.

2009年08月21日

「今」

こんにちは。突然ですが、“在外選挙”が始まりました。日本の投開票は30日、それに間に合わせるために、ここオークランドでも今週水曜から日曜まで在外選挙の投票ができます。(ただし、在外選挙登録をしていることが条件となります。)

ということで、領事館に行ってきました。私は在留届もインターネットで行ったため、領事館に行くのは今回が初めて。NEW

大きいビルの12階、エレベーターを降りるとたくさんの日本のポスターが…!!「あれ??ここは日本!?」と錯覚するような感覚にとらわれます。中に入ると、小さな図書室の様なところがあり、日本の新聞・雑誌、中には日本の武道や着付けの本、サザエさんの漫画などもありました。本以外にも日本人形や日本絵画、なんだかとっても懐かしい雰囲気です。そしてたくさんの日本人に会えます。顔見知りでもないけれど、何となく安心して、
「やっぱり、私日本人なんだな〜」とつくづく感じます。わーい(嬉しい顔)

なぜか?ここNZにいる方が、日本にいる時より日本のことを考える機会が増えていると感じます。それは今までのブログでも何度か書いてきました。しかし、日本の選挙にも携わることができるとは考えてもいませんでした。本当に今のこの貴重な経験をありがたく思います。ハートたち(複数ハート)

人との出会いはもちろん、この様な出来事一つも何かの縁があって関われることだと思います。だから、NZに来てからの私は「今、自分に縁があることひとつひとつを大切にしよう」と思うことがよくあります。それは自分の意思に基づいて起こる出来事でも、または全く予測していなかった偶発的な出来事でも。

日本にいた頃の私は、常に先のことしか見ようとしていなかった気がします。目標や目的があったことは良いことだけれども、それらを達成することだけを重視していたといえます。先ばかり見すぎて、その時々の経過をしっかり消化できていなかった気がします。目的達成のための通過点としか思っていなかったのです。例えばアルバイトひとつをとっても、もちろんその目的はお金を稼ぐということだけれども、その目的を達成するまでにたくさんの経験や出会いがあったはずなのに、それらを意識しないで未消化のまま流れていったこともたくさんある気がしてならないのです。

今の私の生活は、日本では絶対にできないことだと断言できます。と同時に、日本では気づけなかったことだと思います。もしも今日本にいたら、周りの時間の流れの速さに乗って、確実に忙しく働いていると思います。そして休日はどこかへ外出。実際に、日本での私は「時間がもったいない」と言うのが口癖で、夜勤明けでも眠らずに出かけていました。よく「何をそんなに生き急いでいるのか?」と聞かれたものです。
見つめ直すことではなくて、見ないことがストレスから解放される方法だったのだと思います。忙しい時間の流れの中で消化する余裕がないまま、見ているのはその先のことだけ…。目

「今、このときを大切に思う。」

意識していないと難しいけれども、自分でやると決めたことも、または偶然起こった出来事でも、そのひとつひとつが大切な経験として消化したいと思う。

それらの経過を通して、はじめて結果として得られるものがあるのだと思います。
大切なのは結果の良し悪しではなく、むしろその経過。本当の自信はそこから生まれてくるのかもしれません。

NZの時間の流れ、周りの環境がそれを気付かせてくれました。

ワーホリ生活も残り約4か月。NZののんびりとした時間の中で、一日一日を大切に過ごす。そして焦らずたくさんの経験を通して、やがて経過となる。そこから一つでも先へつながる何かが結果として見つけられたらイイなと期待しつつ。わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

ひらめき
在外選挙しました、という方。
いいこと言いますね、という方。
今日から今を大切にします、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Lisa)
posted by キックオフNZ at 05:34 | Comment(8) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
私も在外選挙投票を終えました。
ロトルアに住んでいるため、日本の該当選挙管理事務所に郵送しました。オークランドは、投票所があっていいですね。領事館のサザエさんがすごく気になります。
(余談ですが領事館の職員のかたって親切で丁寧ですよね。)

大切なのは結果の良し悪しよりも、どう対応したかの経過であるという考え方、すごく共感します。
すべてに意味があるんですよね。トラブルも含めて。自分が成長したなあと自分で思うような経過を振り返ると、そしていい結果が出せるとうれしくなりますよね。自画自賛したくなります。ちょっとは自分も成長したなあと感じる時、生きててよかったなあと思います。


Posted by はっぴぃきうぃ at 2009年08月21日 08:48
ほんと生き急いでいたよね(笑)
でも私も先を見つめて、目標に向かっていないと不安だからその気持ちよくわかるな。
前ほどじゃないけど今もそうだと思う。

>見つめ直すことではなくて、見ないことがストレスから解放される方法だったのだと思います

なるほど〜。そうだったのか!って納得しました。
確かに見たくなかった。いつも何かしてないと、すぐに頭の中が仕事で埋め尽くされてしまって、しんどかったのかもしれないな。
明けで眠らずに遊びには行けなかったけど。。。

NZでの生活が本当にいい刺激、変化になってるんだね。Lisaちゃんにとっても会いたくなりました〜〜。

私も今を大切に生きよう。
Posted by めい at 2009年08月21日 11:37
「今、このときを大切に思う。」って言うのは、しんどい思いをした後にたどり着くように思います。Lisa さんいいこと言いますね。極端に言えば、人生って今しかないとも言えます。
Posted by Kickoff-T at 2009年08月21日 13:39
さっき長いコメント書いたのだけど、うまく
送れなかったみたい。。。

もう同じことは書けないけど、またしても
共感するところがたくさんでその思いをつづった
のでした。

先の目標を定めないと不安で、それに向かって
生き急いでいたのはわかるなぁ。

そして、
>見つめ直すことではなくて、見ないことがストレスから解放される方法だったのだと思います。

なるほど!って大きく納得しました。
ぼんやり考える時間があるとあっという間に
頭の中が仕事でいっぱいになってしまうから
いつも忙しくしてたのかもしれない。

NZでの生活が、とってもいい刺激、変化に
なってるんだね。
ますますNZがどんなところか興味がわきます。

Lisaちゃんの日記を読んで私も今を大切に生きようと思いました。
Posted by めい at 2009年08月21日 14:38
はっぴぃきうぃ様

コメント、そして共感して下さり、ありがとうございます。

はっぴぃきうぃ様はロトルアに住んでいるのですね。オークランドのサザエさんは英語の漫画で、日本語訳もついているから勉強にもなります。でも残念なことに、領事館では貸出をしていないのでその場で読むことしかできません…。

はい!!「すべてに意味がある。」その通りだと思います!!そして、トラブルこそ自分を強くしてくれる、自分に超えられないトラブルは神様は与えない、と言い聞かせています。実際にトラブルにぶつかった時、本当に苦しいですが、これでまたひとつ成長した自分になれるんだ!!と考えるようにしています。そして…「トラブルこそ楽しむ。」これができることが今の目標です。


めい様

コメント、2回も入れてくれてありがとうございます!!とってもめいさんの気持ちが伝わりました。
ありがとう〜。

日本で一緒に頑張った仲、お互いの辛かった事を知っているめいさんだから、分かってもらえてとても嬉しいです。

生き急いでいる私、あの頃を知っているめいさんにとっては今の私を見たらビックリするかもしれません。それでも時々、自分の目標をいくつも作っては焦って何かをしようとすることがあったり、周りに影響されてしまったり…まだあります。そんな時は、「自然の流れに任せる」そう決めています。これも何かの縁だから、自分にとって必要なものや時期だったら何かしら行動しているのだと思ったり。そう考えると前より頑固じゃなくなったかな(笑)。

めいさんも目標に向けて頑張るタイプだから、時々はリフレッシュしながら、その時自体を楽しんで下さいね。


Kickoff-T様

コメントありがとうございます。
なるほど…「人生=今」!!「人生」と聞くと、とても長い経過の様な印象を持ちますが、すべての「今」があつまって、「人生」になるのですね。「人生」何が起こるか分からない、先のことなど誰にもわからない、だから「今」を生きようと強く思います。
Posted by Lisa at 2009年08月22日 22:11
先のことって考えるのは必要だけど、それを考え過ぎて、頭でっかちになり、突っ走り、今必要なことがおろそかになってって、実は悪循環なんだよね。。。俺は時々、煮詰まったら、全く違う環境に身を置いてリフレッシュしているよ。そして、もう少し客観的に考えたり、今を見つめ直したり、全く何にも考えなかったり(笑)してるんだ。

Lisaさんにとってニュージーは、自分の生き方を見つめ直すいい機会になってるようですね!!
Posted by Ei-taro at 2009年08月22日 23:07
鬱になってしまった人がワーホリにきて良くなったという話を何回か聞いた事があります。
Kiwiの知人がそれについてこう言っていました。
海外にくると大体の人がpresentを生きるからだ。鬱の人はpastかfutureを生きている場合が多い。
全部がそうとは思わないけど一理ある気がしました。
Posted by ayako at 2009年08月23日 08:48
Ei-Taro様

コメントありがとうございます。
「違う環境に身を置く」こと、私にとっても大変重要な意味を持ちます。そこで考えなおしたり、もしくは全く考えなかったり、新しい発見もできたり…、やっぱり必要ですね。

残りの4か月、もう少し考えすぎずに考えてみます
(笑)。

ayako様

コメントありがとうございます。
NZは時間の流れがゆっくりな分、焦らないでいられます。もしくは、ワーホリという限られた時間だから、そう思うと今を大事にしようと感じることができるのだと思います。
鬱には複雑な要因があるので、なんとも言えませんが、それらの要因から解放されることができたり、または見つめなおすことができる、という点ではpresentを生きるということにつながっているのかもしれません。
Posted by Lisa at 2009年08月25日 21:32
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL