.

2016年06月27日

なんで、こんなことしなくちゃいけないんだ

小学生や中学生の頃、勉強していると「なんでこんなことしなくちゃいけないんだ?」「こんなの将来の役に立たない」とか思ったことありませんか?

でも今思い返してみれば「もっと勉強していたらよかった」と後悔したり(笑)

大学での勉強生活も同じ。
専攻している科目以外にも、一般教養や先行している科目を履修するために必要な科目を勉強しなくちゃいけなかったり。

自分がやりたくない科目を勉強しているときって、こんな歳になっても「なんでこんなことしてるんだろう?」って思うことがあります。

学部にもよりますが、オークランド大学ビジネススクールに関していえば、1年生の時は必修科目で1年間が終わってしまいます。

ビジネスの基礎知識を培う1年間とはいえ、ビジネスといっても、幅広い分野なので、経済(エコノミクス)、会計(アカウント)、マネージメント、インターナショナルビジネスなど。

例えば、経済学を専門にしたいと思っていても、1年間はその分野に専念することが出来なくなってしまうんです。

私の専攻しているスポーツ科学でも同じです。
スポーツ科学なのに、スポーツに関係のない生理学(体の中で起こっている反応や、その反応がなぜ起こるか?など)を勉強したり、はたまた統計学(データ分析やグラフを作ったり)を勉強したり。

1年目は、なんでこんなことをしているんだろう?と思うこともたくさんありましたが、2年目にしてやっと、その科目の意味が・・・

2年目の科目は、その1年目に学んだとこを中心に、スポーツ科学に関連したことを、より深く学んでいます。
つまり、1年目の内容を理解していないと、2年目の内容なんて、まったく理解できないということ。大変の一言です。

記憶力のない私にとって、1年目の内容は理解できても、もうすでに忘れてしまっていることもたくさん。
思い返す作業をして、新しいことを覚えて、理解して。

でもやりたいことを勉強しているのは、1年目のような基礎知識を構築している間よりも、ずっとずっと楽しいものです。

勉強していても、ストレスもたまりにくい。

(2年目とはいえ、ある程度は専攻以外の科目も勉強しなくてはいけないので、その勉強はストレスまみれですが)

まだ2年目も半分しかたっていませんが、今学期が終わればスポーツ科学(専攻科目)だけに専念することが出来ます。

早く、この試験週間を乗り切って、専攻科目だけの勉強にどんどん専念したいものです!!

(サリー)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life