.

2005年05月24日

同棲物語

先週我が家を震撼させた事件・・・(ドンドン ドンドン)

その威力はとどまる所を知らず・・・(ドンドン ドンドン)

次から次へと人々を巻き込んでいく・・・(ドンドン ドンドン・・・・)



『ス ケ イ ビー!!』 

近日公開!!
 〜あなたの 近くにも 潜む恐怖〜



もとい。思いっ切りひっぱりましたが、説明します。

スケイビーとは=bug=虫。

南島の旅行から帰ってきて後、体に赤いぽつぽつが、しかも二つづつ対で出来てて

「ノミかなぁー。

二つづつなんて

かわいいなぁ☆」


なんて気軽に思ってたら次第に勢力を増し2ヵ月後、あっという間に体中に流布してしまった。


かゆみが激しく、掻けば掻くほど斑点が広がり、友達に「病院へ行きなさい」と促され行ったところ、

「スケイビー」


と判明しました。



そして何とこの虫、私のこの肌の下に住みついてます・・・。

どうやら南島のバッパーのベッドからもらって来てしまったらしい。

肌中に生息→

産卵→

かゆい→掻く→

卵が散乱→

新しい生命・・・


の繰り返しでこの度、彼らはあたくしの全身制覇を遂げました。


ドクター:「スケイビー、見たい?」と、見せられたのは500万倍くらいの拡大写真だったけど、

「きゃーーぁあ

 ひえぇーーぇ

 P%IRN$#+!@2W*#I2UH!!!!!」



まっじでキモイ。


しかもわたしのご飯が、彼らにもえさを与えて活性化させてるのかと思うと、ジャンクフード食ってやれーと思ったり。(かといって絶食という発想には至らない。)

ドクター:「でも通常は別に二つづつセットになってはいないのよ・・・?」

...とは通常じゃない、ってことですかい、だんな?


ドクター:「心配ないわよ、ただちょっとあなた、tastyだったのよ。」


・・・はい、栄養たっぷり系ですからー。



スケイビーは、タオルやシーツを共有したり、洋服を一緒に洗ったりするとうつるという事で、診断後ホストファミリー全員が消毒ローションを買わされ、洋服は一度全部洗いなおし、毛布をクリーニングに出し、、とてんてこ舞いでした。

もっと早く病院に行けばよかった、と。〆て120ドル、保険入っておいてよかった。


しかしそこでまた英語力の無さに直面。
消毒ローションの使用方法について、「シャワーを浴びた後、全身に薄く塗り伸ばすこと。パームやソールにも忘れずに塗る事。」


“パーム”・・・「椰子??」“ソール”・・・「魂??」。


外的消毒だけでなく、内面にも必要・・・?なわけないな。

辞書辞書・・・おー!パーム=手のひら、ソール=足の裏ではないか!



あほー。


そしてホストファミリー。
スケイビーの正体を知るや否や皆が口々に「なんか、かゆいかも」と言い出す始末。

それ、蚊じゃん!!


(べっち)


読んでる私もかゆくなったという方、
べっちさん、お大事ににという方、
スケービー飼ってみたいという方、
応援(誰を?)クリックお願いします。
posted by キックオフNZ at 06:33 | Comment(8) | TrackBack(1) | ニュージーランド
この記事へのコメント
8年ニュージーランドに住んでいますが、はじめて聞きました。スケイビー。(どんなスペル?)
こわいねー。そんな名前がついているということは、他にもスケイビーと同棲している人がたくさんいるってことだよね。
ひゃー。
考えただけで、かゆい話です。
塗り薬だけで治るの?飲み薬は?

はやく良くなってくださいね。
ましになってきてるの?
Posted by はっぴぃきうぃ at 2005年05月24日 06:38
scabiesです。辞書で引くと疥癬(かいせん)とありますが、よく分かりませんね。

時々かゆいですが、今はもう大丈夫です。バッパーとかでスケイビーをもらってくる人が多いようですね。
医者からは塗り薬(かゆみ止め)、ローション(虫殺す用・感染拡大を阻止用)をもらいました。3週間くらいで完治です。

会社の人に(3人)感染させてしまったのが辛いです・・・。
Posted by べっち at 2005年05月24日 19:56
はじめまして。
スケイビーの話、読んでて鳥肌もんでした。
疥癬は聞いたことありますが、症状は知らなかったです。
そんじょそこらのホラー映画より怖かったっすよ。ひゃ〜〜!!

かゆみが時々になって良かったですね。
…あ、私も何かかゆい(汗)

また、お邪魔します☆
Posted by ちゃみ at 2005年05月24日 21:07
ちゃみさん、こんにちわ。
読んでるだけでかゆくさせてごめんなさい。

でも顔にできなくてよかったと思って。何せ嫁入り前ですし。

またお越し下さい!
Posted by べっち at 2005年05月26日 10:12
どうも、ジェイです。

べっちさん、今回は大変でしたね!
ジェイはまだ同棲したことはありませんが、この前テレビでそういう虫があるニュージーランドでは有名な量販店では服の試着によって移る事が増えているそうですよ。だからジェイはなるべく試着しないようにしていますっていうか、ジェイのサイズの服はなかなか売っていないので試着すらできませんけど・・・笑

保険入っててよかったですね!
Posted by ジェイ at 2005年05月26日 10:33
ジェイさん。

まじで?服の試着でウツル・・・という事は私は試着禁止ですね。了解です。
Posted by べっち at 2005年05月26日 21:52
べっちさん。
私、蚊に刺されてたみたい(笑)
痒いはずでした。

母が看護師をしていたので『疥癬』のことを聞いてみたら…
[老人に多いんだよ]と言われましたよ!

と言っても、施設に入っている人達の事です。
人が多いところ要注意!って事なのでしょうね。
ジェイさんも書き込まれていたように、同じ服を着ただけでもうつるそうなので施設などではかなり気を使っているようです。
タオルの共有なども気をつけてくださいね。

何より、嫁入り前の顔が無事で良かった…(^0^)
顔は大事よね♪べっちさん☆
Posted by ちゃみ at 2005年05月28日 00:05
べっちさん、

なるべくしないほうがいいと思いますよ。でも試着しないで買うのもかなりの勇気ですよね・・・・試着してうつるのもイヤですよ。

ちゃみさん、

ってことは大学の寮とかも怖いですよね・・・大人数で住んでるわけですから・・・たまにクラスに遅刻しそうになってシャワー浴びてない人とかいるし!!
怖いよぉ〜!
Posted by ジェイ at 2005年05月29日 09:05
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL


南ア滞在日記(No.6)5/01
Excerpt: はじめまして。こちらはまだ馴染みに少ない「南アフリカ」Blogのnatalです。
Weblog: ベルグ-Berg 世界遺産
Tracked: 2005-05-24 22:12