.

2017年02月16日

知らなかったKiwi English (ニュージーランド英語)

今年で、ニュージーランド生活も4年目。

留学前には、数年もすれば、英語もペラペラになって、ネイティブになるんだろうって思ってたけど、実際はビジネスレベル程度で止まっています。
まだまだ努力しないと、ネイティブには近づけそうにありません

でもやっぱり、生の英語環境にいるってことは、大事なことのようで・・・
知らないうちに、たくさんの英語を身につけていたようです。

フラフラっとネットサーフィンしていたら、たくさんのKiwi English (ニュージーランド英語)、スラングのような英語を紹介しているサイトを発見。
スラングだとも知らずに、使っていた単語もたくさん。

日常で使うような簡単スラングは、すぐにでも実践したいところ、最終的には、ぜひとも覚えて帰りたいですよね!

Sweet (as)
Great, Coolなんかと同じように使う単語。
始めてホームステイしたときに、夕食中の会話の中で言われたので、「え?なにが甘いの?」って思ったのを覚えています。

Cheers
いろんな場面で使われているスラングです。
まずは「ありがとう」の意味。スーパーなんかで買い物したときに、店員さんが言ってますね。Thank youの代わりに使うので、これも簡単に使えそう。
反射的にThanksと言ってしまう私には、すこし難しいですが、慣れてしまう前に、ぜひとも練習してみてください。
あとはお手紙やメールの最後にも、よく見られます。
Kind Regard, Sincerely と同じように使われる。日本でいう「草々」と同じ意味ですね。
どれくらい親しい仲かによって、どのフレーズを使うか決まってくる印象です。

Aye/Eh?
Right? と同じ意味。日本語で言うと「〜、だよね?」って感じです。
日本人のRの発音は、よくLの発音になってしまって、Right? はなかなか伝わらないことも。これにすぐに気づいた私は、留学当初からAyeに切り替えちゃいました。
こっちも、意外と発音は難しい・・・どっちの発音も、生活を送るうえで重要なので、くせがついちゃう前に、ちゃんと練習しましょう!

Tramping
ハイキングのこと。
ニュージーランドには、たくさんの自然があるので、Trampingはよく聞くアクティビティのひとつですね。大学にもTramping Clubがあるほど。
自然に触れあいながら、友達を作るのも楽しいかもしれません。

と、こんな感じでKiwi Englishはまだまだあります。
ニュージーランドでしか使えないなんて知らなかった!と思うスラングもたくさん。

逆にニュージーランドは、たくさんの国からの移民も多いので、アメリカ英語をしゃべっても通じてしまう。

でもせっかくなので、ニュージーランド人がどんな単語、スラングを使っているのか、聞き耳立てて、プチニュージーランド人目指して、英語の勉強頑張りましょう!

(サリー)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | 英語 (English)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。