.

2007年01月22日

異文化の魅力ってなに?

こんにちは 約3ヶ月ぶりに髪をさっぱり切ってリフレッシュしたDoraです。
日本にいたときは、3ヶ月も髪を放置することはなかったんですが、土地も変わればファッションも変わるもんですね(ただ、ものぐさになっただけかな?)ふらふら


オークランドを出歩いていると、結構、床屋と美容院を見かけます。
KIWIの美容院はもちろん、アジア系オーナーの美容院もあり、Doraも髪はアジア系の美容院に通っています。
KIWI美容院に行った友達によると

アジア系の髪質は硬いことが多く、やわらかいKIWIの髪に慣れている美容師からは敬遠される!

らしいのです。

友達もしきりに”髪形が変になった〜”としきりに言ってました。
特にカット後の、友達の髪型はおかしいとは思いませんでしたが、それを聞いてしまった以上、今はアジア系に通っています。


美容院にはいると、韓国人3〜4名 日本人も同数ぐらいのスタッフで構成されているみたいで、お客さんも韓国人、中国人、日本人しかまだ見たことがありません。
驚いたのは、韓国人の美容師が日本語をかなり流暢に喋ること。
最初聞いたときは、日本人かと本気で思うほどです。


Doraが以前働いていた、イタリア料理店でも、中国人の子が、


英語より日本語のほうが分かる


といって、まわりの日本人スタッフのひとも日本語で仕事の指示等をしていました。
きくと、仕事上で、周りの日本人の話を聞いたりしているうちに、話せるようになったということにびっくり!

語学上達のポイントは、


プレッシャーがかかる仕事上


で使ったほうが、脳みそもしっかり焼きつくんだなあと実感しました。



いくらペーパーテストのために、単語を覚えても、実際コミュニケーションで使わなければ、だめなことが良く分かります(経験談)ハート


英語を学ぶときに、

なぜ学ぶのか?

がはっきりしていていれば、

海外生活をするうえのモチベーションにもつながります。

他の言語でも同じことで、

仕事上、必要だったから覚えた手(チョキ)

とか

好きな人が外国人だから覚えた黒ハート 


と、とにかく何でも大きな目標があれば、何とかなるもんだと思います。



ニュージーランドはとにかく国土は狭いですが、いろんな文化を


吸収してできた


風土と雰囲気



があります。

Doraのホームステイ先のホストマザーは15年ほど前にフィリピンから移民してきて、ニュージーランドで旦那さんと結婚しました。
だから彼女の英語は、いわゆるフィリピンアクセントで、KIWIイングリッシュの速さとアクセントとはまた違います。

彼女のような人は多く、DoraのKIWIの友達も、ほとんど移民してきた人たちです。

それでも、アクセントが強く残っている人と、ほとんどブリテッシュイングリッシュに完全に染まっている人。
慣れてくると、その人のバックグラウンドが、分かるくらいまでになるから、おもしろいものです!

たとえばブラジリアンの人たちは、自己紹介しなくても"How are you?"と気軽に話しかけてきて、本当に良く喋る人たちが多いので、結構すぐに彼らと打ち解けれます。


こちらで知り合った友達のほとんどは、語学学校で、英語を母国語にしない人たちから学ぶことは多く、


ニュージーランドにいる間に、


英語習得と、



もっと異文化習得



もしていきたいと感じています。


(Dora)

ひらめき
Doraさんに賛成!
英語とともに異文化をもっと吸収したいと感じている方、
応援クリックをお願いします。

むかっ(怒り)
オセアニアブログランキング

posted by キックオフNZ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュージーランド