.

2011年04月05日

ポッサム

こんにちは。ゴメスです。

先週の日曜日、サマータイムの罠にはまってしまいました。サマータイムが終わる日は、ちょっと得をした感じで、一時間長く寝られる!と思っていたのに、サマータイムが終わる前日、てっきりそれを忘れて、携帯電話のアラームをいつも通りセットしてしまいました。朝、アラームが鳴って、起きて、シャワーを浴びていて、サマータイムが終わったことに気づきました。なんとなく損をした気分です。ふらふら
もうちょっとベットでごろごろできたのに!


ポッサムを知っていますか?
ピンクの鼻でまん丸い目、ふさふさしていてかわいく見えるかも知れません。初めて森で出会ったとき、かわいいと私は思いました。しかし、NZの自然ではポッサムは天敵です。ふらふら

私が、ポリテクでOutdoor Recreation を勉強していた時に、トランピングの実習で岩の下に寝たことがあります。
その夜にポッサムはやってきました。食べ物のにおいをかぎつけてポッサムは現れます。食べ物は木につるしてポッサムから守っていましたが、なんとクラスメートのスリーピングバッグにポッサムが入りこんでしまったのです。
ポッサムは、鋭い爪をもっていますが、幸い彼には何のけがもなく無事でした。

そのコースの中に、プレゼンテーションのクラスがあって、私は何も知らなかったポッサムについてプレゼンテーションをしました。
NZのポッサムはBushtail possumといい、夜行性で鋭い爪をもっています。昔毛皮の産業のためにオーストラリアから連れてこられました。オーストラリアでは、ポッサムにとって天敵がいるので、オーストラリアでは害はありませんが、NZではポッサムに天敵がいなく、ポッサムが自由に生きていける生態系です。

そのポッサムが、NZの木やカタツムリ、鳥や鳥の卵(もちろん飛べない鳥KIWIもポッサムの被害にあってます!!)などを食べつくし、多くの植物が絶滅の危機に達しています。さらに、このポッサムは柔らかい新芽を好んで、木の葉を食べつくしてしまいます。

ポッサムのふさふさした毛は、靴下やセーターなどに使われとても温かいと評判です。ポッサムの毛皮の製品は高いです。

私はポッサムについて知ってから、NZに観光でトランピングに来る人がどのくらいこのポッサムのことを知っているのだろうかと不思議に思いました。森や山で出会う動物は、珍しい気がしてかわいく思えるものだと思います。しかし、その動物がポッサムのようにその地域には害であることもあります。
駆除でポッサムが殺されてしまうのは悲しいことですが、NZの自然が失われてしまったらそれはもう取り返しのつかないことです。

0405-ゴメス-ポッサム.jpg

私はNZの森がとても好きなので、この素敵な森がずっと存在するように、自分にできることをやりたいと思います。黒ハート

ひらめき
ポッサムのこと勉強になりました、という方。
NZの自然大好きです!、という方。
つり橋の写真素敵ですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング





(ゴメス)
posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(7) | NZ Life
この記事へのコメント
名前しか知らなくて、まだ見たことがないです!自然の生態系も、命も両方、大事だと思うので難しいですね。。。
Posted by manuka at 2011年04月05日 07:43
「トランピングの実習で岩の下に寝たことがあります」とさらっと書いていますが、これ結構きつそうですね。岩の上ではなくて、岩の下って、どういう状況なのでしょうか。ポッサム、よく道路で轢かれています。かわいそうですが、害になっているのですね。
Posted by Kickoff-T at 2011年04月07日 12:54
大きな岩の下側がちょっとした洞窟のようになっていて、そこでみんなで雑魚寝みたいな感じです。テントを持っていかなかったので、風除けのために岩の下です☆今までにない体験で、楽しかったです!
Posted by ゴメス at 2011年04月07日 15:56
ポッサムがうちの屋根裏に親子で住んでます。私にすごくなついてて なでても大丈夫です。シドニーですが、となりのオージーはさわってる!!とびっくりしてますが、夜中は ポッサムにくだものあげたり、うちの猫6匹も やきもちなのかポッサムのまわりを走り回って遊んでます。シティに近いグリーブのショッピングセンターのまん前の家ですが、自然もあるし、動物たちに囲まれて、最高です。ポッサムもシドニーでは安心して生活できてるようです。
Posted by manami at 2011年05月24日 01:31
manami さん
コメントありがとうございます。はじめまして!!!
やっぱり、NZとオージーではポッサムの扱い方が違いますね。NZでは、道でポッサムがしんでいるのを見ると、キウイは喜びます・・・ 噛まれるから触ろうとしてはいけないと言われたこともあります。
シドニーという都会で住んでいるポッサムってすごい!!!
NZとAUSIを比較できるコメント、大変うれしいです♪
Posted by ゴメス at 2011年05月30日 12:23
最初はNZにいなかった動物、

人間が勝手に持ち込んで、増えすぎて殺す、、、

勝手すぎると思います、


でも仕方なしに殺すのはまだわかりますが、、、



学校で親子揃ってポッサムの死体をを投げコンテスト、

死体に服を着せてファッションショーとか、、、、



いくらなんでもやりすぎ、さすがにそこまでする必要なんか全くないと思います

NZのイメージが悪くなると思います
Posted by ? at 2017年07月16日 09:53
この記事は2011年の記事で当時のライターのゴメスさんはもう現在はライターさんとして書いて頂いていないので、管理人の私が返信しますね。

ポッサムに限らず、人間が持ち込んだ動植物が全体の生態系を壊していることも多いようですね。ポッサムの死体を投げるとか、ファッションショーなどは私は全く聞いたことはありませんが、もしほんとうにそんなことが行われているのなら、ニュージーランドでは大きな問題にすでになっていて何らかの対処がなされていると思います。
Posted by Kickoff-T at 2017年07月17日 10:02
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment: