.

2006年01月17日

一期一会

その場所は、私にとって宝箱のような所でした。

私にとって大切なものを発見するたびに宝物を見つけたみたいに嬉しくて、毎日が新しい発見の連続でした。





いきなり書き出してしまいましたが、ラッシーです。晴れ



その場所というのは、以前WWOOFで訪れたファームのことで、ケンブリッジ、ハミルトンに引き続いて私が行った

3つ目のファームステイ先

です。



そのファームは食事が100%オーガニック、オーナーは肉と卵と乳製品、それに砂糖を一切口にしない、ビーガンに近い生活をしていました。そんな食生活だったら我慢の連続なんじゃないの?と思っていたのですが、オーナーの作る料理や砂糖を使わないお菓子はどれもおいしくて、これなら喜んで毎日続けたいと思いました。


私がビーガンに興味を持つようになったのもこのオーナーの影響です。



オーナーがこの広いファームを買って移住してきたのは2年前。



それから

土を耕して

野菜を植えて、

果樹を植えて、

羊を飼い始め、

花を植えて、

家の壁にペンキを塗り、

そして外国人がNZに持ち込んだこの国の風土に合わない植物を取り除きながら

NZのネイティブツリーについて自分でポリテクで勉強して、

自分の土地にネイティブツリーを植えて...



この人は

自分の一生をかけて

自分たちや周りの生物や

地球にとって

住みやすい場所を

作っていました。



rassy_170106.jpg




私の好きなドキュメンタリー映画に、「107+1〜天国はつくるもの」というのがあります。


ここで言う「天国」は、皆が住みやすい場所を指します。「天国」が「つくるもの」なら、この人はそれを実現しようとしてるんだと思いました。


このファームを出てしまってから日本に帰る前に、絶対にもう一度訪れようと思っていました。




あの場所にまた行ける、あの人たちにまた会えるのならもう少しがんばろう。




ワーホリ中、自分が気持ち的に苦しくなったときはそれを目標にできるその場所は、きっと私にすごく合っていたんだと思います。 でも結局オーナーが長期の旅行に出てしまい、私がワーホリでNZにいる間にそこへ行くことはできなくなってしまいました。


そのファームのオーナーにも、NZで出会ったたくさんの人たちも、もう二度と会えないなんて決して思わないけど、多くの人たちとはそうなんだ。そう思うと、出会ったその時その時を大切にしたいものだと思います。




ひらめき
ランキングに登録しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)

オセアニアブログランキング




(ラッシー)
posted by キックオフNZ at 05:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | わたしの出会った人たち
この記事へのコメント
いい話ですね。ラッシーさんの言うように、一期一会ってよく言いますが、本当にその意味がわかってるかどうか自分でも自信ないですね。

ワーホリって、いろんな人に会いますが、出会ったときはその人が後でそんなに大事な人になるなんて思わないですね。そして、今日よりもちょっと先のことをずっと考えてたりします。今日のその出会いが大切なのに。

でも、ラッシーさん、いい出会いですね。うらやましい。
Posted by Kickoff-T at 2006年01月17日 10:06
ラッシーさん

なんだかじーんときたお話でした。ブログにして、Shareしてくださってありがとうございます!

ふと疑問なのですが、これだけ手の込んで大切なファーム、オーナーの方が長期休暇でいなくて大丈夫なのでしょうか?環境がまたくずれていってしまうのではないかと・・・・
Posted by ジェイ at 2006年01月17日 11:50
へぇー、ノンシュガービーガンて、思ったよりいるんですね。街ビーガンは、チョコ、ジュース、スナックありのシュガーベジになる人もいるみたいだけど、ラッシーさんがあった家族は本格的だったんですね。いい出会いでしたね。

もともと、ビールのカロリーを相殺しようとして、ノンシュガー、でもアルコールビーガン、てのは、まだまだだなぁと思いました。それ以前にゆるすぎるのが恥ずかしいけど(笑
Posted by やま at 2006年01月17日 14:15
Kickoff-Tさん
こんにちは。私も、一期一会という言葉は普段使わないし、自分でその意味をちゃんと理解しているのかもわかりません。
でも、そのファームに今回は行けないという返事をもらったとき、あの出会いはもしかしたら一度きりの大切なものだったのかなあって思ってしまいました。
でもやっぱりあのファームには何年か後に行ってみたいと思ってます。

ジェイさん
こんにちは。オーナーの休暇中は、住み込みで働いて草木や羊の世話をしている人がいるみたいですよ。
実は、オーナーがいない間も交通手段さえあればそのファームに滞在していいと言ってもらえたのですが、やはりオーナー家族あってこそそのファームへ行く意味もあると思い、断ってしまいました。
私が植えたジャガイモも、もうだいぶ成長したんだろうなあなんて時々思い出しています。

やまさん
こんにちは。そのファームには、オーナーが日本を訪れたときに買ってきた、日本語の”ノンシュガーのおやつ”の本があったので、私がそのレシピを英語に訳して一緒に作ったりしていましたよ。
でも市販のお菓子とか、徹底して砂糖を採らないようにするのは本当に難しいことだと思いました。
ノンシュガーなんて今まで考えたことなかったので、それも新しい発見の一つです。
Posted by ラッシー at 2006年01月23日 07:21
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL