.

2020年05月10日

なぜニュージーランド?その決め手は...

キックオフNZのブログをご覧のみなさま、Kia Ora!!(*^^*)

kapottoです!


新型コロナウイルス感染症拡大をおさえるため、日本でも、政府や厚生労働省や都道府県が、いろいろな対策を試みていますね。
これから少しずつ日本も新型コロナウイルスに対応できるようになり、一刻も早く、全世界が元の生活に戻られるように願っています…!


そしていよいよ今日、2020年5月11日月曜日、
ニュージーランドではいつからレベル2になるかの発表があります

緊張です

(早く働きたい


さて、今回は、私が渡航先をニュージーランドに決めた理由やきっかけをお話しします


答えはとてもシンプルで、

1.「大自然の中、ハイキングがしてみたかった。」



2.「世界ふれあい街歩きというNHKの番組でウェリントンの特集をやっており、行ってみたいと思った。」



3.「為替レートがよかった。(笑)」


1.
実は、ニュージーランドにワーキングホリデーの申請をする前に、イギリスのYMS(Youth Mibility Scheme)ビザに抽選に当選していたので、渡航先をイギリスにするか、ニュージーランドにするか、で迷っていました。

イギリスでは、大好きなヨーロッパ旅行が沢山出来ると思ったのですが、イギリスのYMSは主に働くことを目的としたビザの為、長期の休みをとって旅行に行くのは少し難しいビザです。

当初の私のワーキングホリデーの目的は、もちろん英語の勉強の為もありましたが、

「休暇を取っていろいろな場所へ旅行したい!」

「故郷長野県のような自然の多いところで、自然と触れ合いながら生活がしたい!」

「大自然の中、山歩きがしたい!」

ということでした。


イギリス生活についての情報を集めたところ、「ロンドンで住むのは、都会暮らしに慣れていない私にとっては難しい。」と感じ、さらに、物価が高かったことやちょうどBrexit問題が起きていて、国が混乱していた状況というのもあり、イギリスは断念しました。


私より先にニュージーランドにワーキングホリデーで滞在していた友人がおり、写真を沢山見せてもらったので、ニュージーランドの自然の美しさは知っていました。

また、ロードオブザリングスの映画で見た山々の美しさに惹かれ、私の「登山魂」に火が付きました!!!
(といっても30回ほどしか登山の経験はありませんが。(笑))

そういうわけで、ニュージーランドを選び、現在ニュージーランドの南島の美しい大自然の中で、生活できております。


ニュージーランドを選んで良かった


今の新型コロナウィルスの感染確認状況をみても、イギリスでなく、ニュージーランドにして、本当に良かったです


2.
ニュージーランドを選んだ二つ目の理由は、いつも観ていた「世界ふれあい街歩き」です。

両親と毎回必ず見ていた「世界ふれあい街歩き」というNHKの番組で、ニュージーランドの首都「ウェリントン」の回があり、ウェリントンの街並みの美しさと、ニュージーランド人のゆったりとした生活の様子にとても惹かれました。

ウェリントンの街並みに惹かれたのに、今私が住んでいるのはクライストチャーチです。
では、なぜ、ウェリントンにしなかったのかは、後日お話ししますね(^^;)


3.
ニュージーランドを選んだ三つ目の理由は、「費用」です。

為替レートが良かったし、留学費用もアメリカやイギリスに比べると安いので、他の国に行くより初期費用を抑えられそうだと感じたことです。ここ、重要です!


海外で生活するということは、いくら働くとはいえ費用はどうしてもかかってきてしまいます。

私のワーキングホリデーで用意できる費用は語学学校代も含め、100万円程でしたので、為替レートの状況が比較的良い、ニュージーランドにしました!!
(当時はNZ1ドル=68円くらいでした。もちろんその時の経済状況によって変動はしますが)

お金よりも大事なものがあるという考え方もできますが、現実では、どうしても他の場所や国に住むということはそれなりにお金がかかってきてしまいます。費用を安くおさえることは、ワーキングホリデーにとってはとても大事です。


その中で、ニュージーランドは英語圏の国の中では為替レートが良かったのも、ニュージーランドへの決め手の一つでした。



美しい大自然に囲まれた中、
美しいクイーンイングリッシュを、
比較的安く(ここ大事!)、
勉強できる環境は、すごく良いと思います!


ニュージーランドに来て半年がたちますが、ニュージーランドの印象はさらに良くなる一方です。



以上、今回はニュージーランドに決めた理由(決め手!)をお話ししました。

皆様がニュージーランドへの興味を持っていただけるきっかけになればうれしいです(*^^*)




Au revoir!


See you soon!


Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | ニュージーランド