.

2009年08月20日

あめのひ

6月6日でもないのに、雨がざーざー降っている。

こんな日はたまに、ある雨の日を思い出します。
それは初めてのホームステイ先での出来事。

ホームステイを始めて5日目の土曜日、雨、激寒。
お兄ちゃんのラグビーの試合があるということで家族で観に行きました。その前日からお母さんのお姉さん(以下Mさん)も家に泊まっていたので一緒に行きました。しばらく試合を観ていたのですが、とにかく寒くて、Mさんと私の二人で一旦家に帰る事になり、その帰り道、彼女はお店に寄りお酒を買いました。
車に戻ってから彼女が私に言いました。
「お酒はドクターに止められている。私がお酒を買ったことは誰にも言っちゃ駄目だ」
家までの車内、私は1人おとといの夜のことを思い出していました。
夜、お母さんに聞きたい事がありリビングに行くと何やらお母さんが涙目になっていました。「だいじょうぶ?」と聞くと、シスターが病気なのだと言いました。
そのシスターはこのシスターでは?
涙目になるほど深刻なの?
そういえばこの人、目の下の隈とかものすごいし顔が病気っぽい。
アルコール依存症てことか?

その病気について知識が全くないだけに、医者に止められた状態で飲むことがどのくらいの深刻性があるのかがわからなくてコワイ。。
家族がすぐに帰って来てしまったので、その後Mさんが1人になったところを狙って話をしに行きました。もしそれが勘違いで失礼にあたってしまっても、深刻なのに無視するよりは良いという判断から。
事前に電話で姉から予習したカタコトの英語を駆使。

A:なぜ医者にとめられているのか聞いても良い?
M:ペラペラペラ〜!(早口の英語。お顔がコワイ・・・)
A:お酒を買ったことお母さんに言うべきなんじゃないかと思うよ。
M:ペラ!!ペラペラーー!!(更に早口。鬼の形相)
※かろうじて言うな!!言ったら怒られる!!と言っていることだけは聞き取れる。
A:ソーリー。それなら私はあなたの秘密を守れない。
M:ペラペラーー!!!(何かを英語で叫んでいる。おそろしい)

ものすごい剣幕だったので、1階からお母さんが何事だと上がってきました。
私はお母さんが知ったら私に味方をしてくれるという筋書きを勝手に頭のどこかで想定していたのですが、そうじゃなかった。
鬼が二人に増えただけの話でした。
私があっけにとられていると、お母さん鬼が私に姉に電話するように言いました。ワーホリ歴の長い私の姉に訳してもらおうと思ったらしく。
私の言いたい事も英語の関係で伝わっていないと困るので、姉に電話したときにそれも伝えてほしいと言ったのですが、ホームステイ側は姉の話は一切聞かず一方的に捲し立てて私に電話をつき返しました。こういうことでした。
これはプライベートのことだから誰にも言うな。ホームステイはビジネスだ。プライベートには口を出さずに勉強だけしてなさい。

そして私は雨の中、荷物をまとめて「今日までありがとう」と言って家を出たのでした。

両者間に何かしらのトラブルがあった場合、片一方の話だけを聞くとほぼ起こる現象と同じく、更にそこに言葉の壁まであった為に、この話は少しアンフェアであることは否めません。実際後からエージェントを通して話をした際少しだけ認識の相違があったようで。
Mさんはやはり病気でしたが、私がただ単にお酒はやめた方がいいと口を出したことになっていました。お母さんにはあの日Mさんがお酒を買ったことがちゃんと伝わっていなかったようでした。(ホームステイ先がエージェントに言った事なので本当のところはわかりませんが・・・)

この一週間後から私は新しいホームステイ先で仲睦まじく2ヶ月を過ごすことになります。
家を出たことが私の弱さだと言われればそれまでだし(本当はそれまでも細かいことがちょこちょこあったのですがそれは我慢の範囲内だった)これによって何か学んだり良い経験だったかというと、これが大してそんなこともなく・・・敢えていうなら日本の家族が(というか主に父が)この話を笑って喜んでいたというから親孝行になったくらいでしょうか。
(私の前では心配したふりをしていましたが、姉の前で大笑いしていたらしいです。ばれてるぞ、父。)

ただ、あの雨の日の夜、家を飛び出た私を迎えてくれたお姉ちゃんの、作ってくれたごはんが本当にあったかくて美味しかった、ということです。
あ、長文。。

ひらめき
私もアルコール好きです、という方。
今日も雨です、という方。
いいお父さんですね、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(ayako)

posted by キックオフNZ at 04:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | NZ Life