.

2017年08月24日

NZに到着した日のこと

こんにちは!Ayakaです。

私がNZに到着したのは6月13日の朝でした。
「厳しいらしい」と言われていた税関の入国審査が一番心配でしたが、私が案内されたのは若い女性と年配の男性のペアのブロックでした。しかし他は一つにつき一人の配置。
きっとこれは新人さんだったのでしょう。

入国カードに「食べ物あるよ」「外国の水に触れたものあるよ」という欄があるんですけど、それにチェックをつけたことで「何を持って来た?」と言われたのですが最初はわからず、審査官も新人さん(と決めつけています。笑)で、英語が通じない日本人に動揺。

あたふたした私たちの横から年配男性が簡単な英語で質問してくれて、結局(運良く?)その質問だけで無事に通過しました。(私が通過した後、年配男性が若い女性に「It is good practice for you」というようなことを話しておりました。私にとってもgood practiceだったよ、ありがとう。

制限区域の長〜い道と、入国審査を無事に終えると、それはもう晴天のオークランドでした。

手配して頂いていたお迎えの方もすぐにわかり、そのまま車に乗り込みます。

空港からステイ先までは1時間強かかるとのことで、最初は見たことのない景色にワクワクしながら外を見ていましたが、やはり疲れていたのでしょう。気付けば爆睡でした。
(余談ですが私は飛行機が大嫌いで、オークランドに来るまでの約11時間、寝ては起き寝ては起きの繰り返しでした。高いところが怖いのです。

寝ているうちに到着したホームステイ先。庭にホストマザーがいて、お迎えの方はすぐに帰っていかれました。

「Nice to meet you,Ayaka!」と晴れた日の朝の庭先でニッコリ笑って挨拶してくれたホストマザー。
この景色は、きっと一生忘れないと思います。

とはいえ私は英語がほぼ出来ません。ナイストゥーミーチューだけわかりましたが、その後色々と説明してくれた話は80%理解していませんでした…。しかし英語が苦手だと最初に言ったためか、ホストマザーは色々と言葉を駆使してコミュニケーションを図ってくれました。

「好きに過ごしていていいわよ。ここはあなたの家よ。」
と最初に言ってくれたことがすごく嬉しかったです。

そしてマザーはそのまま仕事に行きました。私は、元気だったら語学学校に行ってみてもいいと言われていましたが、身体が勝手に睡眠を取りました。笑

ちなみに私のホストファミリーは、家での決まりごとを紙にまとめてくれました。言葉がわからない私にとっては、文字にしてくださって本当に助かりましたし、最初に決まりを教えてもらえて良かったです。

ホームステイでは1ヶ月お世話になりましたが、本当に本当に良い家族でした。ホームステイ先については色々な話を聞くことがあると思いますし、私も実際にその通りだと思います。

一つだけ言えるのは、「感じた気持ちを大切にして欲しい」と思います。
良い気持ちも、もやっとした気持ちも、全て自分自身です。もやっとしたまま見ないふりをしていると、いつか絶対に爆発してしまいます。

万が一困ったことや聞きたいことがあれば必ず誰かに相談してください。

それはもちろん私でもいいし、学校の友達や日本にいる家族や友人でもいいと思います。簡単なことですが、留学生活を楽しく過ごすためにとても重要なことだと思います。せっかく来たからには、楽しい思い出をたくさん作って帰りましょう!


(Ayaka)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(2) | ニュージーランド
この記事へのコメント
税関、、、厳しいんですかね??
英語はなんとなくしかわからないので、ちょっと心配です。
ステイ先でトラブルはあんまりなかったんですか?
Posted by ケンタロウ at 2017年08月26日 00:23
ケンタロウさん
厳しいとか、厳しくないとか、色々な話を聞きます。
知人の中には全く英語がわからなくて、荷物を全部開けて確認された人もいます。でも、持ってきてはいけないものがないことと、入国カードに正直に書けば大丈夫です😄

私のステイ先は最高で、むしろずっと住みたいくらい居心地が良い家族でした!今後また詳しく書こうと思います♪
Posted by Ayaka at 2017年08月26日 20:15
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: