.

2009年02月16日

友人の定義とは?

 先週のオークランドは、湿気も多く雨降りのすっきりとしないお天気が続いておりました。金曜日がたまたま休校だったため、それを利用して友人宅で週末を過ごしております。小雨

 久しぶりにフラット生活を抜け、気の置けない友人宅で過ごす時間。二人でワインを飲みながら、テレビやDVDを見ながらの他愛のないおしゃべりで、あっという間に時間が過ぎ、昨夜も気がつけば11時半。2人で大慌てでベッドに向かいました。あせあせ(飛び散る汗)

 さて、つい最近「ねえ、友達ってどういう人?Umiにとって友達の定義って何?」と、質問をされました。これを聞いて私は「う〜ん」としばらく考え込んでしまいました。たらーっ(汗)

 「友達」普段何気なく使っている言葉ですが、こういう風に改めて質問をされると二の句が告げませんでした。

 なぜなら、一口に友達といってもさまざまな種類の友人がいるからです。例えば、箸が転がってもおかしい時を一緒に過ごした学生時代の友人、花のOL時代を一緒に謳歌した同期の友人。また、もっと範囲を広げれば、友達と呼ぶにはおこがましい人生の大先輩、学生時代の恩師、OL時代の上司もおります。ぴかぴか(新しい)

 また、こちらに来てから得た、友達とも家族とも言えない、私にとってかけがえのない存在のフラットメイトたち。キスマーク

 これは私の自論ですが、今まで培ってきた人間関係を何かの定義を元に、分類することなど不可能なのです。そんなに簡単に割り切れるものではなく、また、割り切るものでもないと考えております。

 それでもあえて友人の質問に答えるのであればと、私は「私自身が失いたくないと思う人。どんなに細い糸でもいいから、切れずに繋がっていたいと思える人たち」と伝えました。ハートたち(複数ハート)

 これが答えになっていたかどうかは分かりません。ただ、これが私なりに考えた、私の友人の定義です。

 自分以外の他人が存在する場合、そこにある種の人間関係が生じます。どんなに良好であった関係も、その時々のお互いの状況によって危うくなることもあれば、また、険悪だった関係がふとしたことをきっかけに劇的な変化を遂げ、お互いにかけがえのない存在になることもあります。グッド(上向き矢印)

 それほどに繊細で無限の可能性を秘めているものでもあると、私は考えておりますが、皆さんはいかがでしょうか?

 もし、皆さんが同じ質問をされたら、どんな風にお答えになりますか?

ひらめき
友達っていいですね、という方。
友達たくさんいます、という方。
友達少ないです、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Umi)
  
 
posted by キックオフNZ at 04:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 友達