.

2005年04月11日

カップル

みなさん、こんにちは!パーマストンのジェイです。揺れるハート


週末はいかがお過ごしですか??

ジェイは2週間の中休みもこれを書いている今日、日曜日でおしまいで、明日からまた学校が始まります。


さて、ジェイは今勉強している単位で、


「Estate and

Tax Planning」



という言葉の意味はわかるんだけど、微妙に訳しにくい単位を取っています。いす無理やりですが直訳すると


「財産と税金に関する

将来計画」




となるでしょうかexclamation&question

つまり、


遺産相続や離婚などによる財産の分配、税金を効果的に法律にのっとって、いかに少なくするか


などを勉強します。その単位の課題をやっている時に、


「ニュージーランド

やるじゃん!」ひらめき



なんて思ったことがありました。人によっては死ぬ前に遺言書などを書く人もいますが、必ずしも全員が遺書を残すとも限らないので、遺書を残さなかった場合の財産相続のルールなどについて調べていたところ、


「財産相続の権利は

“De Facto Partnership”にも

適用される場合がある。



と書いてあるではありませんか!!!


つまり、カップルであれば

法律上入籍していなくても、入籍してる人と同様の権利が与えられる場合がある

ということなんです。しかも、カップルは必ずしも


男性と女性でなくてもいいトイレ


と注意書きがありました。この「事実婚関係」として認められるためには、片方が死んだ時に2人が一緒に住んでいることが基本ですが、その他性的な関係があったか、金銭面または家事面での貢献はどのくらいあったか、一緒に所有していた財産はどのくらいあったかなど様々な事を考慮して決定されるそうです。


でも基本的には3年以上同棲していれば、関係があったとみなされるそうです。


例えば、もしジェイがボーイフレンドと付き合いだしてからすぐ同棲したとします。もう付き合いだしてからかれこれ3年以上経つので、これでボーイフレンドが事故などで亡くなった場合、


ジェイは

ボーイフレンドの

車やステレオなどを

相続する権利が

与えられる

かもしれないのですexclamation×2わーい(嬉しい顔)



また事実婚関係から持たされた子供もきちんと、故人の子供として法律で認めるそうです。


調べていくうちに特に離婚することに抵抗がないウェスタン的な考え方かなと思いました。正直、

法律も結構実社会に基づいているじゃんexclamation

なんて驚いてしまいました。

30年以上も愛人として、やっと正式な妻の座を手に入れた人もテレビに出ていましたしね。テレビを見ながら、「この人、特に入籍しなくてもニュージーランドの法律じゃ財産相続できるのに・・・」なんて思っていたジェイでした。

日本でも実際に入籍はしないけれど同棲しているカップルのことを「事実婚」というのが一般的に広まってきたのではないかと思います。男性と女性のカップルだけではなく、例えばお年寄りで一人暮らしもなんだからと一緒に助け合いながら暮らすおばあちゃん、おじいちゃん達もいるそうです。


これを機会に、日本ではどのような法律になっているのか調べてみようかなと思いました。


ひらめき
興味深い話だ、という方。
それは問題がある、という方。
私もデファクト状態です、という方。
よくわからない、という方。
もう少し勉強が必要だ、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)


(ジェイ)
posted by キックオフNZ at 04:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュージーランド
この記事へのコメント
ニュージーランドで永住権を取得する時も、デファクト関係が家族と同様の関係として認められることがあります。以前それを悪用して、つかまった人もいて、それ以降審査が厳しくなったという話を聞いたことがあります。

>特に離婚することに抵抗がないウェスタン的な考え方

確かにそうですね。ただ、日本で離婚に抵抗があるのは、逆に法律が関係しているともいえます。法律で「事実婚」が認められることで日本人の結婚感や離婚感も変化すると思います。

社会的な認知が先か、法律が先か、それが問題です。
Posted by Kickoff-T at 2005年04月11日 06:25
私のホストファザーとホストマザーも籍は入れてませんでしたよ!
日本の友達のお姉さんは、結婚後最初は籍を入れていなかったのですが、子供が生まれた時に入れたそうです。それはやっぱり法律上入れないと色々と不具合が出てくるからなのでしょうね。
フランスなども籍を入れないケースも多いと聞きますけど。

なるほど。結婚観や離婚観は国によって違うんですね。日本は今後どうなるんでしょうね・・・
Posted by チートモ at 2005年04月11日 09:30
日本でデファクトが認められるようになるには、あと何十年もかかるでしょうね。
私が生きてるあいだには無理かもしれません。
ましてや同性同士の事実婚なんて、きっと認められませんよ、日本では。
同性の事実婚が認められてもいいと私は思うのですが。

>ジェイはボーイフレンドの車やステレオなどを相続する権利が与えられるかもしれないのです

相変わらずおもしろいなあ、ジェイちゃん。
Posted by はっぴぃきうぃ at 2005年04月12日 05:59
Kickoff-Tさん
>以前それを悪用して、つかまった人もいて、それ以降審査が厳しくなったという話を聞いたことがあります。
そうですね、一部の人は悪用するでしょうね。結婚するより簡単に関係を始められますからね。

>ただ、日本で離婚に抵抗があるのは、逆に法律が関係しているともいえます。
日本では未婚の母から生まれた赤ちゃんは法律で区別されるとも聞きましたね。
日本も夫婦別姓など今は家族に関する法律がよく話されているので、これからどうなっていくのか、ウェスタン的な方向へ向かうのか、注目ですね。

チートモさん
>それはやっぱり法律上入れないと色々と不具合が出てくるからなのでしょうね
そうなんでしょうね。誰でもかれでもすぐに入籍したいと思うわけではないと思うので、その辺の自由がほしいですよね。

はっぴぃきうぃさん
>ましてや同性同士の事実婚なんて、きっと認められませんよ、日本では。
同性同士の事実婚の是非が一番最後のトッピックになるでしょうね。それまでに解決しなければならないトピックが多すぎですもんね。ジェイもそれまで生きていられるかな・・・・・
ジェイ的にも、「愛は誰にも止められない☆突っ走っちゃえ−☆」的なノリで同性の事実婚が認められてもいいとも思います。人を好きになる気持ちは止められませんもんね。

>相変わらずおもしろいなあ、ジェイちゃん
いや、ホントはですね、もし仮に一緒に住んでたとしたら車とステレオとクィーンサイズのベッドくらいしかもらえないのかな・・・なんてちょっと考えてしまいました。一緒に住んでないのでなんとも言えませんが*笑*ボーイフレンドはすでに遺書を書いて、おうちは両親に行くことになっているのです。(当たり前ですが)
Posted by ジェイ at 2005年04月13日 19:26
初めまして。ニュージーランドでは夫の有る女性と不倫関係になって発覚した場合どのような処罰が有るのでしょう
か?日本では訴えて賠償をとるなどですが。ある国では刑事事件で逮捕されますが。そちらでは?
Posted by kang at 2008年01月29日 14:39
kangさん、初めまして。Miyaと申します。

ご質問のあった関係の情報を少し探してみたところ、NZの裁判では
不倫が原因で慰謝料を求めたり払ったりということは無いようでした。
日本とは扱いが異なるようですね。

ただ素人の得た情報ですので、あくまで参考にしていただけたらと思います☆
Posted by Miya at 2008年01月31日 15:38
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL