.

2007年02月23日

ぜひリベンジしたいこと!

こんにちは オークランドのDoraです。 最近は、あることにリベンジしようと

めらめらと

燃えています。



相手は人ではありません。
実は年末にオークランドでTOEICを受けたんですね。

日本で受験できるおなじみのTOEICですが、ニュージーランドにいる間に”どれだけ英語力が伸びたか?”

やっぱり気になりますよね? 
受験時はちょうど、滞在半年だったので これゃいい機会だと思って受験を決意。


オークランドでTOEICを受験するには、TOEICの受験会場になる語学学校のウェブサイトから申し込みをするか、その語学学校に直接いって申し込むかのどちらかになります。

開催日時は、日本と同じように毎月行われるんですが、一つ大きな違いが。。。。

”180ドル”!

 と 異常に

受験料が

高いんです!もうやだ〜(悲しい顔)ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)ふらふらがく〜(落胆した顔)
 

TOEICは日本や韓国など、就職するための資格として
現在有効な英語能力を示す試験として有名ですが、ここニュージーランドではもっぱら

IELTS(アイエルツ)



とよばれる試験の良し悪しが大学進学時、就職に役立ちます。

TOEIC受験時は、お金より自分への興味ということで申し込み、受験当日の朝は納豆とお味噌汁をたべ、睡眠バッチリで、試験に臨みました。

会場に着くと、おもったとおり、アジア系ばかり。。。日本人と韓国人でほぼ95パーセントを占めていました。

日本でTOEICを受けた事がある人は想像つきやすいと思いますが、試験前には、試験官から試験への注意事項をひととおり説明をうけ試験が始まります。ニュージーランドでも、説明が日本語から英語になっただけで、試験時の注意事項は変わりません。

なんとなく英語で説明されたほうが、英語の実用性が感じられて、気合がはいったのですが。。。

一つ目のパート リスニングが始まり最初の短いスクリプトは、”お〜わかるわかる!”黒ハートるんるんと滑り出しよくはいったんですが...


途中から会話式のスクリプトで、つまづきはじめ、答えを出す前に次の問題に進んでしまうという

悪魔のスパイラル雷ダッシュ(走り出すさま)


にはまりこんでしまい、リスニングセクションが終わる頃には完全に、解答に対する自信がないまま、次のセクション リーディング問題へ。

”このままでは、まずい!”と「焦って」問題に取り組んだのがいけなかったのか、

文章を読んでも頭に入らない。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)


最後は問題を全部解答する前に時間切れになってしまいました。 

そう!

 見事な

”完全敗北”。。。
たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

過去の点数より何百点も悪い結果で返ってきました。

ニュージーランドに来て、語学学校での勉強、異文化の友人達、仕事と英語環境に慣れ、コミュニケーションにおもしろみを感じていた僕としては、前回のTOEICの点数より悪いというのは、本当に受け入れがたい事実でした。


 それからというもの、シルベスタースターローンのロッキーのごとく、喫茶店に通いTOEIC対策をしています。

今日はシティ内にあるスターバックスに行き、Dora定番の”キャラメルマキアート”をオーダー。

店員”What is your name?(名前は?) " 
Dora "I'm Ryuta(りゅうた)"
店員 "Yuda?(ユーダ?)"
Dora "No
R・Y・U・T・A”(ちがう りゅうた!)

と店員とのやりとり。


僕がかっこいいから、店員から名前を聞かれているわけではなく、こちらでは誰がどのドリンクをオーダーしたか間違わないように、名前を聞かれるんです。

日本のスタバだと聞かれないですよね。オーダーをとるときに名前を聞くニュージーランドのフレンドリーな文化が生んだビジネスパターンの一つだと思います。

数分後、オーダーしたドリンクを片手に、お気に入りの小さなテーブル席へ移動。

このスターバックス 映画館がすぐ横にありデートでよく利用するスタバとしても有名で、僕のまわりにも国際色ゆたかなカップルだらけ。。。

まわりから、他人のおしゃべりが聞こえてきますが、不思議と喫茶店の騒音は、勉強するときの妨げにならないんですよね。

シーンとした図書館や、自分の部屋では集中できない。不思議なものです。

カリカリと勉強を進めていると、前の席に座っていたラテン系のカップルにうごきが。。。男が女の肩に腕を回したかと思うと
熱いキスがはじまりました。キスマーク


これがまた長い。。。キスマークキスマークキスマークキスマークキスマーク


なんとかそんな熱々モードも気にせず4時間、スタバでねばりました。



TOEICへのリベンジ 日本に帰る前に是非、果たしたいと思います。



みなさんはリベンジしたいこと ありますか?

(Dora)


ひらめき
ランキングに登録しています。
応援クリックお願いします。
posted by キックオフNZ at 14:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | 英語 (English)
この記事へのコメント
悪魔のスパイラル、は笑ってしまいました。
あせると、本当に悪魔のスパイラルにはまってしまいますよね。
今度は、IELTS受けてみては?やっぱり、日本ではTOEICが重要視されているのですか?

ロトルアのスタバでは名前を聞かれません。田舎だからかなあ。オークランドは人が多いですもんね。
カップルの熱いキスにも負けずに、4時間も勉強よくがんばりましたねー。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2007年02月23日 14:09
見事な完全敗北をこうやって記事にするDora さんは、エライ。試験を受けるというのは、英語力を伸ばすいい方法だと思います。
Posted by Kickoff-T at 2007年02月23日 14:19
>はっぴぃきうぃさん
本当に悪い事は重なるものですね〜
IELTSですか?ぜひTOEICでリベンジを果たしてから、きちんと準備してから挑みたいと思います。ロトルアのスタバは名前聞かれないんですね?全店共通のルールだと思ってました。”田舎だからかなぁ”というコメント 笑えました。
オークランドは利用客が多くオーダーが重なる事が理由かもしれません。
Posted by Dora at 2007年02月23日 17:34
>Kickoff-Tさん
まさか”エライ”といわれるとは思いませんでした、ありがとうございます。
すごい悔しい事ですけど、ここに残せば
悔しさを忘れないと思ったので。
今度はきちんと試験の結果のこします。
Posted by Dora at 2007年02月23日 17:39
DoraさんてRYUTAさんっていうんですね!!
僕の友達にも同じ名前の人がいたのを思い出しました。ただのスケベな人やったとしか覚えていないんですけど。。(笑)僕もTOEICスコアを上げようと奮闘中なので、お互いがんばりましょうね☆
Posted by Yuki at 2007年02月23日 22:35
>Yukiさん
こんにちはYukiさんTOEIC対策は進んでいますか?前回はご覧のとおり惨敗なので
次回勝負しましょう!ただのスケベなひとでは終わらせませんよ。。。
Posted by Dora at 2007年02月24日 07:43
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL