちには、使い方が難しい言葉ってたくさんありますね。
ネイティブらしい言い回しを使ってみたい気持ちと、「ネイティブじゃない私が言ったら変かな?」という気持ちのハザマで悩むこと・・多いです(^^;
Posted by 虹 at 2008年05月31日 13:53
虹さ〜ん!!!わかりますっ、その気持ちすっごく!こないだ(結構前ですが・・・)日本の芸能ニュースで「沢尻エリカロンドンから帰国」、そこに「パスポートがみつからず、流暢な英語で"oh shit!!"」と書いてあって思わず笑っちゃいました。ちなみに私の一番のお気に入りの映画"Legally blond"では主人公のエルは"oh my gosh!"とよく言っていました。土地によっても表現も違くて、なんだか楽しいですよね。たまに私がイギリスで使っていた表現をアメリカ人の彼に使うと通じなかったり、私の仕事仲間だったイギリス人とアメリカ人が意思疎通ができなかったり、日本人の私は「ほぉ〜っ」とただただ新しい表現として学ぶ立場ですが、奥が深くてホント面白いですっ。でも、たまに学んだ表現を使える場を狙って試すのもいいですよねっ。小さな感動に出会える気がしますっ(笑)
Posted by Ai at 2008年05月31日 20:44
流暢な英語で"oh shit!!"は私も違和感を覚え笑えました。まだ表現することができなかった頃、腹が立つとshitで全てを片付けていたのを思い出しました。流暢なわけではないですよね?若かったなぁ、と懐かしい気持ちになります。でも沢尻エリカさんは私より年上ですけどね。
Posted by 19歳の大人 at 2008年06月02日 00:07
あっ!!見ましたっ!?ニュース!たぶんかの「エリカ様」でも表現力が少ないのかもしれないですねっ(笑)彼女も留学生と同じ悩みを密かに抱いていたり・・。確かに私は今いろいろな表現を学んでいる時ですが、怒った時とか文句を言いたい時の表現がまだまだ足りず、悔しい思いもよくします!!(笑)
Posted by Ai at 2008年06月02日 08:39
私も「エリカ様」のニュース見ました〜。
彼女自身より、「oh,shit!!」を流暢な英語と表現する日本のマスコミに笑っちゃいました。
思わず出た言葉が英語だった・・・ということなんでしょうけれども。

あと、とっさにこの言葉がでた彼女、イギリスで相当頻繁に使ってたのかな?(笑)
ふだんの言葉って大事ですねぇ!気をつけよう!

Aiさん、下品じゃない怒りのフレーズ、教えっこしましょう!
Posted by 虹 at 2008年06月03日 20:47
虹さんっ!こっちのコメントに気がついてくれることを願って!(遅れてすいません!)

はいっ、私は昔「stupid」だと雰囲気が悪くなるので「you suck」に変えてみたりしました・・(笑)
あと最近は大好きだった「Super nanny」から学んだめっちゃ子供言葉ですが
「poo poo head!」
「skinky butt!!」とかをあえて使ってみたりして。悪い言葉ほど積極的に覚えようとしてしまうのは気のせいでしょうか・・・(笑)
Posted by Ai at 2008年06月05日 07:22
you suckも言い方によっては喧嘩になりますよ。stupidも冗談ぽく言えば雰囲気は悪くなりませんよ。
Posted by 教授 at 2008年06月06日 11:20
教授さま。
教授さん、こんにちは、始めまして!
はいっ、その通りですよね、私も言い忘れましたっ。声のトーンってすごく大切ですよね!雰囲気とか。
Posted by Ai at 2008年06月06日 18:44
私はyou suckもstupidも使いません。言葉自体に品がありませんよね。
Posted by 教授 at 2008年06月06日 22:34
一線を越すことだけはダメよ。
バージニア工科大の人みたいに
我慢しすぎて変な形で超えてしまっては、
駄目よ!
Posted by yuki at 2008年06月07日 00:54
教授さま。
さすが教授らしいお言葉ですっ(笑)・・でも確かにこれらの言葉は品がありませんね、、。気をつけなければです!
Posted by Ai at 2008年06月07日 15:16
Yukiさま。
YUKIさん、始めまして、こんにちは!
はいっ、一線を越さないように気をつけます!
YUKIさんは何かストーリを面白い知っているようですねっ!?(なんだろうっ!)
「言葉」ってなんだか凄いですよね、、。様々な文化や人でも違う、だからこうやって沢山の人が沢山の意見を持っているんですよね!学ぶばかりです!
Posted by Ai at 2008年06月07日 15:23
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL