.

2007年03月12日

真夏の祭典といえば?

こんにちは 週末イベント満載のオークランドからDoraです。晴れ

今週末、夏場の風物詩 花火がオークランド上空にうち上がるということで行って来ました。わーい(嬉しい顔)夏場なのに、これという夏らしさを感じなかったのは、迫力ある花火むかっ(怒り)を見てなかったせいだー と意気揚々とシティから歩いて、20分ほどのオークランドドメインパークに向かいました。やっぱり花火は、夏のイベントのキングひらめき。道沿いはたくさんの人で溢れ返っており自然にこちらもワクワクしてきます。

それでも あれっ? と思った事はみんなの服装。当たり前ですが皆カジュアルサマースタイル。やっぱりハッピを着た子供や、浴衣やジンベイを着こなす人たちを探してしまうのは悲しい日本人の性でしょうか。。。がく〜(落胆した顔)

普段、肩身が狭い歩行者も今日ばかりは、交差点も歩行者天国で堂々と歩けます。モバQ

今回打ち上げ場所のドメインパークはオークランド市内で一番大きなパークで、普段はラクビーやジョギング、散歩する人たちで賑わうオークランドのメインパーク。公園に近づいていくほどに、にぎやかな音楽が聞こえてきました。

オー活気がいいねーすごいすごい

と友達と騒ぎながら、にぎやかな音楽のほうに、しばらく歩くとオークランドの1大観光スポット オークランドミュージアムが見えました。

dora070312_3.jpg普段からライトアップされてアンティークな雰囲気で、きれいなミュージアムですが、今日は一段とドレスアップ!青や赤、紫と次々と外装を照らすカラーが変わり、ニュージーランドでもCMで流れているipodのCMのようにライトで映し出された影絵を躍らせて遊んでいました。ミュージアムを横目に通り過ぎると、ついにメイン会場が、、、目の前に現れました。わーい(嬉しい顔)
そこにいたのは、人。半端な人数じゃありません?写真を何枚か撮ったのですが、全て失敗に終わりお見せできないのが残念ですが。もうやだ〜(悲しい顔)

このイベントの時間帯だけ、オークランド空洞化が起きていたのは間違いありません!

”みんな 花火はだいすき

ということなのか 家族連れや子供たちやカップル、お年寄りとこの日はどんなイベントより、客層がひろく公園の観覧スペースの芝生は、ほぼ埋まっており、しかも夜なので、何度も人の手を踏みそうになり観覧スペースを確保するのに骨が折れました。ようやく、僕らの人数分のスペースを確保でき一息つくと、そこから見えるステージ上ではバンドがオールディーズ世代の音楽をプレイしていましたが、バンドははるか彼方。曲名はわかりませんが、昔から有名な曲らしく偶然隣に座ったおじいちゃん世代KIWIの人々も、”いいねーこの曲” といいながら ビールを片手にノリノリでリズムに乗っていました。

そんなバンド演奏も一通り終わると バンドのボーカリストが

”Is it dark enough to see fireworks?"(十分、花火見るのに暗くなったよね?) 

”Can you open your celler phone?"(みんな携帯ひらいて)

と呼びかけ、観客、皆一斉に携帯をはるか向こうのステージに掲げます。携帯のバックライトをみると 彼は”incredible that's amazing"(信じられない、神秘的だよ)なんてロマンチスト的なコメントをはくと会場内の丘で、一つの炎があがりました。ひとりのマオリ衣装に身を包んだ男性?(遠くてはっきり確認できず)が何かその炎の周りでしており何かしら意味があると思うのですが、僕には彼が、キャンプファイヤーで騒いでいるようにしか映らなかったです(笑)

dora070312_2.jpg


彼のひとりキャンプファイヤーの儀式の間? クラシカルな音楽が流れ始め、みんな いつ花火が始まるんだ? とソワソワ。

すると

ボワッ” 

と 10箇所以上の炎が丘をつつみこんだことを合図に、”ヒュルルルル”と一発目の花火が!わーい(嬉しい顔)ひらめき

ドカーン

dora070312_1.jpgと日本でいう、なだれ花火が綺麗に打ち上がりました。すると花火が音楽の効果音にあわせて、ポンポンポンと打ちあがり僕も含めて、ポカーンと皆花火に釘付け。観覧車のような仕掛けの花火で回転させてみせる花火もあり ”おーすごいなー”と感心するものもありました。

花火は確かにきれい。。。でも何か違う。 途中は演出のために出した炎がつよいのか、空全体がちょっと変わった雰囲気に。。。




dora070312_4.jpgこれだけはいえる 日本人の想像する花火とは全然違う。たしかに花火ではあるんだけども、日本のドカーンと響く巨大な大花火はなく今回の花火は、小さめ。キャンプファイヤーのような儀式があったり音楽の効果音で盛り上げたりと演出で魅せるのが、ニュージースタイルだと思いました。
今回の花火は、フランスからきた花火師がしこんだものらしく、ニュージーを含めて西洋の花火は ”音より演出派"。花火大会というのが日本にぴったりなロゴだとすれば、ニュージーは花火ショー。日本の祭りのように

”にーちゃん 焼きそば 今なら200円!”

と売れ残り半額サービスをしている出店も、もちろんなく花火が終わったあとは、足早に家に帰るあたりなども、さすがKIWI。花火一つとっても、文化によってこれだけ違う。

まだご覧になってない方は、是非その目で見て、比べてみてくださいね。

ひらめき
花火、いいですね、という方。
私もその花火見ました、という方。
日本で花火作ってます、という方。
祭りでたこ焼き売ってます、という方。
クリックで応援よろしくお願いします。
むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング






(Dora)

posted by キックオフNZ at 04:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・イベント