.

2008年11月07日

FIREWORK★

タイトルのfirework、これは英語で花火という意味です。(私はこっちに来るまで花火はfire flowerかと思っていました^^;笑)
NZは日本と違い、いつでもやりたい時に花火をやって良いというわけではありません。たらーっ(汗)
1年間のうちに、花火をして良い期間が定められているんです。(!?)
そして、学期末試験が終わり開放的な気分になっている今、グッドタイミングでその花火をやって良い期間がやって来ましたわーい(嬉しい顔)爆弾

と言う事で、周りが暗くなる午後8時ぐらいから(夏はそれくらいまで明るいのです)、公園に集まって花火大会をしてきました^^♪
皆がそれぞれ特売の花火を買い、持ち寄ったので、その量は膨大!!!あんなに大量の花火をしたのは初めて、というくらいの多さでした。がく〜(落胆した顔)
夏休みの始まりに、皆で花火なんて、素敵★☆と、あまりの楽しさに皆のテンションも上がりに上がって、中には打ち上げ花火を空ではない方向に打ち上げようとする人も。。(←本当に危険ですよね><;)
Kiwiの友人の一人が、『昔、自分に向かって打ち上げ花火をされて、危なかった』と言っており・・・なんとなくNZの花火期間が決まっているのがわかるような気がしましたふらふら
その時に思ったのですが、アジア人は比較的おとなしいノーマルな花火や線香花火を好みますが、Kiwiはとにかくハデなやつをやりたがる!笑
線香花火が落ちるあの情緒も何のことやらと言った感じで、彼らはひたすら打ち上げ花火をやっていました。。笑

その後は、誕生日の近い私とあと一人の友人の為に、サプライズでバースディソングのプレゼント!!!
全く予想もしていなかったことなので本当に感動しました。ハートたち(複数ハート)

試験が終わった事で、私の留学一年目が終了したわけなのですが、この瞬間ほど『あぁ、NZに来て良かった・・・』と思ったことはありませんでした。わーい(嬉しい顔)
皆がおめでとうと言ってくれる言葉を聞きながら、この一年間のことを思い出していました。
決して楽しいことばかりではなく、辛いこと戸惑うこと、寂しいこともたくさんあった一年でしたが、留学を通して、家族の大切さ、日本の素晴らしさに気が付けたこと、そしてなによりもNZでこんなに素晴らしい友達に巡り合えたことは本当に幸せなことだなぁと実感しました。ハートたち(複数ハート)

そんなこんなで今学期の大学のプログラムは終わりましたが、それと同時に夏休みが始まりました^^るんるん
今まで勉強を頑張った自分にご褒美★とばかりにみっちり計画を立てたので、NZの夏をどの様に楽しむのかを今後のブログでチャックしてみて下さいわーい(嬉しい顔)

ひらめき
私も花火しました、という方。
まだ試験中です、という方。
楽しそうですね、という方。
留学っていろいろあるのですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ぷん)
posted by キックオフNZ at 05:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | NZ Life
この記事へのコメント
ぷん様

最近、オークランドでは花火の音を聞くことが多くなりましたね。水曜日の夜は、打ち上げ花火を数発見ました。

花火も楽しそうですね。私はここ何年も花火をしていないので、とてもうらやましい夏の風物詩です。

夏休みも始まって、どうやって過ごされるのでしょうか?また、ブログを楽しみに待っていますね。
Posted by Umi at 2008年11月07日 19:12
Umi様
もしかしたらそれは私達がしている花火だったかもしれませんね^^(もしかしたら街のどこかでUmiさんにすれ違っているのかもしれないと思うと、いつも不思議な感じがします)
夏休みは出来る限りビーチに行こうと思います!!!大学の夏休みは4か月と長いので、遊ぶ月、勉強する月、とメリハリを付けていきたいです♪Umiさんも素敵な夏をお過ごしください☆★
Posted by ぷん at 2008年11月09日 13:01
大学留学の初年度、お疲れ様でした。かなり大変だったと思います。その分、終わった後は爽快な気分なのでしょうね。夏休みの記事も楽しみにしています。

Posted by Kickoff-T at 2008年11月10日 04:31
Kickoff-Tさん
ありがとうございます♪
今学期も、色々は経験をさせて頂いて、3ヶ月前よりも少しは成長できた様な気がします☆笑
今回は、一年間の勉強が終わるという事で、皆の喜びもひとしおじゃなかったろうかと思います^^*
Posted by ぷん at 2008年11月11日 16:17
コメントを書く
Name:

Email:

URL:

comment:

この記事へのTrackBack URL