.

2009年02月26日

ショートショートエッセイ 〜第5弾〜

 2月も最終週を迎えました。今日は久しぶりにショートショートエッセイをお届けします。わーい(嬉しい顔)

 ある日、フラットメイトが深刻な表情で居間にきて「エアロバイクを買いたいけどどうかな?」と一言。姿勢を正して彼の質問を聞いた私はずっこけて「三日後に物干し竿に変わるよと哀れみ含む視線でみつめ」と、一句詠む。目

 私のせいでエアロバイクを諦めたフラットメイトは、今度は相談なしにジュースメーカーを購入。「これ5分でジュースを作れるけど、後片付けに15分かかるんだよね」と呟く彼を見ながら「近いうちスポットライト消えるよとマシン撫で撫でつぶやいてみる」たらーっ(汗)

 これもフラットメイトの話題。先日、冷蔵庫を開けるとなぜかピンクっぽく、甘い匂いが充満していた。その原因は彼のクランベリージュース。栓が斜めに閉められ横になっていた。泣く泣く冷蔵庫掃除をしながら「ポスターを作製しようそうしよう冷蔵庫への餌やり禁止と」一句詠む。レストラン

 今日、ロシア人の友人が「○○先生のスペルを教えて」と聞いてきた。「えっ」と驚く私を見た先生が「それは僕に聞きなさい」と、代わりに彼女に答えるのを聞きながら「なぜあなた私に聞くのそのスペル彼とあなたは同国籍よ」と、一句詠む。あせあせ(飛び散る汗)

 先日、KIWIの友人の子供(3歳)が私のところにやってきて「I love you」と言って、抱きついてきた。英語で「愛している」と異性から言われたのは初体験で、妙にどきどきしながら「愛してる同じ言葉を繰り返し弾む鼓動に微笑みこぼれ」と、一句詠む。ハートたち(複数ハート)

 次は彼の弟(2歳)の話。最近、彼のマイブームが私。四六時中「Umi,Umi,Umi」と連呼してくれる。そして、屈託のない笑顔で私の胸に飛び込んでくる彼を受け止めながら一句詠む。「まだ足りぬどうすればこれ伝わると直球勝負の愛受け止めて」野球

 最近、髪の毛が肩まで伸びたので、家では時々年甲斐もなくお下げにしてみる。そんな自分を鏡に映して「まだまだ高校生でいけるかも」と、自己陶酔しながら一句詠む。「ふと光る白髪を見つけ一気にとつかの間の夢打ち砕かれり」黒ハート

 最後は、なぜかこのブログは眠れぬ夜に書いています。現時刻4am。まだ、短歌(川柳)が読めるほど頭はフル回転。おまけにお腹の虫も鳴いています。「明日がねお休みだから許されるたまの徹夜に贅沢感じ」ぴかぴか(新しい)

 今回のショートショートも楽しんで頂けたら幸いです。

ひらめき
ショートショートエッセイ、待っていました、という方。
I love you という方。
エアロバイクに洗濯物干しています、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Umi)
 
 
 

 
posted by キックオフNZ at 05:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | NZ Life