.

2017年02月27日

モラルとリミット

毎週末のように、釣りに出かけている私ですが、釣りをしながらボーっと考えたこと。

釣りをする人はしっていると思いますが、ニュージーランドでは地域別に釣っていい魚のルールがあります。
1日にどれだけ釣っていいのか。
各種類の魚の最小サイズはどれくらいか。

魚だけでなく、エビや貝類にもルールあります。

たとえば、オークランド周辺で鯛に関するルールだと・・・
全長30cm以上
1日7匹まで持ち帰りOK

30cmっていえば、かなり大きめの鯛ですよね。
釣り場に行くと、5cmくらいの小さなベビー鯛は、結構な頻度で釣れたりします。

もちろんルールがあるので、さばくことも、持って帰ることも出来ません。

でも、ここで少し考えてみてください。
手のひらよりも小さな鯛を釣って、食べよう。って思いますか?
まだまだ小さな子供。本来は30cm以上の大きさになって、海を泳いでいるのに、小さなうちに食べちゃいますか?

釣った本人が食べきれないほどの魚を持って帰る人を見て、どう思いますか?

ルール以前にモラルの問題になりますよね。

もちろん、文化が違えば、常識も違う。
ルールに従わなくてはいけない。

でも、いったん立ち止まって、よく考えてほしいです。

みんながモラルをもって、釣りをしていれば、ルールなんかなくても、楽しく釣りが出来る。
魚たちがいなくなる。なんてこともなくなるはずです。

本来の大きさまで、成長して海で泳いでいてほしいですよね。

でも、ルールがたくさんあるってことは、みんなのモラルが薄れてきているってことの表れかもしれない?と思ったり。

リミットのない魚でも、モラルをもって接してほしいです。
楽しい釣りをいつまでも出来るように、モラルを持って、ルールを守っていきましょう!

と、気難しい話はここまで。

モラルがどうのこうの、と言ってもやっぱりルールを知っておくのも大事。
ということで、ニュージーランド政府から出ている釣りに関するサイトをご紹介。

ウェブサイトから、釣りをする地域を選択。
詳しいルールパンフレットをダウンロード。

または

中にはルールがわかりやすいアプリになっているので、釣りに出かけるひとは、ダウンロードしてからお出かけしてくださいね。


知らないでは済まされない。
もしも、ルール違反をしてしまったら、罰金をはじめ、車やボートが取られてしまうので、必ずチェック!
逆に目に余るほどのルール違反を見つけた時には、すぐに電話かメールで知らせましょう。

Travel & Recreation
https://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/fishing-rules/
(サリー)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life
この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: