.

2017年02月13日

ニュージーランド定番

今日は、ニュージーランドならではの、定番フードをご紹介。

お土産にも持って帰るものもあるので、参考にしてみてください。

まずは・・・

1. Manuka Honey (マヌカハニー)
ニュージーランドのはちみつは、ガイドブックにもよく載っているほど有名。
もちろん、美味しい!
日本のはちみつは、砂糖がたくさん入っているので、甘味が強く、お料理に砂糖代わりに使っている人もいると思います。
Manuka Honeyは、クセのあるお味。ハーブティやワインとかに入れるのはオススメですが、なかなか料理には向かないかもしれませんね。

たくさん種類があって、わからない!どうやって選べばいいの?
ここで参考にしておきたいのが、この3つ。
UMF (Unique Manuka Factor)
NPA (Non-Peroxide Activity)
TA (Total Activity)

名前だけ聞いてもさっぱりですが、どれも殺菌効果を示した指標です。

UMFが審査機関を通して、数値を与えられているので、もっとも信用出来ると思います。数値が高ければ、高いほど、殺菌効果も高い。ちなみに、お値段も高くなります。

ということで、用途や予算によって、使い分ければOK。

2. Hokey Pokey Ice Cream(ホーキーポーキー)
これもキウィの中では、定番中の定番。
バニラアイスの中に、はちみつを固めたキャラメルのようなものが入ったアイス。どのアイスクリーム屋さんでも、売っています。

でもやっぱり、ニュージーランドっぽく食べるなら・・・
スーパーで2L入りの Hokey Pokey Ice Creamを買いましょう!ホームステイ家族やフラットメイトとシェアして食べるのもよし。
みんなで、あの大きなアイスクリームを一緒になって食べるのが、ニュージーランド風。

3. Chocolate Fish (チョコレートフィッシュ)
魚の形をしたマシュマロに、チョコレートがかかったお菓子です。

カフェでモカを頼んだりすると、コーヒーに添えて出てきたりします。いつもモカを飲んでいるので、ほかのコーヒーでもついてくるのかな?ちょっと不明。

お店によっては、全然甘くないチョコレートフィッシュを添えてあって、マシュマロが苦手な私もペロッと食べてしまうことも。

たま〜にですが、大学の講義中先生が問題に答えたTreat(ご褒美)として、渡してくれることも。
なんだか小さい子に戻った気分。

意外にもニュージーランド発祥のお菓子のようです。

4. Cookie Time(クッキータイム)

やっぱり最後はクッキータイム。
1枚入りの大きくて、あま〜いクッキーが入っています。ニュージーランドに来たら、1度は目にしているはず。

ニュージーランド航空国内線では、おやつとして配られているほど。まだこのサービスはしているのかな?
キウィにも、馴染みのお菓子。

最初は、「あまっ」とぴっくりするかもしれませんが、食べているとあっという間になくなっているから、さらにビックリ。

お土産にもピッタリな個包装タイプなので、ちょっとしたお土産に最適ですよ。

(サリー)

posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life
この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: