.

2007年02月26日

Fes! Fes!

オークランドはサニーデイが続いています晴れ

前回のブログでうっかり実名を出してしまい、友人からダメだしを受けたDoraです、こんにちはわーい(嬉しい顔)

夏場の週末はさまざまなフェスティバルが、いろいろなパークで行われます。職場の先生から 週末マウントロスキルでいろんな国の食事が楽しめるフェスティバルがあるよと聞き早速週末遊びに行きました。車(RV)


dora070226_2.jpg当日は朝、フェスティバルのために食事を抜き現地でいろいろなものを食べまくろうと気合十分でした。シティからバスで30分ほどで開催地である公園に到着。腹ペコのDoraが想像していた食事はそこにはなく かわりにクロアチア代表!(にせ)が走り回っていました。サッカー
そうサッカー ニュージーランドの国民的スポーツ、ラクビーに比べてサッカーはまだまだマイナー。もうやだ〜(悲しい顔)はじめてサッカーが行われているのをニュージーで見ました。

水色のユニホームのチームが黒人ばかりということもあってかギャラリーも白人と黒人はっきり分かれて盛り上がっており、ちょっとした国際試合の雰囲気。

動きはというともっとレベル低いのかなーと思っていた予想を裏切り、みんなとにかくボールを追って走り回るタフな試合内容。がく〜(落胆した顔)この運動量に鋭い戦略が加わればいずれニュージーランドのサッカーもラクビー同様世界チャンピオンになる日が近いかもしれません。キスマークグッド(上向き矢印)

そのグラウンドを抜けていくと。。。人です 待ち望んでいた、おいしそうなニオイ目

ニオイの先は、様々な国の人々が営む露店。エチオピア、ベトナム、ラオス、アフリカ他ほとんど見たことがない食べ物でびっくり。

なに食べよっかなーとぐるぐる会場を回っていると、うつむき加減でジーと座っている少年に目が留まりました。彼の目の前のテーブルの上には白いボックス そこに

Donation for lao temple(ラオ寺院に寄付を)の文字が。。。

dora070226_4.jpgそうこのフェスティバル 発展途上国の避難民の生活保護資金を呼びかける目的があったのです。
ジーと座っている少年は時々咳き込み、体の調子が思わしくないことを感じさせ生活も大変だろうということも、すぐに想像がつきました。
ラオスの人々が生活保護を求めてニュージーランドに移民してくる。。。

日本で生活に困らない程度稼げ、そのお金で海外生活を満喫できる自分はなんて幸せなんだろうと思いました。オークランドのシティ内で、あまり見かけない黒人(差別用語だったら、ごめんなさい)の人々も多くフェスティバルでみかけ、その多くはアフリカからニュージーランドに移民して来た人々だと思います。日本でもよく 何万人の子供たちが毎日餓死のため死んでいます、募金をお願いしますと呼びかけられますが、募金箱を持っているのは、同じ子供たちでも食べることに困っていない人たち。彼らの活動はとても立派なことですが、餓死に苦しんでいるというリアリティが足りない。

一方このフェスティバルで募金を呼びかける人々は、自分たちが餓死や生活難を恐れて自分の国をでて移民してきた人々。母国が苦しんでいることをリアルに伝えることができる。そんなことを思ったら、あれだけおなかが減っていたのに、ふしぎに食欲も減退気味。。。

それでも露店でいろんなものを少しづつ買って食べていると、どれもうまいというか、やさしい味。

dora070226_3.jpg会場に設置されたステージに目を向けると、なにやらシーンとシリアスな雰囲気。ステージ上には一人の男性が 母国の治安 について熱弁を振るっている最中でした。
途中から公演を聴いたので、どこの国のことを言っているのか分かりませんでしたが、彼の国ではテロや暴力、犯罪が絶えないとのこと。一つ一つの言葉をゆっくり丁寧に呼びかける彼の姿勢は
これだけは伝えたいという気持ちが溢れており言葉を超えて、こちらに伝わってきました。

彼の公演の後、司会者が 僕らはなんてラッキーな国に生まれてきたんだ、ニュージーランドはテロもなく平和な国。感謝しないといけない 僕も含めて多くのオーディエンスがそう思ったに違いありません。

公演後 ズンチャカズンチャカ いろいろな国の音楽を伝えるパフォーマンスがはじまりました。るんるん

陽気なリズムに合わせて観客が踊りだす、楽しい雰囲気!晴れわーい(嬉しい顔)

シリアスな雰囲気から一転、みんな笑顔の楽しいステージへ。この切り替えのうまさがキウィのすごいところですね。俺も見習わなきゃな。。。
 
そのフェスティバルを後にし、バスで家に向かう途中、途中で停車したバス停でなにやら、いかした音楽が。。。 なんともうひとつフェスティバルが近くの公園で行われていたんです。しかもDoraが大好きなバンドフェスティバル!これは行かなきゃ損とばかりすぐにバスを降り会場に向かうと 人、人、人 これはーすげーモバQ犬眼鏡猫わーい(嬉しい顔)ドコモ提供ちっ(怒った顔)ドコモポイントがく〜(落胆した顔)目もうやだ〜(悲しい顔)キスマークスキートイレ

dora070226_5.jpg


ステージ上ではキウィ系のバンドが数多くパフォーマンスしていました。カラオケ

dora070226_1.jpg途中Evermoreという最近最もきている キウィバンドも登場。
彼らのパフォーマンスを一目見ようと、たくさんの人々がステージ前に押しかけ人間交通渋滞。。。
みんな音にあわせて、飛び跳ねたり歌ったりと熱気は最高潮で、僕自身も叫んだりして、本当にエキサイトできました。このフェスティバルは夏の間行われるフリーコンサートで、ただでいろいろなバンドのパフォーマンスを楽しむことができます。

日本では休日 人がほとんどいないガラーンとした公園が多いから、こういうみんなが喜ぶイベントをしたらいいのになーと感じた休日でした。

ひらめき
いい休日でしたね、という方。
Donation したいです、という方。
おなかへってきました、という方。
休日は楽しいです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Dora)


posted by キックオフNZ at 07:50 | Comment(6) | TrackBack(1) | NZ Life
この記事へのコメント
盛りだくさんの休日でしたね。ニュージーランドには、難民に関する移民法も整っているようです。国際貢献の方法にはいろんな形があることを考えさせられます。もちろん、個人個人でできることをやることも大切だと思います。

サッカーは、最近ニュージーランドで人気です。小学生の母親で、ラグビーよりサッカーをさせたがる人が増えているようです。ラグビーファンとしては、ちょっと残念です。
Posted by Kickoff-T at 2007年02月26日 08:01
>Kickoff-Tさん
夏場は毎週なにかしらイベントが多く
プランがないときはよく遊びに行きます。
サッカー人口は世界中で増えてますね、やっぱりボール一つで手軽に遊べるのがいいんですかね?でもラクビーもボール一つで。。
Posted by Dora at 2007年02月26日 12:08
こんなに大勢の人、ニュージーランドではじめてみました。

平和が大切だと普段感じることも少ないような、平和な国に暮らせることのありがたさをよく考えないといけませんね。
ニュージーランドも日本も平和な国です。
命の心配や、食べるものの心配をしなくていことは、なんとありがたいことなんでしょう。


Posted by はっぴぃきうぃ at 2007年02月26日 12:16
>はっぴぃきうぃさん
そうですね、僕は、内戦やテロが頻繁に起きている国には行ったことがないし、人がそれで死んでいるという実態をニュースでしか知ることはできませんが、いつか世界中の国の人が安心して暮らせる日が来る事を願っています。
Posted by Dora at 2007年02月26日 18:24
いいな〜バンドが沢山でるフェスみたいなのはホント楽しい!カウントダウンジャパンに行って思いました。野外はいい〜開放感あるし…やる側としてはリハもないしやりにくいしいいことないですけどね。

僕もボノとかみたいにPEACEな活動してみたいな〜いずれ。(今は自分が栄養失調気味なので無理ですが)
Posted by paki at 2007年02月26日 20:54
>Pakiさん
Pakiさんは野外フェスでプレイもよくするんですかぁ?いいですね あの開放感のなかプレイできるなんて。夏場のニュジーランドは天気がいい日が多いんで野外フェスも天候に左右される事なく遊びにいけていいですよ〜。また日本に帰ったらPakiさんのバンドのライブ遊びに行きますね。
Posted by Dora at 2007年02月27日 12:55
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL


1万5000個のランタン の灯り
Excerpt:     『2007長崎ランタンフェスティバル』
Weblog: yosiブログ
Tracked: 2007-02-26 09:39