.

2017年02月02日

知っておきたいお家事情

数年前から感じてはいましたが、オークランド・・・というかニュージーランド全体の不動産の値段は、上がっていく一方。

まさに不動産バブル!!

毎週、毎月、家賃を払ってアパートを借りている私には、ちょっとキツイ。

実際、1年契約が終わった今、大家さんから「家賃値上げのお知らせ」が来ちゃいました。
内容としては、「週の家賃$40アップ」または「1年契約を結ぶことで$25アップ」
どちらか好きなオプションを選んでください。とのこと。

大学にも近くて、水道代も込みこみだし、すごく気に入っていたアパートなのに、結構痛い
すぐに決断出来ないので、もう少し考えてみます。

と、いい機会なので、少しだけ不動産事情について調べてみました。

まず家賃値上げについて。

今回、私がお知らせを受けたように、不動産会社または大家さんが「Rent Increase Letter(家賃値上げのお知らせ)」を書かなくてはいけません。

そのお知らせは、実際に値上げ家賃を払う60日以上前に、テナント(住人)の手に届くようにしなくてはいけません。
最短でも60日間は、値上げが出来ないようになっているんですね。

このお知らせは不動産会社(または大家さん)の責任なので、もし、不動産会社がちゃんとお知らせを届けなかった場合には、値上げの開始時期を延長してもらうことも出来ます。

でも残念なことに、不動産会社が「いくら値上げするか」に対してリミットはありません。つまり、お知らせさえすれば、いくらアップしてもいいということになりますね。

もうひとつ覚えておきたいこと。
1度家賃が値上がりした場合、180日間は次の値上げが出来ません。または、引っ越しした直後180日間は値上げが出来ません。

つまり毎月のように値上げしていったり、引っ越ししたばかりで、いきなり値上げされてしまう心配はないということですね。

1年間契約(Fixed Term Contract)になると、割引してくれる不動産も多いように思いますが、これは会社自体も「お知らせ」を書いたり、毎回住人が変わってしまうのを回避するためなのかもしれませんね。

家賃高騰で、生活費が上がってしまっていますが、オークランドはとっても過ごしやすいシティです。

フラットをするにしても、ちゃんと大家さんや不動産会社と契約を結ぶ必要があります。
口約束だけで、フラットやアパートを見つけている人もいるかもしれませんが、しっかりと責任をもって、契約を結んで、快適なニュージーランドライフを送ってくださいね。

(サリー)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | ニュージーランド
この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: