.

2009年02月20日

YUM CHA☆

私の書く事といえば食べ物の話ばっかりのような気がしますが、今回も食べ物に関することを書かせて頂きますわーい(嬉しい顔)

オークランドには美味しい韓国料理のお店が多いということで、私は外食をするときは80%の割合で韓国料理、というくらいI LOVE KOREAN FOODSです☆そんな私が最近めっきり韓国料理を食べることが少なくなってきました。その理由は、一つは辛いものの食べすぎで胃が悪くなったこともあるのですが(笑)、大きな理由として、関心が別の料理に向いたからです。

それはずばり・・・飲茶!!!ヤムチャです^^るんるん

グルメとは程遠い私は、なんとNZに来るまでヤムチャを食べたことがありませんでした。何となく頭の中では『シューマイ・・・とか・・・?』と漠然としたイメージしかなく、初めてヤムチャを食べに連れて行ってもらった時は、私の想像以上のバリエーションの多さ、そして美味しさに感動したのを覚えています。ハートたち(複数ハート)レストランわーい(嬉しい顔)

そんな感動のヤムチャとの初対面(?)以降、私の中でヤムチャ熱が次第に熱くなっていったのです。その初めて連れて行ってもらったヤムチャレストラン以外にも、友人からの情報によると、オークランドには美味しいヤムチャ屋さんがいくつかあるとのこと。そこで最近は外食といえばヤムチャと傾向が変わってきました。ぴかぴか(新しい)キスマーク

オークランドには、本当に世界中の料理が集まっています。タイ、マレーシア、メキシコ、韓国、中国、日本など、オークランドにいながらにして世界1周料理の旅、なんかが出来てしまいそうな気がします。シーフードも美味しいし、噂によるとステーキがものすごく美味しいお店もあるそうでするんるん

しかし、どんなに美味しくても私はまだ学生の身。そうめったにステーキやシーフードを食べられません。そこで、強い見方なのがアジアの料理なのです。特にヤムチャを含めた中国料理は日本人の好みの味であり、量がたっぷり、そして金額も手ごろということで、お金は無いが食欲が有る!というアジア圏からの留学生には人気だと思います黒ハート

しかしヤムチャを食べる際の注意点もあります。それは『取り過ぎない』こと。笑
先日行ったお店で、あまりにもそれぞれの料理が美味しそうで、あれも良いな!これも良いな!とつい取りすぎて食べきれなくなってしまいました。
そのときに一緒に行った中国人の友人から『料理を取りすぎて残すのは失礼よ』と注意を受けました。全くその通り。今回の反省点です。。もうやだ〜(悲しい顔)

飲茶だけでなく、オークランドにある、安くて美味しいお店を探して情報交換するのが私たちの趣味になっていますわーい(嬉しい顔)キスマーク

ひらめき
飲茶大好きです、という方。
ステーキ食べました、という方。
外食いいですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ぷん)
posted by キックオフNZ at 04:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
ぷんさんは韓国料理のファンなのですね。
私はNZではタイ料理にはまっています♪

飲茶もいいですね。どれもこれも食べたいものが目白しにありますよね。これは、大人数で行ってワイワイと食べることもできるし、私も好きですよ♪

今度、おいしい飲茶料理のお店の情報交換しましょうね。
Posted by Umi at 2009年02月23日 04:42
飲茶、いいですね。数年前までタウランガにもおいしい飲茶のお店があったのですが、なくなってしまいました。オークランドにはおいしい飲茶のお店がたくさんあるのですね。うらやましいです。

日本ではあまり食べませんでしたが、ケバブもおいしいですね。
Posted by Kickoff-T at 2009年02月23日 08:29
Umi様
そうですね♪打ち上げや誕生日の時に大人数で飲茶に行ったらきっと楽しいでしょうね^^
私はハマッたらその料理ばかりを食べ続けるので、韓国料理、中国料理と飲茶しかNZで食べたことがないんです^^;勿体無いですよね。。
はい!情報交換で思いがけないおいしいお店を知ることもありますもんね☆
Posted by ぷん at 2009年02月23日 17:48
Kickoff−T様
私は3つくらいしか知らないのですが、中国人が多いのできっともっと沢山お店はあると思います☆食べ物のことになると、大きな街に住んでいて良かったなーと思います♪笑
私もケバブ大好きです!!!NZに来て初めて、生地にラップされたのではなくライスケバブを食べたのですが、感動のおいしさでした^^*
Posted by ぷん at 2009年02月23日 17:53
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL